3.2. odo について

odo は、OpenShift Container Platform および Kubernetes でアプリケーションを作成するための CLI ツールです。odo を使用すると、クラスター自体を管理する必要なしに、クラスターでアプリケーションを作成し、ビルドし、デバッグできます。デプロイメント設定、ビルド設定、サービスルートおよび他の OpenShift Container Platform または Kubernetes 要素の作成は、すべて odo によって自動化されます。

oc などの既存ツールは操作に重点が置かれ、Kubernetes および OpenShift Container Platform の概念の深い理解が必要です。odo は、複雑な Kubernetes および OpenShift Container Platform の概念を抽象化し、開発者が最も重要な「コード」にフォーカスできるようにします。

3.2.1. 主な特長

odo は、以下の主な特長によって単純化および簡潔化されるように設計されています。

  • プロジェクト、アプリケーションおよびコンポーネントなどの開発者にとって馴染みのある概念を中心とした単純な構文および設計。
  • 完全にクライアントベースである。デプロイメントに OpenShift Container Platform 以外のサーバーは必要ありません。
  • Node.js および Java コンポーネントの正式なサポート。
  • Ruby、Perl、PHP、Python などの言語およびフレームワークとの部分的な互換性。
  • ローカルコードの変更を検出し、これをクラスターに自動的にデプロイ。これにより、変更を検証するためのインスタントフィードバックがリアルタイムに提供されます。
  • クラスターのすべての利用可能なコンポーネントおよびサービスを一覧表示。