3.3. odo のインストール

以下のセクションでは、CLI または Visual Studio Code (VS Code) IDE を使用して各種の異なるプラットフォームに odo をインストールする方法を説明します。

注記

現時点では、odo はネットワークが制限された環境でのインストールをサポートしていません。

また、OpenShift Container Platform Web コンソールから最新のバイナリーへの URL を見つけるには、右上隅の ? アイコンをクリックし、Command Line Tools を選択します。

3.3.1. odo の Linux へのインストール

3.3.1.1. バイナリーインストール

手順

  1. バイナリーを取得します。

    # curl -L https://mirror.openshift.com/pub/openshift-v4/clients/odo/latest/odo-linux-amd64 -o /usr/local/bin/odo
  2. ファイルのパーミッションを変更します。

    # chmod +x /usr/local/bin/odo

3.3.1.2. tarball インストール

手順

  1. tarball を取得します。

    # sh -c 'curl -L https://mirror.openshift.com/pub/openshift-v4/clients/odo/latest/odo-linux-amd64.tar.gz | gzip -d > /usr/local/bin/odo'
  2. ファイルのパーミッションを変更します。

    # chmod +x /usr/local/bin/odo

3.3.1.3. Red Hat Enterprise Linux (RHEL) での yum を使用したインストール

手順

  1. Red Hat Subscription Manager に登録します。

    # subscription-manager register
  2. 最新のサブスクリプションデータをプルします。

    # subscription-manager refresh
  3. 利用可能なサブスクリプションを一覧表示します。

    # subscription-manager list --available --matches '*OpenShift Developer Tools and Services*'
  4. 直前のコマンドの出力で、OpenShift Container Platform サブスクリプションの Pool ID フィールドを見つけ、これを登録されたシステムに割り当てます。

    # subscription-manager attach --pool=<pool_id>
  5. odo で必要なリポジトリーを有効にします。

    # subscription-manager repos --enable="ocp-tools-4.8-for-rhel-8-x86_64-rpms"
  6. odo パッケージをインストールします。

    # yum install odo
  7. odo がシステムで利用可能になっていることを確認します。

    $ odo version