第4章 OpenShift Serverless で使用する Knative CLI (kn)

Knative kn CLI は、OpenShift Container Platform の Knative コンポーネントとの簡単な対話を有効にします。

4.1. 主な特長

kn CLI は、サーバーレスコンピューティングタスクを単純かつ簡潔にするように設計されています。kn CLI の主な機能には、以下が含まれます。

  • コマンドラインからサーバーレスアプリケーションをデプロイします。
  • サービス、リビジョン、およびトラフィック分割などの Knative Serving の機能を管理します。
  • イベントソースおよびトリガーなどの Knative Eventing コンポーネントを作成し、管理します。
  • 既存の Kubernetes アプリケーションおよび Knative サービスを接続するために、sink binding を作成します。
  • kubectl CLI と同様に、柔軟性のあるプラグインアーキテクチャーで kn CLI を拡張します。
  • Knative サービスの自動スケーリングパラメーターを設定します。
  • 操作の結果を待機したり、カスタムロールアウトおよびロールバックストラテジーのデプロイなどのスクリプト化された使用。