第1章 OpenShift Container Platform CLI ツールの概要

OpenShift Container Platform での作業中に、次のようなさまざまな操作を実行します。

  • クラスターの管理
  • アプリケーションのビルド、デプロイ、および管理
  • デプロイメントプロセスの管理
  • Operator の開発
  • Operator カタログの作成と保守

OpenShift Container Platform には、一連のコマンドラインインターフェース(CLI)ツールが同梱されており、ユーザーがターミナルからさまざまな管理および開発操作を実行できるようにしてこれらのタスクを簡素化します。これらのツールでは、アプリケーションの管理だけでなく、システムの各コンポーネントを操作する簡単なコマンドを利用できます。

1.1. CLI ツールのリスト

OpenShift Container Platform では、以下のCLIツールのセットを使用できます。

  • OpenShift CLI(oc)です。OpenShift Container Platformのユーザーが最もよく使用するCLIツールです。これは、クラスター管理者と開発者の両方が、ターミナルを使用してOpenShift Container Platform全体でエンドツーエンドの操作が行えるようにします。Webコンソールとは異なり、ユーザーはコマンドスクリプトを使用してプロジェクトのソースコードを直接操作できます。
  • 開発者用CLI(odo)odoCLIツールは、複雑なKubernetesやOpenShift Container Platformの概念を抽象化することで、開発者がOpenShift Container Platform上でアプリケーションを作成・保守するという本来の目的に集中できるようにします。開発者は、クラスターを管理することなく、ターミナルからクラスター上のアプリケーションを書き、ビルドし、デバッグすることができます。
  • Knative CLI(kn)です。knCLIツールは、Knative ServingやEventingなどのOpenShift Serverlessコンポーネントの操作に使用できる、シンプルで直感的なターミナルコマンドを提供します。
  • Pipelines CLI(tkn)です。OpenShift Pipelinesは、OpenShift Container Platformにおける継続的インテグレーションおよび継続的デリバリ(CI/CD)ソリューションで、内部ではTektonを使用しています。tkn CLIツールには、シンプルで直感的なコマンドが同梱されており、ターミナルを使用してOpenShiftパイプラインを操作できます。
  • opm CLI:opmCLIツールは、Operator開発者やクラスタ管理者がターミナルからOperatorのカタログを作成・管理するのに役立ちます。
  • オペレータSDK。Operator Framework」のコンポーネントである「Operator SDK」は、Operator開発者がターミナルからOperatorを構築、テスト、デプロイするために使用できるCLIツールを提供します。これにより、Kubernetesネイティブアプリケーションを構築するプロセスが簡素化されます。これには、アプリケーション固有の深い運用知識が必要になる場合があります。