Red Hat Process Automation Manager 7 でサポートされる構成

更新 -

Red Hat Process Automation Manager® のすべてのリリースは、主要なオペレーティングシステム、Java™ 仮想マシン (JVM)、Web ブラウザー、データベースのさまざまな組み合わせについてテストされ、サポートされています。Red Hat は、サポートされる構成とテストされた環境に対して、プロダクションサポートと開発サポートを、お客様のサブスクリプション契約に従って提供します。サポートは、物理環境と仮想環境に提供されます[1]

Process Automation Manager 7.1 でサポートされる構成

サポートされる構成には、下記の表に示したアプリケーションコンテナーと JVM バージョンファミリー、そしてその JVM がサポートされるオペレーティングシステムが含まれます。Red Hat は、このようなサポートされる構成に対して、プロダクションサポートと開発サポートを、お客様のサブスクリプション契約に応じて提供します。サポートは、物理環境と仮想環境に提供されます。ただし、Red Hat Process Automation Manager 上で実行しているアプリケーションだけがサポート対象となります。

Java 仮想マシン バージョン
Open JDK 8
Oracle JDK [2] 8
IBM JDK [3] 8.0.5.11

以下のアプリケーションサーバーは Red Hat Process Automation Manager 7.1 でサポートされています。

アプリケーションコンテナー バージョン
JBoss EAP 7.1.x
IBM WebSphere Application Server [4] 9.0.0.8
Oracle WebLogic Server [4] 12.2.1.3.0

Red Hat Process Automation Manager 7.1 でテスト済みの構成

次の構成で幅広いプラットフォームテストを実施しています。

オペレーティングシステム チップアーキテクチャー Java 仮想マシン
Red Hat Enterprise Linux 7 (最新アップデート) x86_64 OpenJDK 8
Oracle JDK 8
IBM JDK 8
Microsoft Windows Server 2016 x86_64 Oracle JDK 8

以下に示すデータベースは、Red Hat Process Automation Manager 7.0 リリースプロセスの過程でテストされました。

データベース バージョン
PostgreSQL 9.6、9.4 Enterprise
MySQL 5.7
Microsoft SQL Server 2016
MariaDB 10.2
Oracle 12c R1、12c R1 RAC
IBM DB2 10.5

Red Hat Process Automation Manager 7.1 でテスト済みの環境

これらは JBoss Enterprise Middleware で最も一般的に使用される組み合わせに対応した、テスト済みの環境について説明しています。 これらの環境について、Red Hat は直接または認定パートナーを通して、製品リリースプロセスの過程で幅広いプラットフォーム認定テストを実施しています。このテストプロセスの過程で確認された問題は、Red Hat Process Automation Manager の各リリースのリリースノートに明記されています。

以下の環境テストを実施しています。

製品 バージョン
OpenShift Container Platform 3.10
Red Hat JBoss SSO 7.2.x
ElasticSearch Server [5] 5.6.5
JBoss Developer Studio 11.3
Red Hat Fuse 7.1
Spring Boot [6] 1.5

以下に示す Web ブラウザーは、Red Hat Process Automation Manager 7.0 リリースプロセスの過程でテストされました。

Web ブラウザー バージョン
Mozilla Firefox 52.ESR
Google Chrome 68.0.x
Microsoft Internet Explorer 11

Red Hat Process Automation Manager 7.1 の OpenShift サポート

Red Hat Process Automation Manager 7.1 は、サポート対象の JVM と Application Server の組み合わせで Red Hat Process Automation Manager 7.1 を実行している場合に限り OpenShift 3.x でサポートされています。

OpenShift にバージョン特有の問題が発生した場合は、テスト済みの OpenShift バージョンでその問題を検証することを Red Hat が依頼する可能性があります。テストしていない OpenShift バージョンに特有の問題が発生した場合、提供される追加サポートは商業的に妥当な範囲に限定されます。

Process Automation Manager 7.0 でサポートされる構成

サポートされる構成には、下記の表に示したアプリケーションコンテナーと JVM バージョンファミリー、そしてその JVM がサポートされるオペレーティングシステムが含まれます。Red Hat は、このようなサポートされる構成に対して、プロダクションサポートと開発サポートを、お客様のサブスクリプション契約に応じて提供します。サポートは、物理環境と仮想環境に提供されます。ただし、Red Hat Process Automation Manager 上で実行しているアプリケーションだけがサポート対象となります。

Java 仮想マシン バージョン
Open JDK 8
Oracle JDK [2] 8
IBM JDK [3] 8.0.5.11

以下のアプリケーションサーバーは Red Hat Process Automation Manager 7.0 でサポートされています。

アプリケーションコンテナー バージョン
JBoss EAP 7.1.x
IBM WebSphere Application Server [4] 9.0.0.7
Oracle WebLogic Server [4] 12.2.1.3.0

Red Hat Process Automation Manager 7.0 でテスト済みの構成

次の構成で幅広いプラットフォームテストを実施しています。

オペレーティングシステム チップアーキテクチャー Java 仮想マシン
Red Hat Enterprise Linux 7 (最新アップデート) x86_64 OpenJDK 8
Oracle JDK 8
IBM JDK 8
Microsoft Windows Server 2016 x86_64 Oracle JDK 8

以下に示すデータベースは、Red Hat Process Automation Manager 7.0 リリースプロセスの過程でテストされました。

データベース バージョン
PostgreSQL 9.6、9.4 Enterprise
MySQL 5.7
Microsoft SQL Server 2016
MariaDB 10.2
Oracle 12c R1、12c R1 RAC
IBM DB2 10.5

Red Hat Process Automation Manager 7.0 でテスト済みの環境

これらは JBoss Enterprise Middleware で最も一般的に使用される組み合わせに対応した、テスト済みの環境について説明しています。これらの環境について、Red Hat は直接または認定パートナーを通して、製品リリースプロセスの過程で幅広いプラットフォーム認定テストを実施しています。このテストプロセスの過程で確認された問題は、Red Hat Process Automation Manager の各リリースのリリースノートに明記されています。

以下の環境テストを実施しています。

製品 バージョン
OpenShift Container Platform 3.9
Red Hat JBoss SSO 7.2.x
ElasticSearch Server [5] 5.6.5
JBoss Developer Studio 11.3

以下に示す Web ブラウザーは、Red Hat Process Automation Manager 7.0 リリースプロセスの過程でテストされました。

Web ブラウザー バージョン
Mozilla Firefox 52.ESR
Google Chrome 66.0.x
Microsoft Internet Explorer 11

Red Hat Process Automation Manager 7.0 の OpenShift サポート

Red Hat Process Automation Manager 7.0 は、サポート対象の JVM と Application Server の組み合わせで Red Hat Process Automation Manager 7.0 を実行している場合に限り OpenShift 3.x でサポートされています。

OpenShift にバージョン特有の問題が発生した場合は、テスト済みの OpenShift バージョンでその問題を検証することを Red Hat が依頼する可能性があります。テストしていない OpenShift バージョンに特有の問題が発生した場合、提供される追加サポートは商業的に妥当な範囲に限定されます。


[1] Red Hat では、サポートされる環境をお客様が引き続き利用されることを前提としています。JVM、オペレーティングシステム、データベースなどを提供するベンダーがサポートを終了した場合 (特定のバージョンのサポート終了した場合も含む) には、Red Hat が提供するサポートが限定される可能性があります。サポートを継続するために、サポートされる環境における問題再現をお客様に依頼する場合があります。


[2] Red Hat による OpenJDK のサポートは、Red Hat Enterprise Linux に限定されます。


[3] エンジンおよび Process Server に限定されます。


[4] Process Server に限定されます。


[5] Business Central のクラスター化設定に限定されます。


[6] start.jbpm.org で作成されたアプリケーションの場合