Warning message

This translation is outdated. For the most up-to-date information, please refer to the English version.

Red Hat Enterprise Linux でサポートされる Apache httpd のバージョン

Solution Verified - Updated -

Environment

  • Red Hat Enterprise Linux (RHEL)
    • Apache HTTP Server (httpd)
  • Red Hat Enterprise Linux 6 および 7
    • Red Hat Software Collections (RHSCL) httpd24
  • Red Hat JBoss Web Server (JWS/EWS) Apache HTTP Server
  • Red Hat JBoss Core Services Apache HTTP Server
  • Red Hat JBoss Enterprise Application Platform (EAP) 6.x Apache HTTP Server

Issue

  • RHEL では、どのバージョンの httpd が サポートされますか?
  • コミュニティバージョンの Apache httpd はサポートされていますか?
  • どのバージョンの Apache httpd がサポートされますか?
  • Apache 2.4、2.5 をインストールするにはどうすれば良いですか? Apache httpd 2.4、2.5 はサポートされていますか?
  • 自分でコンパイルした Apache インストールは Red Hat でサポートされますか?
  • Apache 2.4 (例: rpm と yum のみ) でサポートされているインストール方法にはどのようなものがありますか?
  • Apache インストールのサポート。
  • httpd のバージョンを 2.4.9 から 2.4.12 にアップデートする必要があります。カスタマーポータルでこのバージョンを見つけることができません。このバージョンの Apache 実行ファイルを提供してください。
  • RHEL で利用できる最新の httpd(Apache) サーバーのバージョンは何ですか?
  • Apache HTTPD アップグレード
  • RHEL7.1 に提供されている Apache HTTPD バージョンはバージョン 2.4.6 です。RHEL7 の今後のリリースで Red Hat を 2.5 にアップグレードしますか?
  • RHEL6.6 も使用しています。今後 Apache Httpd パッケージをアップグレードする予定はありますか?
  • 2.4.4 および 2.2.24 以前の Apache には複数の脆弱性があります。
  • 2.2.25 以前の Apache HTTP サーバーには複数の脆弱性があります。
  • ポート 443 における httpd 脆弱性
  • Qualys が報告している以下の脆弱性を解決するために、httpd パッケージに (RHEL6 リポジトリで利用可能な) 最新バージョンにパッチをあてます。
  • RHEL でサポートされる最新バージョンの httpd は何ですか?
  • 最新は 2.2.3 ですが、これは非常に古いです。
  • RHEL 7 は Apache のバージョン 2.2.31 はサポートしていますか? RHEL 7 はどのバージョンの Apache をサポートしていますか?
  • 使用している Red Hat Enterprise Linux にはどのバージョンの Apache が利用できますか?
  • 特定のバージョンの Apache をインストールする必要がありますか? インストールされている Red Hat Enterprise Linux のバージョンはサポートされていますか?
  • Red Hat がサポートする最新の Apache (httpd) バージョンは何ですか?

Resolution

現在サポートされている製品に含まれる Apache HTTP Server バージョン

  • Red Hat Enterprise Linux (RHEL)1 httpd rpms

    • RHEL 5: アップストリーム v2.2.3 をベースにしています。
    • RHEL 6: アップストリーム v2.2.15 をベースにしています。
    • RHEL 7: アップストリーム v2.4.6 をベースにしています。
  • Red Hat Software Collections (RHSCL)2

    • httpd24* rpms: アップストリーム v2.4.25 をベースにしています。
  • Red Hat JBoss Web Server (JWS)3 Apache HTTP Server

    • JWS 3.1+: JBCS Apache HTTP サーバーを使用しています (後述を参照)。
    • JWS 3.0: アップストリーム v2.4.6 をベースにしています。
    • EWS 2.1: アップストリーム v2.2.26 をベースにしています。
    • EWS 1.0.2: アップストリーム v2.2.17 をベースにしています。
  • JBoss Enterprise App Platform (EAP)4 Apache HTTP Server

    • EAP 6.4: アップストリーム v2.2.26 をベースにしています。
    • EAP 7: Apache HTTP サーバーが別の JBCS 製品に移行しました。
    • EAP 5 以前: Apache HTTP サーバーは含まれていません。
  • Red Hat JBoss Core Services (JBCS)5 Apache HTTP サーバー

    • アップストリーム v2.4.23 をベースにしています。

補注

  • 多くの場合、上述の製品に含まれる Apache HTTP Server のバージョンは、同じバージョンのアップストリームコミュニティリリースとは大きく異なります

    • このことは Red Hat の Security Backporting Policy で説明されており、 これが管理者または監査人が新しいバージョンの Apache を取得する最も一般的な理由です。
    • たとえば、EWS 2.1.0 および EAP 6.4.0 には、アップストリーム v2.2.26 をベースにしている Apache httpd が含まれます。ただし、Apache httpd 2.2.266 のオリジナルのコミュニティリリースではない CVE セキュリティ修正が複数含まれます。
  • Apache httpd のコミュニティリリースはサポートされていません。

  • Apache httpd v2.5 は現在 Red Hat 製品には含まれていません。

This solution is part of Red Hat’s fast-track publication program, providing a huge library of solutions that Red Hat engineers have created while supporting our customers. To give you the knowledge you need the instant it becomes available, these articles may be presented in a raw and unedited form.