Translated message

A translation of this page exists in English.

Red Hat ミドルウェア製品のサポート期間

Solution Verified - Updated -

Environment

  • Red Hat JBoss A-MQ
  • Red Hat JBoss BPM Suite / Process Automation Manager
  • Red Hat JBoss BRMS / Decision Manager
  • Red Hat JBoss Data Grid
  • Red Hat JBoss Data Virtualization
  • Red Hat JBoss Enterprise Application Platform
  • Red Hat Single Sign-On
  • Red Hat JBoss Fuse
  • Red Hat JBoss Fuse Service Works
  • Red Hat JBoss Operations Network
  • Red Hat JBoss Portal
  • Red Hat JBoss Web Server

Issue

  • JBoss Enterprise Middleware 製品 のサポート期間の一覧はありますか?
  • JBoss Enterprise Application Platform のサポート期間を知るにはどうすればよいでしょうか?累積パッチ (CP) を使用すると、製品のライフサイクルのポリシーに何んらかの変更が加わりますか?
  • JBoss 製品のメンテナーンスモードおよびライフサイクル終了 (EOL) の日付を確認するにはどうすればよいでしょうか? また、これはお客様のサポートにどのような影響を及ぼすでしょうか?
  • JBoss EAP を購入した場合、これにはアップグレードは含まれますか? つまり、ユーザーは準備ができている場合、JBoss EAP 6.1 を使用することができますか?
  • JBoss EAP のサポート期間に関するドキュメントはありますか?
  • 製品 X のライフサイクル終了日はいつですか?
  • 製品 X のサポート期間はいつまでですか?
  • Red Hat による JBoss EAP 5.0.1 バージョンのサポート期間を教えてください。
  • Red Hat のサイトには、JBoss 4.3 の延長サポート期間は 2016 年 11 月までと記載されています。 この後のサポートについて、どのようなオプションがあるのか教えてください。たとえば、延長サポートはありますか? あるいは、延長サポートのオプションはありますか?
  • サポート終了日および延長サポート日。JBoss EAP 6.1.1 と JBoss EAP 4.3.0GA_CP07 のサポート終了日および延長サポートについて確認してください。
  • JBoss の全製品のサポートライフサイクルに関する情報のリンクはありますか?
  • JBoss EAP の各バージョンのライフサイクル終了日を教えてください。(特に EAP 5.1.2 について教えてください)
  • JBoss EWS 2.0.1 のサポート終了のタイムラインについて教えてください。
  • 今後の対応のために、現在使用しているバージョンのライフサイクル終了の詳細またはソフトウェアサポートの詳細について教えてください。
  • JBoss WebServer 3.0 のサポート終了日を示すリンクがあれば教えてください。
  • EAP 6.2 および EAP 6.4 のサポートに関する詳細情報 (フルサポート終了日、メンテナーンスサポート終了日など) について教えてください。

Resolution

JBoss Enterprise Middleware のサポートポリシーの詳細と、JBoss 製品ごとのサポートフェーズの開始日と終了日については、Red Hat Application Services 製品のアップデートとサポートポリシー を参照してください。

JBoss バージョンがライフサイクル終了日に達した後 (メンテナンスフェーズ終了後) は、お客様がオプションの 延長ライフサイクルサポートのサブスクリプション を購入されている場合のみ、サポートを受けることができます。

累積パッチ (CP) を使用しても、製品のライフサイクルのポリシーは変更されません。しかし、定期的に新しい CP に更新することを強くお勧めします。

複数の製品のライフサイクルを一度に確認する場合は、製品ライフサイクルチェッカー をご利用ください。

This solution is part of Red Hat’s fast-track publication program, providing a huge library of solutions that Red Hat engineers have created while supporting our customers. To give you the knowledge you need the instant it becomes available, these articles may be presented in a raw and unedited form.