Translated message

A translation of this page exists in English.

Warning message

This translation is outdated. For the most up-to-date information, please refer to the English version.

サードパーティーから購入したサブスクリプションをアクティブ化する方法

Solution Verified - Updated -

Environment

  • (Red Hat から直接購入したのではなく) サードパーティーから購入したサブスクリプション
  • Dell が提供する Dell Service Tag のあるサブスクリプション

Issue

  • サードパーティーから購入したサブスクリプションをアクティブ化する方法
  • Dell Service Tag をアクティブ化するにはどうすればよいですか?
  • Dell または他のサードパーティーから購入した更新サブスクリプションが、Red Hat Subscription Management に反映されません。

Resolution

Red Hat から直接 購入していない サブスクリプションのみ、使用前にアクティブ化する必要があります。Red Hat から直接購入したサブスクリプションは、アクティブ化する必要はありません。これらのサブスクリプションは、サブスクリプションを購入したときに決定された開始日に基づいて自動的にアクティブ化されます。

16 文字のサブスクリプションのアクティベーション番号を持つユーザー

アクティブ化するには、サブスクリプションアクティベーションツール を使用します。

サブスクリプションのアクティベーション番号は、16 文字のコードです。たとえば、xxxx-xxxx-xxxx-xxxx (ダッシュは省略可能) となります。

Dell Service Tag を持つユーザー

Dell から購入し、Dell Service Tag がある場合は、Dell Service Tag activation tool を参考にアクティブ化します。

アクティブ化の完了

サブスクリプションがアクティブ化されると、Red Hat Subscription Management のサブスクリプションインベントリーにアクティブと表示されます。

This solution is part of Red Hat’s fast-track publication program, providing a huge library of solutions that Red Hat engineers have created while supporting our customers. To give you the knowledge you need the instant it becomes available, these articles may be presented in a raw and unedited form.