あるアカウントから別のアカウントへサブスクリプションを転送する方法

Solution Verified - Updated -

Environment

  • Red Hat カスタマーポータル

Issue

  • あるアカウントから別のアカウントへ、サブスクリプションまたはライセンスを転送するにはどうすればよいですか?

Resolution

TYPE I の転送

アカウント同士が別々のエンティティーの場合に、あるアカウントから別のアカウントへサブスクリプションを転送する方法。

  1. 組織管理者 (Org Admins) または各アカウントの承認済み署名者は、譲渡による転送をリクエストできます。

  2. 組織管理者は、対象地域のカスタマーサービスチームに以下の詳細を電子メールで連絡する必要があります。

  • 各アカウントの承認済み署名者の名前および連絡先情報
  • 各社の住所
  • 転送するサブスクリプションの数量とコントラクト番号
  1. 次にカスタマーサービスチームは、各アカウントおよび転送するサブスクリプションを確認します。

  2. アカウントおよびサブスクリプションの詳細が確認されると、各アカウントの組織管理者に譲渡申請書が送付されます。

  3. 組織管理者は、譲渡申請書の内容を確認して署名し、カスタマーサービスチームに返送します。譲渡先と譲渡元の両社が譲渡申請書に署名したことを確認してから、返送してください。

  4. カスタマーサービスチームは、署名済み譲渡申請書を受領すると、承認および処理のため、Red Hat の法務部および財務部にこのリクエストをエスカレートさせます。譲渡の承認処理には、7 - 10 営業日かかります。転送が処理されると、カスタマーサービスから通知メールが送信されます。

TYPE II の転送

アカウント同士が同じエンティティーの場合に、あるアカウントから別のアカウントへサブスクリプションを転送する方法。

例: お客様が同じ法人 (同じ会社) 内のアカウント A からアカウント B にサブスクリプションを転送する場合。

契約の詳細には以下を含める必要があります。

1. Contract number
2. Subscription number
3. Product name
4. Start date
5. End date
  • アカウント A の組織管理者は、契約の詳細のほか、以下の転送に関する文言を記入して、契約の転送を承認する必要があります。

これらのサブスクリプションの所有権を (アカウント番号 / ログイン ID – XXXX ) ("現在のエンティティー") から、 (アカウント番号 / ログイン ID – XXXXX) ("新しいエンティティー") へ変更します。私は、(a) 新しいエンティティーに代わって所有権の変更を要求する権限を持ち、(b) ここで提供した情報が真実かつ正確であることを表明します。私は、転送を要求することで、新しいエンティティーのアカウントに転送される (x) サブスクリプションのすべての契約条件に新しいエンティティーが拘束されることを理解しています

  • カスタマーサービスチームは、アカウント A の組織管理者から転送の文言を含む上記の電子メールを受信すると、それぞれの契約をアカウント B に転送します。

Diagnostic Steps

カスタマーサービスの問い合わせ先は、こちら を参照してください。

This solution is part of Red Hat’s fast-track publication program, providing a huge library of solutions that Red Hat engineers have created while supporting our customers. To give you the knowledge you need the instant it becomes available, these articles may be presented in a raw and unedited form.