Translated message

A translation of this page exists in English.

RHSM リリースノート

更新 -

現在のリリース

2019 年 8 月 のリリース

カスタマーポータルサブスクリプション管理

  • 一覧ページにサブスクリプション割り当てバージョンを表示するためのサポートが追加されました。
  • マルチエンタイトルメントサブスクリプションのサポート情報を更新しました。

RHSM API

  • オフライントークンのサポートを更新しました。

2019 年 7 月 のリリース

カスタマーポータルのダウンロード

  • パッケージ検索の安定性が向上しました。

RHSM API

  • エンタイトルメント数の更新および割り当ての削除など、サブスクリプション割り当てのサポートが追加されました。
  • コンテンツセット内の各パッケージの最新バージョンのみを返すサポートが追加されました。
  • インタラクティブな Swagger ドキュメントを公開しました。

2019 年 6 月 のリリース

RHSM API

  • 割り当ての作成やエンタイトルメントの削除など、サブスクリプション割り当てのサポートが追加されました。

2019 年 5 月 のリリース

カスタマーポータルサブスクリプション管理

  • System Purpose のサポートを追加しました。
  • RHEL 8 システムに適用可能なエラータを計算するときに、インストールされた Appstream モジュールを含めるためのサポートが追加されました。

カスタマーポータルのダウンロード

  • RHEL 8 Appstream コンテンツを表示するためのサポートを追加しました。

Cloud Access サブスクリプション

  • Red Hat Enterprise Linux Developer サブスクリプションのサポートを追加しました。

2019 年 4 月 のリリース

RHSM API

  • サブスクリプション割り当てマニフェストのエクスポートのサポートが追加されました。

2019 年 3 月 のリリース

RHSM API

  • 利用可能なエンタイトルメントの取得およびエンタイトルメントの追加など、サブスクリプション割り当てアクションのサポートが追加されました。

2019 年 2 月 のリリース

RHSM API

  • エンタイトルメントの追加と削除、システムプロファイルの削除など、システムアクションのサポートが追加されました。

  • サブスクリプション割り当ての一覧とサブスクリプション割り当ての詳細を取得するためのサポートが追加されました。

統合ダウンロード

  • Satellite 6 コンテンツ ISO の 1 つの統合セットをサポートします。

以前のリリース

リリース 14.25.0

RHSM Web 14.25.0 は、カスタマーポータル を通じて一般的に利用可能となり、以下の主要な拡張機能が追加されています。

  • Red Hat Subscription Management の API 呼び出し: RHSM API はテクニカルプレビューを通じて利用できるようになりました。プログラムと開始方法に関する 詳細をご覧ください

  • エラータの改善: エラータプラットフォームは証明書ベースのサービスへ移行され、エラータ処理のユーザー / グループサービス呼び出しのパフォーマンスが改善されました。

  • Cloud Access: システム一覧にクラウドプロバイダーを表示するなど、Red Hat Cloud Access との統合が改善されました。 プログラムと開始方法に関する 詳細をご覧ください

  • Red Hat Satellite 6.4 は、サブスクリプション割り当てを追加する際のオプションになりました。

リリース 14.16.0

RHSM Web 14.16.0 には、以下の主要な拡張機能が追加されています。

  • サブスクリプション更新の開始: ユーザーは、RHSM Web を介してサブスクリプションを更新できるようになりました。ユーザーは送信後に確認の電子メールを受信し、更新チームからの返信で SLA を受け取ります。更新するには、ユーザーは特定のアカウント情報が利用可能であることを確認できる必要があります。

    • ユーザー名
    • Red Hat アカウントで使用するメールアドレス
    • アカウント番号
    • 契約 ID (該当する場合)
    • サブスクリプション番号
    • サブスクリプションの終了日

RHSM 15.16.0 adds the ability to request a subscription renewal from RHSM web.
RHSM subscription renewal form

  • システムフォームの更新の作成: 新しいシステムプロファイルの作成 フォームの手順は、より明確かつ直感的です。

リリース 14.5.11

RHSM Web 14.5.11 には、以下の主要な拡張機能が追加されています。

  • サブスクリプションの割り当て: ユーザーは、エンタイトルメントをある割り当てから別の割り当てに移動できます。割り当てに対して実行できるアクションは、サブスクリプション管理アプリケーション (つまり、Red Hat Satellite、Subscription Asset Manager) への有効なサブスクリプションに基づいています。この機能は、カスタマーポータルの古いサブスクリプション管理アプリケーションセクションに代わるものです。

リリース 14.5.5

RHSM Web 14.5.5 には、以下の主要な拡張機能が追加されています。

  • 契約条件とローカリゼーションに関するバグの問題を修正しました。

リリース 14.5.4

RHSM Web 14.5.4 には、以下の主要な拡張機能が追加されています。

  • システムアタッチサブスクリプション: ユーザーは、サブスクリプションをシステムにアタッチする前に、新しい契約条件に同意できるようになりました。

リリース 14.5.0

RHSM Web 14.5.0 には、以下の主要な拡張機能が追加されています。

リリース 14.4.3

RHSM Web 14.4.3 には、以下の主要な拡張機能が追加されています。

  • 日本語のローカリゼーション。
  • サブスクリプションインベントリーの検索 / フィルターが更新されました。
  • 契約サブスクリプションページが更新されました。
  • 契約システムページのフィルタリングを簡素化しました。

リリース 14.4.0

RHSM Web 14.4.0 には、以下の主要な拡張機能が追加されています。

  • 統一されたカスタマーポータルサブスクリプション管理エクスペリエンス: Red Hat Network ユーザーインターフェースがまとめて削除され、ホスト型 Red Hat Subscription Management 向けに単一の Web エクスペリエンスを提供するようになりました。RHSM Web にアクセスするすべてのユーザーは、過去 8 カ月間にオプトインオプションとして利用可能だったものと同じエクスペリエンスを共有するようになりました。

この移行を容易にするために、このリリースでは、ID 証明書のダウンロード機能、製品使用ビューでの製品のグループ化、およびサブスクリプション番号の詳細画面からの移動が改善されました。