AWS EC2 での Red Hat Cloud Access Gold Image の確認方法

更新 -

Amazon Web Services (AWS) を使用しているお客様は、Red Hat Cloud Access を通じて Red Hat Gold Image を利用することができます。Red Hat Cloud Access を使用して、対象となる Red Hat サブスクリプションを AWS 等の Red Hat 認定クラウドおよびサービスプロバイダー (CCSP) に移行することができます。

注記: すべてのサブスクリプションを Cloud Access で取り扱うことができる訳ではありません。対象となるサブスクリプションについて詳しく知るには、HOW TO GET STARTED WITH CLOUD ACCESS を参照してください。

登録フォームの処理を完了すると、AMI のセットが指定したサブスクリプションに基づき提供される AWS アカウントと共有されます。指定した AWS アカウントと共有される AMI の対象は、Red Hat Enterprise Linux、Red Hat Enterprise Linux Atomic Host、Red Hat Gluster Storage、または Red Hat JBoss Enterprise Application Platform です (指定したサブスクリプションにより異なります)。その他すべての Red Hat 製品については、RHEL AMI から始めて推奨されるインストールのガイドラインに従ってください。

AWS EC2 での Red Hat Gold Image の確認

AWS で Red Hat Enterprise Linux AMI を検索して起動するには、複数の方法があります。具体的には、EC2 マネジメントコンソール、AWS CLI、および PowerShell Cmdlet 等が挙げられます。

AWS における Red Hat AMI の命名規則は以下のとおりです。

  • 初回 GA 時の AMI リリース: [Red Hat 製品]-[バージョン]-[仮想化タイプ]_[Red Hat リリースタイプ]-[リリース日]-[マイナーバージョンリリース AMI バージョン]-[サブスクリプションモデル]-[EBS ボリュームの種類]
  • 初回 GA 後の AMI リリース: [Red Hat 製品]-[バージョン]-[仮想化タイプ]-[リリース日]-[マイナーバージョンリリース AMI バージョン]-[サブスクリプションモデル]-[EBS ボリュームの種類]
  • Red Hat Gold Image の場合には、AMI 名のサブスクリプションモデルを表す部分は Access の指定になります。

AWS EC2 マネジメントコンソール

EC2 マネジメントコンソール を使用する場合、左側にあるナビゲーションペインの イメージ セクションの AMI に対するメニュー項目があります。プライベートイメージ の指定を使用すると、登録時に指定した AWS アカウントと共有されている Red Hat Gold Image がこのビューに表示されます。

  • EC2 マネジメントコンソールのこのセクションでは、所有者 : 309956199498 のフィルターを追加して、表示される AMI を Cloud Access に登録後に AWS アカウントと共有されたものだけに制限することができます。
  • Red Hat が使用する AMI 名の別の属性を表す新たなフィルターを追加して、表示される AMI のリストをさらに絞り込むこともできます。例: AMI 名 : RHELAMI 名 : RHEL-AtomicAMI 名 : 7.3

EC2 マネジメントコンソール の EC2 ダッシュボードセクションから インスタンスの作成 ボタンを使用し、マイ AMI を選択した場合には、フィルター 自分と共有 により AMI のリストが絞り込まれ、登録時に指定した AWS アカウントと共有されている Red Hat Gold Image が表示されます。

  • このビューで検索語句 309956199498 を追加すると、Cloud Access への登録後に AWS アカウントと共有された AMI にリストが絞り込まれます。

AWS CLI

AWS CLI を使用して以下の例に示すコマンドを実行すると、Cloud Access への登録時に指定した AWS アカウントと共有された、US-East-1 リージョンの RHEL 7.3 AMI がすべて表示されます。AWS CLI Command Reference から、利用可能なオプション、コマンド、サブコマンド、およびパラメーターに関する補足ドキュメントを確認することができます。

$ aws ec2 describe-images --owners 309956199498 \
> --filters "Name=is-public,Values=false" \
> "Name=name,Values=RHEL*7.3*GA*Access*" \
> --region us-east-1

PowerShell Cmdlet

AWS Tools for Cmdlet を使用して以下の例に示すコマンドを実行すると、Cloud Access への登録時に指定した AWS アカウントと共有された、US-East-1 リージョンの RHEL 7.3 AMI がすべて表示されます。AWS Tools for PowerShell Cmdlet Reference から、PowerShell Cmdlet に関する補足ドキュメントを確認することができます。

PS > Get-EC2Image -Region us-east-1 `
>> -Owner 309956199498 -Filter `
>> @{ Name="name" ; Values="RHEL*7.3*GA*Access*" }

その他のリソース