OpenShift Container Platform 4.x のテスト済みインテグレーション

更新 -

テスト済みインテグレーションとは、特別にテストを行った構成およびテクノロジー間のインターフェースポイントの定義済みセットで、Red Hat OpenShift Container Platform (OCP) で使用またはデプロイされる最も一般的な組み合わせに対応しています。これらのインテグレーションには、Red Hat が直接または認定パートナーを通して、製品リリースプロセスの一環として幅広いプラットフォームテストを実施しています。このテストの過程で確認された問題は、Red Hat OpenShift Container Platform のリリースノートに明記されています。各詳細については、Red Hat Enterprise Linux Certified Ecosystem のハードウェアおよびクラウドプロバイダーのセクションを参照してください。

互換性全般

Red Hat OpenShift Container Platform では、すべてのアーキテクチャーおよびデプロイ方法にわたって一定の互換性が提供されます。該当する互換性の概略は、以下のソリューションを参照してください。

  • OpenShift および Kubernetes の互換性: KCS 4870701

アーキテクチャ固有の互換性

Red Hat OpenShift Container Platform は、さまざまなアーキテクチャー上で提供されます。したがって、アーキテクチャーごとに異なるテストマトリクスを維持する必要があります。アーキテクチャーごとに Red Hat がどのように Red Hat OpenShift Container Platform 製品をテストしているかの概略を、以下のアーティクルで説明します。