Red Hat Single Sign-On でサポートされる構成

更新 -

サポートされる構成

サポートされる構成で実行するには、以下の JVM バージョンのいずれか、およびその JVM のサポート対象になっているオペレーティングシステムのいずれかで、RH-SSO を実行する必要があります。プラットフォームの互換性について、Red Hat は基礎となる JVM のテストおよび認定プロセスに依存します。1

テスト済みの構成

テスト済みの構成とは、検証が行われ、推奨されているオペレーティングシステム、チップアーキテクチャー、JVM の組み合わせの定義済みセットを指します。これらは、JBoss Enterprise Middleware を使用しているお客様が選択される最も一般的な組み合わせです。

以下のテスト済みの構成に対して、Red Hat は幅広いプラットフォームテストを実施しています。

テスト済みのインテグレーション

テスト済みのインテグレーションとは、検証が行われ、サポートされている外部データベース、LDAP サーバー、および SSO クライアントとのインテグレーションの定義済みセットを指します。

サポートされる構成: Red Hat Single Sign-On 7.5

コンポーネント サポートされるランタイム環境
RH-SSO Server Red Hat OpenJDK 1.8、11

Oracle JDK 1.8、11

IBM JDK 1.8
JBoss EAP 7.4 用クライアントアダプター[1] Red Hat OpenJDK 1.8、11

Oracle JDK 1.8、11

IBM JDK 1.8
JBoss EAP 7.3 用クライアントアダプター[1] Red Hat OpenJDK 1.8、11

Oracle JDK 1.8、11

IBM JDK 1.8
JBoss EAP 6.4 用クライアントアダプター Red Hat OpenJDK 1.7、1.8

Oracle JDK 1.7、1.8

IBM JDK 1.7、1.8
JBoss Fuse 7.9 用クライアントアダプター Red Hat OpenJDK 1.8、11

Oracle JDK 1.8、11

IBM JDK 1.8
JBoss Fuse 6.3.0.R16 用クライアントアダプター Red Hat OpenJDK 1.7、1.8

Oracle JDK 1.7、1.8

IBM JDK 1.7、1.8
Node.js 12.14.1 (LTS) 用クライアントアダプター npm バージョン 5.6.0
Node.js 10.10.0 用クライアントアダプター npm バージョン 5.6.0
SpringBoot 2.1 用クライアントアダプター[2] Red Hat OpenJDK 1.7、1.8、11

Oracle JDK 1.7、1.8、11

IBM JDK 1.7、1.8
SpringBoot 1.5 用クライアントアダプター[2] Red Hat OpenJDK 1.7、1.8、11

Oracle JDK 1.7、1.8、11

IBM JDK 1.7、1.8
Servlet Filters 用クライアントアダプター[2] Red Hat OpenJDK 1.7、1.8、11

Oracle JDK 1.7、1.8、11

IBM JDK 1.7、1.8

[1] 互換性に関する追加情報については、この アーティクル を参照してください。
[2] Enterprise Maven リポジトリー から利用可能

テスト済みの構成: Red Hat Single Sign-On 7.5


サーバー、EAP 7.5 用クライアントアダプター:

オペレーティングシステム チップセットアーキテクチャー Java 仮想マシン
Red Hat Enterprise Linux 8 (最新アップデート)
Red Hat Enterprise Linux 7 (最新アップデート)
Red Hat Enterprise Linux 6
x86_64 Oracle JDK 1.8、11
IBM JDK 1.8
Red Hat OpenJDK 1.8、11
Microsoft Windows Server 2016
Microsoft Windows Server 2016
x86_64 Oracle JDK 1.8、11
Red Hat OpenJDK 1.8、11


サーバー、EAP 7.2 用クライアントアダプター:

オペレーティングシステム チップセットアーキテクチャー Java 仮想マシン
Red Hat Enterprise Linux 8 (最新アップデート)
Red Hat Enterprise Linux 7 (最新アップデート)
Red Hat Enterprise Linux 6
x86_64 Oracle JDK 1.8、11
IBM JDK 1.8
Red Hat OpenJDK 1.8、11
Microsoft Windows 2012 Server R2
Microsoft Windows 2016 Server
x86_64 Oracle JDK 1.8、11
Red Hat OpenJDK 1.8、11


EAP 6.4 用クライアントアダプター:

オペレーティングシステム チップセットアーキテクチャー Java 仮想マシン
Red Hat Enterprise Linux 8 (最新アップデート)
Red Hat Enterprise Linux 7 (最新アップデート)
Red Hat Enterprise Linux 6
x86_64 Oracle JDK 1.7、1.8
IBM JDK 1.7、1.8
Red Hat OpenJDK 1.7、1.8
Microsoft Windows 2012 Server R2
Microsoft Windows 2016 Server
x86_64 Oracle JDK 1.7、1.8
Red Hat OpenJDK 1.8

テスト済みのインテグレーション: Red Hat Single Sign-On 7.5

Red Hat Single Sign-On 7.5 リリースの一部として、以下のデータベースおよびデータベースドライバーがテストされています。

データベース バージョン (JDBC Driver のバージョン)
MariaDB 10.3.27 (MariaDB Connector/J 2.7.2)
MySQL 8.0 (MySQL Connector/J 8.0.23)
Oracle DB[1] 19c RAC 19.3 (Oracle JDBC Driver v19.10.0.0 (ojdbc8.jar))
Microsoft SQL Server 2019 (Microsoft JDBC Drivers 9.2.0 (.jre8.jar))
Enterprise DB Postgres Plus Advanced Server 13.2 (Postgres Plus Advanced Server Driver 42.2.12)
PostgreSQL 13.2 (JDBC4 Postgresql Driver、バージョン 42.2.18)


クロスサイトレプリケーションは、リージョンベースで以下の構成でテストされています。

Red Hat SSO データベース Red Hat Data Grid
7.5 MariaDB Galera 10.3.27 7.3、8.1
7.5 Oracle DB 19c RAC 19.3 7.3、8.1

[1] RH-SSO には テクノロジープレビュー 機能であるクロスサイトレプリケーションがあり、MariaDB サーバーバージョン 10.1.19-MariaDB 用 Galera 3.12 クラスターまたは Oracle Database 19c RAC のいずれかを使用する必要があります。上記クロスサイトのユースケース以外のデータベースクラスタリングはサポートされていません。


User Federation は、以下のディレクトリープロバイダーでテストされています。

ディレクトリープロバイダー バージョン
Red Hat Directory Server 10.1、11
Microsoft Active Directory 2016
Red Hat Enterprise Linux IdM 7
SSSD RHEL 7、8


RH-SSO は、以下のバージョンの OpenShift でテストされています。

OpenShift バージョン チップセット
3 3.11.117 x86_64
4 4.8 x86_64

[1] OpenShift との互換性に関する追加情報については、この アーティクル を参照してください。


管理コンソールは、以下のブラウザーでテストされています。

ブラウザー バージョン
Firefox 78.10 esr
Chrome 80.0

[1] Edge への移行により、今後のリリースでは Internet Explorer 11 のテストは行われない予定です。


RH-SSO Server は、以下の外部 SAML 2.0 サービスプロバイダーモジュールで SAML 2.0 Identity Provider としてテストされています。

サービスプロバイダーモジュール バージョン
mod_auth_mellon Red Hat Enterprise Linux 8

サポートされる構成: Red Hat Single Sign-On 7.4

コンポーネント サポートされるランタイム環境
RH-SSO Server Red Hat OpenJDK 1.8、11

Oracle JDK 1.8、11

IBM JDK 1.8
JBoss EAP 7.3 用クライアントアダプター[1] Red Hat OpenJDK 1.8、11

Oracle JDK 1.8、11

IBM JDK 1.8
JBoss EAP 7.2 用クライアントアダプター[1] Red Hat OpenJDK 1.8、11

Oracle JDK 1.8、11

IBM JDK 1.8
JBoss EAP 6.4 用クライアントアダプター Red Hat OpenJDK 1.7、1.8

Oracle JDK 1.7、1.8

IBM JDK 1.7、1.8
JBoss Fuse 7.6 用クライアントアダプター Red Hat OpenJDK 1.8、11

Oracle JDK 1.8、11

IBM JDK 1.8
JBoss Fuse 6.3.0.R11 用クライアントアダプター Red Hat OpenJDK 1.7、1.8

Oracle JDK 1.7、1.8

IBM JDK 1.7、1.8
Node.js 4.6.2 用クライアントアダプター npm バージョン 2.15.11
Node.js 6.11.3 用クライアントアダプター npm バージョン 3.10.10
Node.js 8.6.0 用クライアントアダプター npm バージョン 5.3.0
Node.js 8.9.4 (LTS) 用クライアントアダプター npm バージョン 5.6.0
Node.js 10.10.0 用クライアントアダプター npm バージョン 5.6.0
SpringBoot 2.1 用クライアントアダプター[2] Red Hat OpenJDK 1.7、1.8、11

Oracle JDK 1.7、1.8、11

IBM JDK 1.7、1.8
SpringBoot 1.5 用クライアントアダプター[2] Red Hat OpenJDK 1.7、1.8、11

Oracle JDK 1.7、1.8、11

IBM JDK 1.7、1.8
Servlet Filters 用クライアントアダプター[2] Red Hat OpenJDK 1.7、1.8、11

Oracle JDK 1.7、1.8、11

IBM JDK 1.7、1.8

[1] 互換性に関する追加情報については、この アーティクル を参照してください。
[2] Enterprise Maven リポジトリー から利用可能

テスト済みの構成: Red Hat Single Sign-On 7.4


サーバー、EAP 7.3 用クライアントアダプター:

オペレーティングシステム チップセットアーキテクチャー Java 仮想マシン
Red Hat Enterprise Linux 8 (最新アップデート)
Red Hat Enterprise Linux 7 (最新アップデート)
Red Hat Enterprise Linux 6
x86_64 Oracle JDK 1.8、11
IBM JDK 1.8
Red Hat OpenJDK 1.8、11
Microsoft Windows 2012 Server R2
Microsoft Windows 2016 Server
x86_64 Oracle JDK 1.8、11
Red Hat OpenJDK 1.8、11


サーバー、EAP 7.2 用クライアントアダプター:

オペレーティングシステム チップセットアーキテクチャー Java 仮想マシン
Red Hat Enterprise Linux 8 (最新アップデート)
Red Hat Enterprise Linux 7 (最新アップデート)
Red Hat Enterprise Linux 6
x86_64 Oracle JDK 1.8、11
IBM JDK 1.8
Red Hat OpenJDK 1.8、11
Microsoft Windows 2012 Server R2
Microsoft Windows 2016 Server
x86_64 Oracle JDK 1.8、11
Red Hat OpenJDK 1.8、11


EAP 6.4 用クライアントアダプター:

オペレーティングシステム チップセットアーキテクチャー Java 仮想マシン
Red Hat Enterprise Linux 8 (最新アップデート)
Red Hat Enterprise Linux 7 (最新アップデート)
Red Hat Enterprise Linux 6
x86_64 Oracle JDK 1.7、1.8
IBM JDK 1.7、1.8
Red Hat OpenJDK 1.7、1.8
Microsoft Windows 2012 Server R2
Microsoft Windows 2016 Server
x86_64 Oracle JDK 1.7、1.8
Red Hat OpenJDK 1.8

テスト済みのインテグレーション: Red Hat Single Sign-On 7.4

Red Hat Single Sign-On 7.4 リリースの一部として、以下のデータベースおよびデータベースドライバーがテストされています。

データベース バージョン (JDBC Driver のバージョン)
MariaDB 10.1.19 (MariaDB Connector/J 2.2.4)
MySQL 8.0 (MySQL Connector/J 8.0.18)
Oracle DB[1] 19c RAC (Oracle JDBC Driver v19.3.0.0 (ojdbc8.jar))
Microsoft SQL Server 2017 (Microsoft JDBC Drivers 7.4.1.0 (.jre8.jar))
Enterprise DB Postgres Plus Advanced Server 11.5
JDBC4 Postgresql Driver, Version 42.2.8


クロスサイトレプリケーションは、リージョンベースで以下の構成でテストされています。

Red Hat SSO データベース Red Hat Data Grid
7.4.6 MariaDB Galera 10.1.19 7.3、8.1
7.4.6 Oracle DB 19c RAC 7.3、8.1

[1] RH-SSO には テクノロジープレビュー 機能であるクロスサイトレプリケーションがあり、MariaDB サーバーバージョン 10.1.19-MariaDB 用 Galera 3.12 クラスターまたは Oracle Database 19c RAC のいずれかを使用する必要があります。上記クロスサイトのユースケース以外のデータベースクラスタリングはサポートされていません。


User Federation は、以下のディレクトリープロバイダーでテストされています。

ディレクトリープロバイダー バージョン
Red Hat Directory Server 10、10.1、11
Microsoft Active Directory 2016
Red Hat Enterprise Linux IdM 6.9、7.4
SSSD RHEL 7、8


RH-SSO は、以下のバージョンの OpenShift でテストされています。

OpenShift バージョン チップセット
3 3.11.117 x86_64
4 4.6、4.7 x86_64、Z Architecture

[1] OpenShift との互換性に関する追加情報については、この アーティクル を参照してください。


管理コンソールは、以下のブラウザーでテストされています。

ブラウザー バージョン
Firefox 68.2.0 esr
Chrome 80.0
Internet Explorer * 11
Safari 11

[1] Edge への移行により、今後のリリースでは Internet Explorer 11 のテストは行われない予定です。


RH-SSO Server は、以下の外部 SAML 2.0 サービスプロバイダーモジュールで SAML 2.0 Identity Provider としてテストされています。

サービスプロバイダーモジュール バージョン
mod_auth_mellon Red Hat Enterprise Linux 8

サポートされる構成: Red Hat Single Sign-On 7.3

コンポーネント サポートされるランタイム環境
RH-SSO Server Red Hat OpenJDK 1.8、11

Oracle JDK 1.8、11

IBM JDK 1.8
JBoss EAP 7.2 用クライアントアダプター[1] Red Hat OpenJDK 1.7、1.8、11

Oracle JDK 1.7、1.8、11

IBM JDK 1.8
JBoss EAP 7.1 用クライアントアダプター[1] Red Hat OpenJDK 1.8、11

Oracle JDK 1.8、11

IBM JDK 1.8
JBoss EAP 7.0 用クライアントアダプター[1] Red Hat OpenJDK 1.8、11

Oracle JDK 1.8

IBM JDK 1.8
JBoss EAP 6.4 用クライアントアダプター Red Hat OpenJDK 1.7、1.8、11

Oracle JDK 1.7、1.8、11

IBM JDK 1.7、1.8
JBoss Fuse 7.0 用クライアントアダプター Red Hat OpenJDK 1.7、1.8、11

Oracle JDK 1.7、1.8、11

IBM JDK 1.7、1.8
JBoss Fuse 6.3.0.R5 用クライアントアダプター Red Hat OpenJDK 1.7、1.8、11

Oracle JDK 1.7、1.8、11

IBM JDK 1.7、1.8
Node.js 4.6.2 用クライアントアダプター npm バージョン 2.15.11
Node.js 6.11.3 用クライアントアダプター npm バージョン 3.10.10
Node.js 8.6.0 用クライアントアダプター npm バージョン 5.3.0
Node.js 8.9.4 (LTS) 用クライアントアダプター npm バージョン 5.6.0
SpringBoot 2.1 用クライアントアダプター[2] Red Hat OpenJDK 1.7、1.8、11

Oracle JDK 1.7、1.8、11

IBM JDK 1.7、1.8
SpringBoot 1.5 用クライアントアダプター[2] Red Hat OpenJDK 1.7、1.8、11

Oracle JDK 1.7、1.8、11

IBM JDK 1.7、1.8
Servlet Filters 用クライアントアダプター[2] Red Hat OpenJDK 1.7、1.8、11

Oracle JDK 1.7、1.8、11

IBM JDK 1.7、1.8

[1] 互換性に関する追加情報については、この アーティクル を参照してください。
[2] Enterprise Maven リポジトリー から利用可能

テスト済みの構成: Red Hat Single Sign-On 7.3


サーバー、EAP 7.2 用クライアントアダプター:

オペレーティングシステム チップセットアーキテクチャー Java 仮想マシン
Red Hat Enterprise Linux 8 (最新アップデート)
Red Hat Enterprise Linux 7 (最新アップデート)
Red Hat Enterprise Linux 6
x86_64 Oracle JDK 1.8、11
IBM JDK 1.8
Red Hat OpenJDK 1.8、11
Microsoft Windows 2012 Server R2
Microsoft Windows 2016 Server
x86_64 Oracle JDK 1.8、11
Red Hat OpenJDK 1.8、11


サーバー、EAP 7.1 用クライアントアダプター:

オペレーティングシステム チップセットアーキテクチャー Java 仮想マシン
Red Hat Enterprise Linux 8 (最新アップデート)
Red Hat Enterprise Linux 7 (最新アップデート)
Red Hat Enterprise Linux 6
x86_64 Oracle JDK 1.8
IBM JDK 1.8
Red Hat OpenJDK 1.8、11
Microsoft Windows 2012 Server R2
Microsoft Windows 2016 Server
x86_64 Oracle JDK 1.8、11
Red Hat OpenJDK 1.8、11


EAP 6.4 用クライアントアダプター:

オペレーティングシステム チップセットアーキテクチャー Java 仮想マシン
Red Hat Enterprise Linux 8 (最新アップデート)
Red Hat Enterprise Linux 7 (最新アップデート)
Red Hat Enterprise Linux 6
x86_64 Oracle JDK 1.7、1.8、11
IBM JDK 1.7、1.8
Red Hat OpenJDK 1.7、1.8、11
Microsoft Windows 2012 Server R2
Microsoft Windows 2016 Server
x86_64 Oracle JDK 1.7、1.8
Red Hat OpenJDK 1.8

テスト済みのインテグレーション: Red Hat Single Sign-On 7.3

Red Hat Single Sign-On 7.3 リリースの一部として、以下のデータベースおよびデータベースドライバーがテストされています。

データベース バージョン (JDBC Driver のバージョン)
MariaDB 10.1.19 (MariaDB Connector/J 2.2.4)
MariaDB Galera[1] 10.1.19 (MariaDB Connector/J 2.2.4)
MySQL 5.7 (MySQL Connector/J 8.0.12)
Oracle DB[1] 12c R1 RAC (Oracle JDBC Driver v12.2.0.1.)
MS SQL Server 2016 SP1 (Microsoft SQL Server JDBC Driver 6.4.0)
Enterprise DB Postgres Plus Advanced Server 10.1 Postgres Plus Advanced Server Driver 10.1 (10.0.0.1)

[1] RH-SSO には テクノロジープレビュー 機能であるクロスデータセンターレプリケーションがあり、MariaDB サーバーバージョン 10.1.19-MariaDB 用 Galera 3.12 クラスターまたは Oracle Database 19c RAC のいずれかを使用する必要があります。クロスデータセンターのユースケース以外のデータベースクラスタリングはサポートされていません。


User Federation は、以下のディレクトリープロバイダーでテストされています。

ディレクトリープロバイダー バージョン
Red Hat Directory Server 10
Microsoft Active Directory 2016
Red Hat Enterprise Linux IdM 6.9、7.4


管理コンソールは、以下のブラウザーでテストされています。

ブラウザー バージョン
Firefox 52 esr
Chrome 63
Internet Explorer 11
Safari 11


RH-SSO Server は、以下の外部 SAML 2.0 サービスプロバイダーモジュールで SAML 2.0 Identity Provider としてテストされています。

サービスプロバイダーモジュール バージョン
mod_auth_mellon Red Hat Enterprise Linux 7.2

サポートされる構成: Red Hat Single Sign-On 7.2

コンポーネント サポートされるランタイム環境
RH-SSO Server Red Hat OpenJDK 1.8

Oracle JDK 1.8

IBM JDK 1.8
JBoss EAP 7.1 用クライアントアダプター[1] Red Hat OpenJDK 1.8

Oracle JDK 1.8

IBM JDK 1.8
JBoss EAP 7.0 用クライアントアダプター[1] Red Hat OpenJDK 1.8

Oracle JDK 1.8

IBM JDK 1.8
JBoss EAP 6.4 用クライアントアダプター Red Hat OpenJDK 1.7、1.8

Oracle JDK 1.7、1.8

IBM JDK 1.7、1.8
JBoss Fuse 7.0 用クライアントアダプター Red Hat OpenJDK 1.7、1.8

Oracle JDK 1.7、1.8

IBM JDK 1.7、1.8
JBoss Fuse 6.3.0.R5 用クライアントアダプター Red Hat OpenJDK 1.7、1.8

Oracle JDK 1.7、1.8

IBM JDK 1.7、1.8
Node.js 4.6.2 用クライアントアダプター npm バージョン 2.15.11
Node.js 6.11.3 用クライアントアダプター npm バージョン 3.10.10
Node.js 8.6.0 用クライアントアダプター npm バージョン 5.3.0
Node.js 8.9.4 (LTS) 用クライアントアダプター npm バージョン 5.6.0
SpringBoot 1.5 用クライアントアダプター[2] Red Hat OpenJDK 1.7、1.8

Oracle JDK 1.7、1.8

IBM JDK 1.7、1.8
Servlet Filters 用クライアントアダプター[2] Red Hat OpenJDK 1.7、1.8

Oracle JDK 1.7、1.8

IBM JDK 1.7、1.8

[1] 互換性に関する追加情報については、この アーティクル を参照してください。
[2] Enterprise Maven リポジトリー から利用可能

テスト済みの構成: Red Hat Single Sign-On 7.2


サーバー、EAP 7.1 用クライアントアダプター:

オペレーティングシステム チップセットアーキテクチャー Java 仮想マシン
Red Hat Enterprise Linux 8 (最新アップデート)
Red Hat Enterprise Linux 7 (最新アップデート)
Red Hat Enterprise Linux 6 (最新アップデート)
x86_64 Oracle JDK 1.8
IBM JDK 1.8
Red Hat OpenJDK 1.8
Microsoft Windows 2008 Server R2
Microsoft Windows 2012 Server R2
x86_64 Oracle JDK 1.8
Red Hat OpenJDK 1.8


EAP 6.4 用クライアントアダプター:

オペレーティングシステム チップセットアーキテクチャー Java 仮想マシン
Red Hat Enterprise Linux 7 (最新アップデート)
Red Hat Enterprise Linux 6 (最新アップデート)
x86_64 Oracle JDK 1.7、1.8
IBM JDK 1.7、1.8
Red Hat OpenJDK 1.7、1.8
Microsoft Windows 2008 Server R2
Microsoft Windows 2012 Server R2
x86_64 Oracle JDK 1.7、1.8
Red Hat OpenJDK 1.8

テスト済みのインテグレーション: Red Hat Single Sign-On 7.2

Red Hat Single Sign-On 7.2 リリースの一部として、以下のデータベースおよびデータベースドライバーがテストされています。

データベース バージョン (JDBC Driver のバージョン)
MariaDB 10.1 (MariaDB Connector/J 1.3.4)
MySQL 5.7 (MySQL Connector/J 5.1.42)
Oracle DB 11g R2 (Oracle JDBC Driver v12.1.0.2.0)
Oracle DB 11g R2 RAC (Oracle JDBC Driver v12.1.0.2.0)
Oracle DB 12c (Oracle JDBC Driver v12.1.0.2.0)
Oracle DB 12c RAC (Oracle JDBC Driver v12.1.0.2.0)
MS SQL Server 2016 SP1 (Microsoft SQL Server JDBC Driver 6.0.8112.100)
MS SQL Server 2014 SP1 (Microsoft SQL Server JDBC Driver 6.0.8112.100)
Enterprise DB Postgres Plus Advanced Server 9.4 (Postgres Plus Advanced Server Driver 10.0.0.1)
IBM[1] 10.5 (IBM JDBC Universal Driver Architecture 4.19.66)

[1] IBM は 7.2 リリースで非推奨になりました。サポートは 7.3 リリースで廃止される予定です。


User Federation は、以下のディレクトリープロバイダーでテストされています。

ディレクトリープロバイダー バージョン
Red Hat Directory Server 10
Microsoft Active Directory 2012 R2
Red Hat Enterprise Linux IdM 6.9、7.4


管理コンソールは、以下のブラウザーでテストされています。

ブラウザー バージョン
Firefox 52 esr
Chrome 63
Internet Explorer 11
Safari 11


RH-SSO Server は、以下の外部 SAML 2.0 サービスプロバイダーモジュールで SAML 2.0 Identity Provider としてテストされています。

サービスプロバイダーモジュール バージョン
mod_auth_mellon Red Hat Enterprise Linux 7.2

サポートされる構成: Red Hat Single Sign-On 7.1

コンポーネント サポートされるランタイム環境
サーバー
JBoss EAP 7.0 用クライアントアダプター
OpenJDK 1.8

Oracle JDK 1.8

IBM JDK 1.8
JBoss EAP 6.4 用クライアントアダプター OpenJDK 1.7、1.8

Oracle JDK 1.7、1.8

IBM JDK 1.7、1.8
JBoss Fuse 6.3.0.R1 用クライアントアダプター OpenJDK 1.7、1.8

Oracle JDK 1.7、1.8

IBM JDK 1.7、1.8
Node.js 6.1.0 用クライアントアダプター npm バージョン 3.10.10
Node.js 4.4.2 用クライアントアダプター npm バージョン 2.15.0

テスト済みの構成: Red Hat Single Sign-On 7.1


サーバー、EAP 7.0 用クライアントアダプター:

オペレーティングシステム チップセットアーキテクチャー Java 仮想マシン
Red Hat Enterprise Linux 7 (最新アップデート)
Red Hat Enterprise Linux 6 (最新アップデート)
x86_64 Oracle JDK 1.8
IBM JDK 1.8
OpenJDK 1.8
Microsoft Windows 2008 Server R2
Microsoft Windows 2012 Server R2
x86_64 Oracle JDK 1.8


EAP 6.4 用クライアントアダプター:

オペレーティングシステム チップセットアーキテクチャー Java 仮想マシン
Red Hat Enterprise Linux 7 (最新アップデート)
Red Hat Enterprise Linux 6 (最新アップデート)
x86_64 Oracle JDK 1.7、1.8
IBM JDK 1.7、1.8
OpenJDK 1.7、1.8
Microsoft Windows 2008 Server R2
Microsoft Windows 2012 Server R2
x86_64 Oracle JDK 1.7、1.8

テスト済みのインテグレーション: Red Hat Single Sign-On 7.1

Red Hat Single Sign-On 7.1 リリースの一部として、以下のデータベースおよびデータベースドライバーがテストされています。

データベース バージョン (JDBC Driver のバージョン)
MariaDB 10.1 (MariaDB Connector/J 1.3.4)
MySQL 5.7 (MySQL Connector/J 5.1.38)
Oracle DB 11g R2 (Oracle JDBC Driver v12.1.0.2.0)
Oracle DB 11g R2 RAC (Oracle JDBC Driver v12.1.0.2.0)
Oracle DB 12c (Oracle JDBC Driver v12.1.0.2.0)
Oracle DB 12c RAC (Oracle JDBC Driver v12.1.0.2.0)
MS SQL Server 2012 SP3 (Microsoft SQL Server JDBC Driver 4.2.6420.100)
MS SQL Server 2014 SP1 (Microsoft SQL Server JDBC Driver 4.2.6420.100)
Enterprise DB Postgres Plus Advanced Server 9.4 (Postgres Plus Advanced Server Driver 9.4.1.3)
IBM 10.5 (IBM JDBC Universal Driver Architecture 4.19.26)


User Federation は、以下のディレクトリープロバイダーでテストされています。

ディレクトリープロバイダー バージョン
Red Hat Directory Server 10
Microsoft Active Directory 2012 R2
Red Hat Enterprise Linux IdM 6.8、7.3


管理コンソールは、以下のブラウザーでテストされています。

ブラウザー バージョン
Firefox 45 esr
Chrome 56
Internet Explorer 11


RH-SSO 7.0 Server は、以下の外部 SAML 2.0 サービスプロバイダーモジュールで SAML 2.0 Identity Provider としてテストされています。

サービスプロバイダーモジュール バージョン
mod_auth_mellon Red Hat Enterprise Linux 7.2

サポートされる構成: Red Hat Single Sign-On 7.0

コンポーネント Java 仮想マシンのバージョン
サーバー
JBoss EAP 7.0 用クライアントアダプター
OpenJDK 1.8

Oracle JDK 1.8

IBM JDK 1.8
JBoss EAP 6.4 用クライアントアダプター OpenJDK 1.7、1.8

Oracle JDK 1.7、1.8

IBM JDK 1.7、1.8

テスト済みの構成: Red Hat Single Sign-On 7.0


サーバー、EAP 7.0 用クライアントアダプター:

オペレーティングシステム チップセットアーキテクチャー Java 仮想マシン
Red Hat Enterprise Linux 7 (最新アップデート)
Red Hat Enterprise Linux 6 (最新アップデート)
x86_64 Oracle JDK 1.8
IBM JDK 1.8
OpenJDK 1.8
Microsoft Windows 2008 Server R2
Microsoft Windows 2012 Server R2
x86_64 Oracle JDK 1.8


EAP 6.4 用クライアントアダプター:

オペレーティングシステム チップセットアーキテクチャー Java 仮想マシン
Red Hat Enterprise Linux 7 (最新アップデート)
Red Hat Enterprise Linux 6 (最新アップデート)
x86_64 Oracle JDK 1.7、1.8
IBM JDK 1.7、1.8
OpenJDK 1.7、1.8
Microsoft Windows 2008 Server R2
Microsoft Windows 2012 Server R2
x86_64 Oracle JDK 1.7、1.8

テスト済みのインテグレーション: Red Hat Single Sign-On 7.0

Red Hat Single Sign-On 7.0 リリースの一部として、以下のデータベースおよびデータベースドライバーがテストされています。

データベース バージョン (JDBC Driver のバージョン)
MariaDB 10.1 (MariaDB Connector/J 1.3.4)
MySQL 5.7 (MySQL Connector/J 5.1.38)
Oracle DB 11g R2 (Oracle JDBC Driver v12.1.0.2.0)
Oracle DB 11g R2 RAC (Oracle JDBC Driver v12.1.0.2.0)
Oracle DB 12c (Oracle JDBC Driver v12.1.0.2.0)
Oracle DB 12c RAC (Oracle JDBC Driver v12.1.0.2.0)
MS SQL Server 2012 SP3 (Microsoft SQL Server JDBC Driver 4.2.6420.100)
MS SQL Server 2014 SP1 (Microsoft SQL Server JDBC Driver 4.2.6420.100)
Enterprise DB Postgres Plus Advanced Server 9.4 (Postgres Plus Advanced Server Driver 9.4.1.3)
IBM 10.5 (IBM JDBC Universal Driver Architecture 4.19.26)


User Federation は、以下のディレクトリープロバイダーでテストされています。

ディレクトリープロバイダー バージョン
Red Hat Directory Server 10
Microsoft Active Directory 2012 R2
Red Hat Enterprise Linux IdM 6.8、7.2


管理コンソールは、以下のブラウザーでテストされています。

ブラウザー バージョン
Firefox 45.1.1 esr
Internet Explorer 11


RH-SSO 7.0 Server は、以下の外部 SAML 2.0 サービスプロバイダーモジュールで SAML 2.0 Identity Provider としてテストされています。

サービスプロバイダーモジュール バージョン
mod_auth_mellon Red Hat Enterprise Linux 7.2

  1. Red Hat では、サポートされる環境をお客様が引き続き利用されることを前提としています。ベンダーが JVM、オペレーティングシステム、データベースなどのサポートを終了した場合 (特定のバージョンのサポートを含む) は、Red Hat が提供するサポートが限定される可能性があります。サポートを継続するには、サポートされる環境における問題再現をお客様にお願いする場合があります。