RHEL の特定リリースに関するサポート状況

Updated -

問題

  • Red Hat Enterprise Linux のライフサイクルページでは、発生した問題がサポート対象かどうかを特定するのに十分な情報が提供されていません。

  • その問題の修正が今後作成されるかどうか、されるのであればそれはいつ作成されるのか分かりません。

  • Red Hat Enterprise Linux の包含基準は、現在リリースされているマイナーバージョンの製品フェーズによって異なりますか?

環境

  • Red Hat Enterprise Linux (すべてのバージョン)

解決策

お客様の問題がサポート対象かどうかを判断する基準は以下の 3 つから判断されます。

  • その問題が報告されているマイナーリリースのバージョン

  • RHEL メジャーリリースが、 ライフサイクルで現在どのフェーズにあたるか

  • お客様のアカウントでどのエンタイトルメントがアクティブになっているか

例:

  • 発生している問題が、現在アクティブになっているマイナーバージョンのものである場合、そして、ライフサイクルで定義されている現在の製品フェーズの包含基準を満たしている場合は、問題が発生した時点でグローバルサポートサービスおよびエンジニアリングの両サポートを受けることができます。したがって、お客様はバグを報告したり、現在のリリースに対して非同期に配信される修正をダウンロードして修正することができます。

  • 発生している問題が、(現在アクティブではない) 以前のマイナーリリースで提供されているパッケージのものである場合は、Red Hat サポートを受けることができます。一方、エンジニアリングは、その後アクティブになるマイナーリリースに対して修正を提案し、現在アクティブなマイナーリリースには非同期配信を行います (ただし、ライフサイクルの包含基準に該当する場合に限られます)。

    • 以前のマイナーリリースに関する「サポート」は以下のように定義されます。

      • 不具合の原因が特定され、現在アクティブなマイナーリリースで解決されたことが確認されると、 Red Hat サポートは、リリースされた関連パッケージにアップデートすることをお客様にお伝えします。不具合の修正は、以前のマイナーリリースにはバックポートされません。

      • 不具合の原因が特定されなかったり、現在アクティブなマイナーリリース内での解決が確認されなかった場合、Red Hat サポートは、現在アクティブなマイナーリリースで関連するパッケージを使用して問題を再現することを最初にお客様に依頼いたします。

        • 現在アクティブなマイナリリースのパッケージがその問題を解決する場合は、プロダクション環境にこのパッケージを適用することが推奨されます。

        • 現在アクティブなマイナーリリースのパッケージで問題が解決せず、修正が利用できる場合、Red Hat サポートは次にアクティブになるマイナーリリースに修正を提案します。場合によっては、非同期に配信されるエラータ形式でも配信できます (ただし、非同期リリースの基準を満たしている場合に限ります)。

      • 注意: システム全体をアクティブなマイナーリリースにアップデートする必要はありません。影響を受けている特定のパッケージだけをアップデートしてください。

      • 注意: 不具合の修正は、多くの場合、RHEL のマイナーリリースで提案される前に、アップストリームコミュニティに最初にコミットされる必要があります。

  • 発生している問題が、現在アクティブな EUS リリース (Extended Update Support)に属するパッケージに関連する場合は、グローバルサポートサービスおよびエンジニアリングの両サポートを受けることができます。これは、EUS 包含基準と、現在の RHEL マイナーリリースの包含基準を満たしていることが前提となります。

    • EUS アドオンの「サポート」は以下のように定義されます。

      • 不具合がすでにマイナーリリースで修正されている場合、Red Hat サポートは、特定のアクティブな EUS リリースに修正をバックポートするように Red Hat エンジニアリングに提案することができます。

      • その製品で新たに見つかった不具合の場合、Red Hat サポートは現在アクティブなマイナーリリースでその不具合が修正されることを提案します。また、Red Hat エンジニアリングが特定のアクティブな EUS リリースにその修正をバックポート (クローン) することを提案します。

    • 注意: 不具合の修正は、最新のアクティブなマイナーリリースにコミットされてから、特定のアクティブな EUS リリースにコミットされる必要があります。

  • 発生している問題が、ELS リリース (延長ライフサイクルサポート) に関連しているサポート対象のパッケージとアーキテクチャに関する場合は、最新のアクティブなマイナーリリースに対してバグ修正が提案され、開発されます。たとえば、ELS アドオンサブスクリプションをお持ちで RHEL 4.7 を実行している場合、提案されたすべての修正は RHEL 4.9 に対して開発されます。これは、以前のマイナーリリースに対する公式なサポートが行われないというわけではありません。ただし、ELS アドオンサブスクリプションに対する修正は最新のマイナーリリースに対してコミットされます。

  • 不具合が修正され、その修正がリリースされたエラータに含まれている場合、Red Hat サポートは回避策を提供しません。Red Hat サポートは、適用可能なエラータでシステムをアップデートすることを推奨します。

用語

  • サポータビリティ (サポート対象かどうか): Red Hat グローバルサポートサービスや Red Hat エンジニアリングによるサポートを表します。たとえば、グローバルサポートサービスのサポートは受けられますが、エンジニアリングのサポートは受けられない場合があります。これは、報告されている問題がどのマイナーリリースで発生しているか、Red Hat Enterprise Linux のメジャーリリースがライフサイクルが定義する製品フェーズのどの期間に当てはまるか、そしてお客様のアカウントでアクティブなエンタイトルメントの種類によって異なります。

  • メジャーリリースの例: RHEL 4.0、5.0、6.0、7.0 など

  • マイナーリリースの例: RHEL 4.9、5.11、6.6 など

  • 現在アクティブなマイナーリリース: ライフサイクルの定義に基づいて修正、アップデート、およびセキュリティエラータが提供されるマイナーリリースのストリーム

  • 以前のマイナーリリース (期限が切れたマイナーリリース): 現在はアクティブではないため、修正、アップデート、およびセキュリティエラータ提供されません。

  • 非同期配信: 修正は、必要または要求に応じて、マイナーリリースとマイナーリリースの間に配信されます。

  • EUS アドオン (Extended Update Support): EUS アドオンは、一般的に利用できるようになってから 24 ヶ月間は、特定のリリースに対して、重大な影響を及ぼす RHSA と、緊急優先度 RHBA が独立したストリームに配信します。EUS アドオンをサブスクライブしている場合はお客様の要求がなくても、Red Hat は重大な影響を及ぼすセキュリティ問題に修正を提供し続けます。

  • ELS アドオン (Extended Life Cycle Support): ELS アドオンは、ライフサイクルの製品フェーズが終了した後にパッケージのサブセットとして利用でき、重大な影響を及ぼすセキュリティ問題と、緊急優先度の不具合修正が提供されます。ELS アドオンをサブスクライブしている場合はお客様の要求がなくても、Red Hat は重大な影響を及ぼすセキュリティ問題に修正を提供し続けます。

参照

Was this helpful?

We appreciate your feedback. Leave a comment if you would like to provide more detail.
It looks like we have some work to do. Leave a comment to let us know how we could improve.