Red Hat OpenStack Platform および Red Hat Virtualization で認定されたゲストオペレーティングシステム

更新 -

認定ゲストオペレーティングシステム

以下の表に示す Red Hat およびサードパーティーのオペレーティングシステムは、Red Hat Virtualization Hypervisor との組み合わせで、ゲストオペレーティングシステムとしての使用が認定およびサポートされています。Red Hat Virtualization Hypervisor は、以下の製品に統合され使用されます。

  • Red Hat Virtualization
  • Red Hat OpenStack Platform
  • Red Hat Cloud Infrastructure

また、Red Hat は、密度の低い単一マシンの仮想化向けに、KVM が組み込まれた Red Hat Enterprise Linux を提供します。KVM が組み込まれた Red Hat Enterprise Linux 用の認定ゲストオペレーティングシステムの詳細については、「KVM 搭載の Red Hat Enterprise Linux で認定されたゲストオペレーティングシステム」を参照してください。

ゲストオペレーティングシステム
ゲスト OS のアーキテクチャー
以下の RHEL バージョンをベースとするホストで実行可能
SPICE のサポート
サポート階層
8
7
6
5
Red Hat Enterprise Linux 4 32 ビット、64 ビット (x86)
階層 1
Red Hat Enterprise Linux 5 32 ビット、64 ビット (x86)
階層 1
Red Hat Enterprise Linux 6 32 ビット、64 ビット (x86)
4
階層 1
Red Hat Enterprise Linux 7 64 ビット (x86)
4
階層 1
Red Hat Enterprise Linux 8 [7] 64 ビット (x86)
4
階層 1
Microsoft Windows Server 2008 32 ビット、64 ビット (x86)
1
1
1
5
階層 1
Microsoft Windows Server 2008 R2 64 ビット (x86)
1
1
1
5
階層 1
Microsoft Windows Server 2012 64 ビット (x86)
1
1
1
階層 1
Microsoft Windows Server 2012 R2 64 ビット (x86)
1
1
1
1
階層 1
Microsoft Windows Server 2016 64 ビット (x86)
1
1
6
階層 1
Microsoft Windows Server 2019 [1][8] 64 ビット (x86)
1
1
6
階層 1
Microsoft Windows 7 32 ビット、64 ビット (x86)
1
1
1
4
階層 1
Microsoft Windows 8 32 ビット、64 ビット (x86)
1
1
1
階層 1
Microsoft Windows 8.1 32 ビット、64 ビット (x86)
1
1
1
1
階層 1
Microsoft Windows 10 32 ビット、64 ビット (x86)
1
1
1
1
9
階層 1

備考: 対応するクライアント/ワークステーション用 Microsoft OS は、同様に Red Hat によってサポートされます。ワークステーション/クライアント用 OS の SVVP 証明証はないので、これらの OS はこのリストには記載されていません。


サポート対象のゲストオペレーティングシステム

備考: 他のゲストオペレーティングシステムを実行することができます。ただし、Red Hat のサポート範囲はハイパーバイザーレベルで終了します。詳細は、弊社の サードパーティーソフトウェアのサポートに関するドキュメント を参照してください。

ゲストオペレーティングシステム
ゲスト OS のアーキテクチャー
以下の RHEL バージョンをベースとするホストで実行可能
SPICE のサポート
サポート階層
8
7
6
5
SUSE Linux Enterprise Server 10 32 ビット、64 ビット (x86)
2
2
2
2
階層 2
SUSE Linux Enterprise Server 11 32 ビット、64 ビット (x86)
2
2
2
2
3
階層 2
SUSE Linux Enterprise Server 12 32 ビット、64 ビット (x86)
2
2
2
2
3
階層 2
SUSE Linux Enterprise Server 15 64 ビット (x86)
2
2
2
2
3
階層 2


  1. 最高のパフォーマンスを得るには、準仮想化 I/O ドライバー (virtio-win) を Windows ゲストにインストールする必要があります。ドライバーは、Red Hat Enterprise Linux ホストオペレーティングシステムの Supplementary チャンネルで、イメージとして利用できます。詳細については、このアーティクル を参照してください。証明書の詳細については、Microsoft SVVP のサイト を参照してください。
  2. Red Hat は、ゲストオペレーティングシステムの最新サービスパックをテストし、サポートしています。Red Hat のハイパーバイザーの問題を解決するために、Red Hat は特定バージョンのゲストオペレーティングシステムを提供しているベンダーと連携します。ユーザー、またはベンダーサポートのゲストオペレーティングシステムを提供するパートナーは、そのオペレーティングシステムのベンダーにお問い合わせください。ベンダーが Red Hat の担当者と連携して問題を解決します。
  3. SPICE ドライバー (QXL) は Red Hat からは提供していません。ただし、ディストリビューションのベンダーがディストリビューションの一部として SPICE ドライバーを提供する場合もあります。
  4. SPICE は、Red Hat Enterprise Linux 6.7、Red Hat Enterprise 7.0 以降、および Windows 7 で完全にサポートされています。Red Hat Enterprise Linux 7.0、Red Hat Enterprise Linux 7.1、および Red Hat Enterprise Linux 6.6 には、階層 2 レベルのサポートが適用されます。
  5. SPICE は、これらのゲストオペレーティングシステム上で spice-vdagent が実行中の場合にサポートされますが、テストは行われていません。
  6. SPICE には、アップストリームの WDDM DoD ドライバーを使用することができます。 このドライバーを取得するには、このリンク を参照してください (これは、Red Hat でサポートしているドライバー/ソリューションではない点に注意してください)。
  7. Red Hat Enterprise Linux 8 は Red Hat Virtualization 4.3 でサポートされていますが、次の制限事項があります: Gnome 環境では SSO はサポートされておらず、qemu-guest-agent のみがサポートされています。 virt-sysprep (テンプレートのシーリング) および virt-sparsify、RHEL 8 の v2v 変換はサポートされていません。
  8. Microsoft Windows Server 2019 は、Red Hat Enterprise Linux 7.6 以降との互換性が認定されています。
  9. そのために、3D 用ハードウェアアクセラレーションを除外し QXL-WDDM-DoD ドライバーを使用します。

IBM Power 用にサポートされているゲストオペレーティングシステム

以下の表に示す Red Hat およびサードパーティーのオペレーティングシステムは、IBM POWER8 および POWER9 ハードウェアにおいて、rhev-qemu-kvm カーネルモジュールを実装した Red Hat Enterprise Linux ホストとの組み合わせで、ゲストオペレーティングシステムとしての使用がサポートされています。IBM POWER8 および POWER9 ハードウェア上の Red Hat Enterprise Linux ホストは、以下の製品に統合され使用されます。

  • Red Hat Virtualization
ゲストオペレーティングシステム
仮想マシンのアーキテクチャー
ハイパーバイザーのアーキテクチャー
Red Hat Enterprise Linux ホストのバージョン
SPICE のサポート
サポート階層
7
6
5
Red Hat Enterprise Linux 6.5 PPC64BE PPC64LE
階層 1
Red Hat Enterprise Linux 6.6 PPC64BE PPC64LE
階層 1
Red Hat Enterprise Linux 6.7 PPC64BE PPC64LE
階層 1
Red Hat Enterprise Linux 6.8 PPC64BE PPC64LE
階層 1
Red Hat Enterprise Linux 6.9 PPC64BE PPC64LE
階層 1
Red Hat Enterprise Linux 6.10 PPC64BE PPC64LE
階層 1
Red Hat Enterprise Linux 7.1 PPC64BE PPC64LE
階層 1
Red Hat Enterprise Linux 7.1 PPC64LE PPC64LE
階層 1
Red Hat Enterprise Linux 7.2 PPC64BE PPC64LE
階層 1
Red Hat Enterprise Linux 7.3 PPC64LE PPC64LE
階層 1
Red Hat Enterprise Linux 7.4 PPC64LE PPC64LE
階層 1
Red Hat Enterprise Linux 7.5 PPC64LE PPC64LE
階層 1
Red Hat Enterprise Linux 7.6 PPC64LE PPC64LE
階層 1
Red Hat Enterprise Linux 8 PPC64LE PPC64LE
階層 1
SUSE Linux Enterprise Server 11 SP4 PPC64BE PPC64LE
階層 2
SUSE Linux Enterprise Server 12 PPC64LE PPC64LE
階層 2
SUSE Linux Enterprise Server 15 PPC64LE PPC64LE
階層 2

備考: Red Hat Virtualization では、IBM POWER8 ハードウェアに RHEV-H の最小オペレーティングシステムをインストールする構成はサポートされていません。

サポート階層

グローバルサポートサービスは、以下の 2 つの層に従ってゲストオペレーティングシステムにサポートを提供します。

  • 階層 1: Red Hat は、該当するハイパーバイザーとゲストオペレーティングシステムの組み合わせをテストし、認証し、サポートを提供します。Red Hat にサポートについての問い合わせをすることができます。
  • 階層 2: Red Hat は、該当するハイパーバイザーとゲストオペレーティングシステムの組み合わせを使用するユーザーに、ハイパーバイザーに関するサポートを提供します。ハイパーバイザーに関するサポートは Red Hat に、ゲストオペレーティングシステムに関するサポートはベンダーにご連絡ください。ゲストオペレーティングシステムの問題がハイパーバイザーの問題に関連する場合は、問題の解決に向けてベンダーと連携します。
  • 備考: ゲストオペレーティングシステムが一覧に表示されていない場合は、そのゲストオペレーティングシステムのサポートは Red Hat の サードパーティーソフトウェアに対するサポートポリシー に基づいて提供されます。
    • Red Hat は、サポートされているライフサイクル期間を過ぎたゲストオペレーティングシステムのハイパーバイザーサポートを継続して提供することを選択する場合があります。 ただし、お客様には、ライフサイクル期間の終了した製品のサポートに関して、ゲストオペレーティングシステムベンダーのサポートポリシーを確認することをお勧めします。

製品バージョン

このセクションでは、Red Hat 製品に含まれる Red Hat Virtualization Hypervisor のバージョンの概要を示します。適用バージョンの一覧は、各製品の表を参照してください。

Red Hat OpenStack Platform

以下の表は、Red Hat OpenStack Platform に含まれる Red Hat Virtualization Hypervisor モジュールのバージョンの概要を示しています。

Red Hat OpenStack Platform のバージョン Red Hat Virtualization Hypervisor のバージョン
3.0 6.4 以降
4.0 6.4 以降
5.0 6.4 以降、7.0 以降
6.0 7.2 以降
7.0 7.2 以降
8.0 7.2 以降
9.0 7.2 以降
10.0 7.3 以降
11.0 7.3 以降
12.0 7.4 以降
13.0 7.5 以降
14.0 7.6 以降
15.0 8.0 以降
16.0 8.1
16.1 8.2

Red Hat Virtualization

以下の表は、Red Hat Virtualization に含まれる Red Hat Virtualization Hypervisor モジュールのバージョンの概要を示しています。

Red Hat Virtualization のバージョン Red Hat Virtualization Hypervisor のバージョン
3.0 6.2 以降
3.1 6.3 以降
3.2 6.4 以降
3.3 6.5 以降
3.4 6.5 以降
3.5 6.6 以降、7.1 以降
3.6 7.2 以降
4.0 7.2 以降
4.1 7.3 以降
4.2 7.4 以降
4.3 7.6 以降