Warning message

This translation is outdated. For the most up-to-date information, please refer to the English version.

スクリプトフレームワークのサポート状況

更新 -

フレームワーク

Red Hat は、スクリプトやフレームワークを多数ご用意しております。たとえば、以下のようになります。

  • Bash スクリプト
  • API スクリプト
  • Red Hat Satellite kickstart スクリプト
  • Red Hat Enterprise Virtualization hook スクリプト
  • Cloudforms Automation スクリプト
  • Red Hat Satellite Puppet Modules

フレームワークのサポート状況

これらのテクノロジーについては、スクリプトフレームワークに含まれる個々のコマンドの使用方法と構文が一般的なガイドラインに含まれています。また、お客様がバグをお疑いの場合は、Red Hat が特定の動作を調査してバグかどうかを特定します。

バグの調査方法

特定のコマンド、API、または関数の呼び出しの構文および使用方法が正しいのにも関わらず予期していない動作が発生した疑いがある場合は調査が必要になる可能性があります。その場合、問題の動作を明確に再現するための (100 行以下の) 短い再現スクリプトの提供を Red Hat がお願いする場合があります。その後、Red Hat がこの動作を調査して、意図したとおりに動作するか、またはバグかどうかを特定します。

Red Hat サポートの対象外

Red Hat サポートが、お客様に完全スクリプトを提供したり、大規模なスクリプトをデバッグすることはありません。このような特別なサポートをご希望のお客様は、Red Hat コンサルティングサービスの購入をご検討ください。