スクリプトフレームワークのサポート状況

更新 -

フレームワーク

Red Hat は、スクリプトやフレームワークを多数ご用意しております。 以下に一般的な例を示します。

  • Bash スクリプト
  • API スクリプト
  • Red Hat Satellite kickstart スクリプト
  • Red Hat Enterprise Virtualization hook スクリプト
  • Cloudforms Automation スクリプト
  • Red Hat Satellite Puppet モジュール
  • Foreman フック

Red Hat におけるフレームワークのサポート状況

上記の技術について、スクリプトフレームワークに含まれる個々のコマンドの使用法と構文が、Red Hat がお客様を支援する一般的なガイドラインに含まれています。 さらに、バグの可能性が疑われる場合は、Red Hat が特定の動作を調査して、バグかどうかを特定します。

Red Hat におけるバグの調査方法

特定のコマンド、API、または関数の呼び出し構文と使用方法は正しいのにも関わらず、その動作が予期されたものと異なる場合は調査が必要になることがあります。 この場合、問題の動作を明確に再現するための短い (最大 100 行程度の) 再現スクリプトの提供が Red Hat から求められる場合があります。その後、Red Hat がこの動作を調査し、意図したとおりに動作するか、またはバグかどうかを判断します。

Red Hat サポートの対象外となるもの

Red Hat サポートが、お客様に完全スクリプトを提供したり、大規模なスクリプトをデバッグすることはありません。 このような特別なサポートをご希望のお客様は、Red Hat コンサルティングサービスの購入をご検討ください。

Red Hat Ansible Automation のサポート状況

「Ansible Tower サブスクリプションには、どのレベルの Ansible Automation サポートが含まれていますか?」を参照してください。