Translated message

A translation of this page exists in English.

Ansible Tower サブスクリプションには、どのレベルの Ansible Automation サポートが含まれていますか?

更新 -

Red Hat Ansible Automation 更新

2019 年 6 月 1 日より、Red Hat Ansible を新たに購入したお客様、および 6 月 1 日以降にサブスクリプションを更新したお客様は、更新された Red Hat Ansible Automation サブスクリプションを利用できます。Red Hat Ansible Automation サブスクリプションには、以前から知られている Red Hat Ansible Tower、Red Hat Ansible Engine、および Red Hat Ansible Automation (Networking) 要素が含まれます。既存のサブスクリプションを使用している場合は、Red Hat Ansible Automation パッケージのサブスクリプションを更新するまで変更はありません。たとえば、2019 年 9 月に期限切れになるスタンドアロンの Red Hat Ansible Tower サブスクリプションのサポートには、サブスクリプションが Red Hat Ansible Automation パッケージに更新されるまで、Red Hat Ansible Tower および Ansible Automation でサポート可能なイベント (以下を参照) のみが含まれます。

2019 年 6 月以降まで更新するように設定されていない既存のサブスクリプションをご利用のお客様

Ansible Tower は既存の自動化のフレームワークとして機能しますが、ランタイムが CLI と Tower で違うことがジョブの失敗につながる可能性もあります。Tower から Ansible Playbook が実行できず、コマンドラインから正常に実行できた場合、その Ansible Tower の障害はサポート対象のイベントとなります (「サポート対象 (supportable) のイベント」とは、Ansible Tower のエンタイトルメントで有効なサポートチケットを説明するために使用される用語になります)。 この場合、Ansible Support チームはお客様と協力して根本原因を特定し、Tower でのジョブ実行の成功に向けて取り組みます。

逆に、サポート対象外のイベントは、Red Hat Ansible Engine/Red Hat Ansible Networking の 対象範囲 に含まれるものとして分類できます。 この 2 つのサブスクリプションの詳細は、「Appendix 1 for Subscription Services」を参照してください。

ただし、Ansible Tower エンタイトルメントの範囲内で Engine のサポートを提供できる場合もあります。 たとえば以下のような場合は対象となります。

  • Ansible Tower からの一般的な Playbook の失敗 (ただし、CLI から Playbook を実行すると成功)
  • モジュールの依存関係が Ansible Tower の仮想環境に適切にインストールされるようにする支援
  • リリース日、ロードマップアイテム、Ansible Tower とのバージョン互換性、およびアップグレード手順に関する質問

バグのトリアージ
Ansible Tower からの Playbook の障害の調査時に、エンジン/モジュールのバグが根本的な問題であると判断される場合があります。 既存のバグが存在せず、サポート対象の状況 (つまり、Ansible Tower に直接関連する状況) で Red Hat 製品を使用している場合、Red Hat はお客様に代わってバグを報告します。 他のすべての状況では、お客様は Ansible GitHub リポジトリー で新しいバグを報告するように促されます。その後、Ansible サポートチームはコアエンジニアリングチームと協力して、報告された問題に優先順位を付けますが、問題の追跡はすべて GitHub の外で行われます。 既存のバグについては、Ansible Support チームが潜在的な回避策を調査し、安定したリリースに追加されるおおよそのタイムラインを提供できます。

上述された以外の支援が必要な場合は、アカウント担当者に連絡して、プロジェクトを成功させるために Ansible および Red Hat サービスリソースを最大限に活用する方法を判断してください。