A.4. virt-who のトラブルシューティングシナリオ

virt-who が仮想化プラットフォームとの接続に失敗する

virt-who がハイパーバイザーまたは仮想化マネージャーへの接続に失敗する場合は、Red Hat サブスクリプションマネージャーのログファイル /var/log/rhsm/rhsm.log を確認します。No route to host というメッセージが表示される場合は、ハイパーバイザーが間違ったポートでリッスンしている可能性があります。この場合は virt-who 設定を変更し、Hypervisor Server 値に正しいポート番号を追加します。

virt-who 設定を変更したら、この設定を再デプロイする必要があります。

virt-who がローカルネットワークの HTTP プロキシーを介して仮想化プラットフォームに接続できない

virt-who が HTTP プロキシー経由でハイパーバイザーや仮想化マネージャーに接続できない場合は、ローカルトラフィックが通過できるようにプロキシーを設定するか、virt-who 設定を変更してプロキシーを使用しないようにします。

virt-who 設定を変更したら、この設定を再デプロイする必要があります。