第2章 仮想マシンのアクティベーションキーの作成

以下の手順に従って、自動アタッチが有効な状態で、サブスクリプションが割り当てられていないアクティベーションキーを作成します。このアクティべーションキーを使用して仮想マシンを登録すると、ハイパーバイザーにホストベースのサブスクリプションが割り当てられている場合、仮想マシンはそのハイパーバイザーからサブスクリプションを継承します。

アクティベーションキーの詳細は、『コンテンツ管理ガイド』の「アクティベーションキーの管理」を参照してください。

手順

  1. Satellite Web UI で Content > Activation keys に移動して、Create Activation Key をクリックします。
  2. 名前 フィールドに、アクティベーションキーの名前を入力します。
  3. Unlimited Hosts チェックボックスが選択されていることを確認します。または、制限を設定する場合は Unlimited Hosts チェックボックスの選択を解除し、制限 フィールドで、アクティベーションキーを使用して登録できる仮想マシンの最大数を入力します。
  4. 説明 フィールドに、アクティベーションキーの説明を入力します。
  5. 環境 一覧から、使用する環境を選択します。
  6. コンテンツビュー リストから、使用するコンテンツビューを選択します。
  7. 保存をクリックします。
  8. アクティベーションキー ウィンドウに新規のアクティベーションキーが表示されたら、そのキーの名前をクリックします。
  9. サブスクリプション タブをクリックします。
  10. 自動割り当てYes に設定されていることを確認します。設定されていない場合は、編集アイコンをクリックして 保存をクリックします。

このアクティベーションキーにはサブスクリプションを追加しないでください。

CLI をご利用の場合

  1. アクティベーションキーを作成します。

    # hammer activation-key create \
    --name "VM_Activation_Key" \
    --unlimited-hosts \
    --description "For VMs to inherit a VDC Subscription" \
    --lifecycle-environment "Environment_Name" \
    --content-view "CV_Name" \
    --organization "My_Organization"
  2. アクティベーションキーで自動アタッチを有効にします。

    # hammer activation-key update --name "VM_Activation_Key" \
    --organization "My_Organization" --auto-attach true