1.3. 各仮想化プラットフォーム向けの virt-who の設定

virt-who は、クエリーする仮想化タイプおよびハイパーバイザー、または仮想化マネージャーなどの詳細を指定するファイルを使用して設定されます。サポートされている設定は、仮想化プラットフォームによって異なります。

virt-who 設定ファイルの例

以下は Satellite Web UI または Hammer CLI を使用して作成された virt-who 設定ファイルの例です。

[virt-who-config-1]
type=libvirt
hypervisor_id=hostname
owner=Default_Organization
env=Library
server=hypervisor1.example.com
username=virt_who_user
encrypted_password=$cr_password
rhsm_hostname=satellite.example.com
rhsm_username=virt_who_reporter_1
rhsm_encrypted_password=$user_password
rhsm_prefix=/rhsm

type および server の値は仮想化プラットフォームによって異なります。以下の表に詳細を記載します。

username は、ハイパーバイザーまたは仮想化マネージャーの読み取り専用ユーザーを参照します。このユーザーは virt-who を設定する前に作成しておく必要があります。rhsm-username は、Satellite Server にレポートする virt-who のパーミッションのみを持つ自動生成されるユーザーを指します。

各仮想化プラットフォームで必要な設定

virt-who の設定を計画するには、以下の表を参照してください。

サポートされる仮想化プラットフォーム設定ファイルで指定されるタイプ設定ファイルで指定されるサーバー設定ファイルがデプロイされるサーバー

Red Hat Virtualization

RHEL Virtualization (KVM)

Red Hat OpenStack Platform

libvirt

ハイパーバイザー (ハイパーバイザーごとに 1 つのファイル)

各ハイパーバイザー

VMware vSphere

esx

vCenter Server

Satellite Server、Capsule Server、または専用 RHEL サーバー

Microsoft Hyper-V

hyperv

Hyper-V ハイパーバイザー (ハイパーバイザーごとに 1 つのファイル)

Satellite Server、Capsule Server、または専用 RHEL サーバー

重要

rhevm および xen のハイパーバイザータイプはサポート対象外です。

kubevirt ハイパーバイザータイプは、テクノロジープレビュー機能としてのみ提供されます。