第6章 ホストベースのサブスクリプションを使用する仮想マシンの登録

自動アタッチアクティベーションキーを使用して仮想マシンを登録し、これらのマシンがハイパーバイザーからサブスクリプションを継承するようにします。

アクティベーションキーの詳細は、『コンテンツ管理ガイド』の「アクティベーションキーの管理」を参照してください。

前提条件

  • 自動アタッチが有効になっており、サブスクリプションが割り当てられていないアクティベーションキーを作成します。
  • ホストベースのサブスクリプションを、仮想マシンのハイパーバイザーに割り当てます。
  • 仮想マシンのハイパーバイザーをクエリーする virt-who 設定を作成し、デプロイします。

手順

  1. 仮想マシンを Satellite Server に登録されるように設定します。

    # yum install http://satellite.example.com/pub/katello-ca-consumer-latest.noarch.rpm
  2. 自動アタッチアクティベーションキーを使用して仮想マシンを登録します。

    # subscription-manager register --org=organization_label \
    --activationkey=activation_key_name

virt-who が仮想マシンが実行されているハイパーバイザーについての情報を提供するのを Satellite Server が待機している間、その仮想マシンは一時サブスクリプションを受け取ります。virt-who からこの情報が提供されると、Satellite Server は仮想マシンに対して永続的なサブスクリプションを割り当てます。

仮想マシンが virt-who にレポートする別のハイパーバイザーに移行され、その仮想マシンにホストベースのサブスクリプションが割り当てられている場合、仮想マシンはそのハイパーバイザーからサブスクリプションを継承します。ハイパーバイザーにホストベースのサブスクリプションが割り当てられていない場合は、Satellite Server によってそのハイパーバイザーに対してホストベースのサブスクリプションが自動的に割り当てられ、仮想マシンはそのサブスクリプションを継承します。

virt-who に報告を行わない別のハイパーバイザーに仮想マシンが移行された場合や、ハイパーバイザーに割り当てることができるサブスクリプションが十分にない場合、仮想マシンはサブスクリプションを継承できません。これを回避するには、仮想マシンが移行できるすべてのハイパーバイザーにホストベースのサブスクリプションが割り当てられてられており、virt-who への報告ができることを確認するか、仮想マシンの移行を特定のハイパーバイザーに制限します。