第3章 Satellite Server のインストール

3.1. Red Hat Subscription Management への登録

Red Hat サブスクリプション管理にホストを登録すると、ユーザーが利用可能なサブスクリプションに登録され、サブスクリプションのコンテンツを使用できるようになります。これには、Red Hat Enterprise Linux、Red Hat Software Collection (RHSCL)、Red Hat Satellite などのコンテンツが含まれます。

  1. ユーザー名およびパスワードを使用した Satellite Server の登録

    # subscription-manager register
    Username:
    Password:
    The system has been registered with ID: 541084ff2-44cab-4eb1-9fa1-7683431bcf9a

3.2. Satellite サブスクリプションの特定およびホストへのサブスクリプションの割り当て

ホストを登録した後は、Satellite サブスクリプションプール ID を特定する必要があります。このプール ID で、必要なサブスクリプションをホストに割り当てることができます。Satellite サブスクリプションは、Red Hat Enterprise Linux、Red Hat Software Collections (RHSCL)、および Red Hat Satellite と同様に Satellite コンテンツへのアクセスを提供します。Satellite サブスクリプションのみが必須のサブスクリプションになります。

  1. Satellite サブスクリプションを特定するには、以下のコマンドを入力します。

    # subscription-manager list --all --available

    この出力では、以下のような内容が表示されます。

    Subscription Name: Red Hat Satellite
    Provides:          Oracle Java (for RHEL Server)
                       Red Hat Satellite 6
                       Red Hat Enterprise Linux Server
                       Red Hat Satellite
                       Red Hat Enterprise Linux Load Balancer (for RHEL Server)
    SKU:               MCT0370
    Pool ID:           8a85f9874152663c0541943739717d11
    Available:         3
    Suggested:         1
    Service Level:     Premium
    Service Type:      L1-L3
    Multi-Entitlement: No
    Ends:              10/07/2014
    System Type:       Physical
  2. Satellite ホストに割り当てることができるように、プール ID をメモします。使用するプール ID は、ここで提示した例とは異なります。
  3. Satellite Server にサブスクリプションを割り当てるには、お使いの環境のプール ID を指定して以下のコマンドを入力します。

    # subscription-manager attach --pool=8a85f9874152663c0541943739717d11

    この出力では、以下のような内容が表示されます。

    Successfully attached a subscription for: Red Hat Satellite
  4. サブスクリプションが正しく割り当てられたことを確認するには、以下のコマンドを入力します。

    # subscription-manager list --consumed

    この出力では、以下のような内容が表示されます。

    +-------------------------------------------+
       Consumed Subscriptions
    +-------------------------------------------+
    Subscription Name: Red Hat Satellite
    Provides:          Red Hat Satellite
                       Red Hat Enterprise Linux Server
                       Red Hat Software Collections (for RHEL Server)
                       Red Hat Satellite
                       Red Hat Satellite 6
                       Red Hat Software Collections (for RHEL Server)
                       Red Hat Satellite Capsule
                       Red Hat Enterprise Linux Load Balancer (for RHEL Server)
                       Red Hat Satellite with Embedded Oracle
                       Red Hat Satellite Capsule
                       Red Hat Enterprise Linux High Availability (for RHEL Server)
    SKU:               MCT0370
    Contract:          10293569
    Account:           5361051
    Serial:            1653856191250699363
    Pool ID:           8a85f9874152663c0541943739717d11
    Active:            True
    Quantity Used:     1
    Service Level:     Premium
    Service Type:      L1-L3
    Status Details:
    Starts:            10/08/2013
    Ends:              10/07/2014
    System Type:       Physical

3.3. リポジトリーの設定

  1. 既存のリポジトリーをすべて無効にします。

    # subscription-manager repos --disable "*"
  2. Red Hat Satellite および Red Hat Enterprise Linux、Red Hat Software Collections リポジトリーを有効にします。

    以下の例では、Red Hat Enterprise Linux 7 を使用します。

    subscription-manager repos --enable rhel-7-server-rpms \
                               --enable rhel-server-rhscl-7-rpms \
                               --enable rhel-7-server-satellite-6.2-rpms
    注記

    Red Hat Enterprise Linux の異なるバージョンを使用する場合は、お使いのバージョンに合わせてリポジトリーに変更してください。

  3. メタデータを消去します。

    # yum clean all
  4. リポジトリーが有効になっていることを確認します。

    # yum repolist enabled

3.4. Satellite Server のインストール

  1. Satellite Server パッケージをインストールします。

    # yum install satellite
  2. Satellite Server をインストールして、初期設定を実行します。

    # satellite-installer --scenario satellite -v\
    --foreman-initial-organization “$ORG” \
    --foreman-initial-location “$LOCATION” \
    --foreman-admin-password redhat \
    --capsule-puppet true \
    --foreman-proxy-puppetca true \
    --foreman-proxy-tftp true \
    --enable-foreman-plugin-discovery

3.5. Hammer CLI の設定

コマンドを実行するたびに入力する必要がないように、認証情報を作成して保存することができます。また、admin ユーザーが特定の組織および場所にデフォルトでログインするように、サーバーを設定することもできます。

  1. ~/.hammer/cli_config.yml ファイルがない場合は、作成します。

    # mkdir ~/.hammer
    # touch ~/.hammer/cli_config.yml
  2. このファイルの読み取りができるのは、現在のユーザーのみにして、パスワードを保護します。たとえば、hammer コマンドを root で実行する場合には、以下のコマンドを実行します。

    # chmod 600 ~/.hammer/cli_config.yml
  3. 以下の内容を上記のファイルに追加します。

    :foreman:
      :host: 'https://satellite.example.net/'
      :username: 'admin'
      :password: 'redhat'
    重要

    ~/.hammer/cli_config.yml ファイルでは Tab を使用しないようにしてください。インデントには、必ずスペースを使用してください。

  4. admin ユーザーがデフォルトで特定の組織や場所にログインするように設定します。

    hammer user update --login admin --default-location-id 1 --default-organization-id 1 --locations "$LOCATION" --organizations "$ORG"

3.6. マニフェストの作成

  1. Red Hat カスタマーポータル に移動して、ログインします。
  2. サブスクリプション をクリックします。
  3. Red Hat サブスクリプション管理 セクションで Satellite をクリックします。
  4. Satellite の登録 をクリックします。
  5. 名前 フィールドで Satellite_Server_example を入力します。
  6. バージョンに Satellite 6.2 を選択して 登録 をクリックします。
  7. サブスクリプションのアタッチ をクリックします。
  8. 割り当てるサブスクリプションのチェックボックスをそれぞれ選択して、サブスクリプション数を指定します。
  9. 選択項目のアタッチ をクリックします。

    すべてのサブスクリプションが割り当てられるまで数分かかります。

  10. マニフェストのダウンロード をクリックして、マニフェストファイルを所定の場所に保存します。

3.7. マニフェストの Satellite Server へのアップロード

Web UI を使用したマニフェストのアップロード

  1. 正しい組織内にいることを確認します。
  2. コンテンツ > Red Hat サブスクリプション をクリックします。
  3. マニフェストの管理 をクリックしてサブスクリプションページを開きます。
  4. 参照 をクリックして、作成したマニフェストファイルを選択し、開く をクリックします。
  5. アップロード をクリックして、マニフェストを Satellite Server にアップロードします。

Hammer CLI を使用したマニフェストのアップロード

  1. Satellite Server にマニフェストをアップロードします。

    hammer subscription upload --organization-label org_label --file path_to_manifest