第9章 PXE なしでの検出イメージを使用したホストのプロビジョニング

Satellite では、主に 2 種類のアプローチでホストのプロビジョニング、PXE ブート、起動ディスクプロビジョニングを行います。起動ディスクプロビジョニングまたは PXE なしの起動では、PXE サービスが利用できない場合にホストがプロビジョニングされます。本ガイドは、PXE なしのホストのプロビジョニングについても触れています。

検出イメージ ISO を使用して、ベアメタルのハードウェアまたは仮想システムのいずれかを起動し、Satellite Server にアタッチすることができます。DHCP および静的 IP ネットワークの両方がサポートされます。検出プラグインはデフォルトでインストールされており、サブスクリプションしているリポジトリーに含まれます。

  1. Satellite Server が検出プラグインのバージョンと互換性があることを確認します。

    • 検出プラグイン: tfm-rubygem-foreman_discovery-5.0.0.4-1 以降
    • 検出イメージ: foreman-discovery-image-3.0.5-3 以降
    • Smart Proxy プラグイン: rubygem-smart_proxy_discovery-1.0.3-2 以降

      プラグインのアップグレードが必要な場合には、再起動をする必要があります。

  2. 物理システムの場合は、ISO イメージを USB スティックまたは CDROM/DVD に移動し、仮想システムの場合は ISO イメージを仮想 CD-ROM にアタッチします。
  3. システムで ISO イメージを起動します。

    テキストベースのユーザーインターフェースが表示されます。

  4. 環境に合わせて、手動のネットワーク設定 または DHCP で検出 のいずれかを選択します。
  5. ホストに複数の NIC がある場合には、主要なネットワークインターフェースを選択して 選択 をクリックします。
  6. 該当する場合には、ネットワークの認証情報を入力して 次へ をクリックします。
  7. 完全な Satellite Server URL を入力して、サーバー の接続タイプを選択し、次へ をクリックします。
  8. カスタムファクトを入力して自動プロビジョニングルールをトリガーし、確認 をクリックします。

    ホストが検出され、「discovery_kexec」ファクトが Satellite Server に送信されるので、プロビジョニング中に再起動されないようになります。

  9. Web UI で ホスト > 検出済みホスト に移動してホストを表示します。
  10. プロビジョニング をクリックして、ホストの情報を入力して、送信 をクリックします。