第5章 サブスクリプションのインポートおよびコンテンツの同期

5.1. Red Hat リポジトリーの有効化

Red Hat Enterprise Linux ホストのプロビジョニングをサポートするには、必要な Red Hat リポジトリーを有効化する必要があります。

環境に適したリリースを選択するようにしてください。このタスクにより、以下のリポジトリーが有効になります。

  • Red Hat Enterprise Linux Server (Kickstart): これで Satellite を使用してホストをキックスタートできます。
  • Red Hat Enterprise Linux Server (RPMs): これで、継続的にコンテンツおよびエラータが提供されます。
  • Red Hat Enterprise Linux Server - Satellite Tools (RPMs): これで、Puppet や katello-agent など、サポートのあるソフトウェアが提供されます。

Web UI を使用した Red Hat Enterprise Linux 7 Server リポジトリーの有効化

  1. コンテンツ > Red Hat リポジトリー を選択します。
  2. キックスタート タブで、Red Hat Enterprise Linux Server > Red Hat Enterprise Linux 7 Server (Kickstart) に移動して、Red Hat Enterprise Linux 7 Server Kickstart x86_64 7.2 リポジトリーを選択します。
  3. RPM タブで Red Hat Enterprise Linux Server > Red Hat Enterprise Linux 7 Server (RPMs) に移動して Red Hat Enterprise Linux 7 Server RPMs x86_64 7 Server リポジトリーを選択します。
  4. Red Hat Enterprise Linux Server > Red Hat Enterprise Linux 7 Server - Satellite Tools (RPMs) - Satellite Tools (RPMs) に移動して、Red Hat Enterprise Linux 7 Server - Satellite Tools RPMs x86_64 リポジトリーを選択します。

Hammer CLI を使用した Red Hat Enterprise Linux 7 Server リポジトリーの有効化

  1. キックスタートリポジトリーを有効化します。

    hammer repository-set enable --organization-label "$ORG" \
     --product 'Red Hat Enterprise Linux Server'
     --basearch='x86_64'
     --releasever='7Server'
     --name 'Red Hat Enterprise Linux 7 Server (Kickstart)'
  2. RPM リポジトリーを有効化します。

    hammer repository-set enable --organization "$ORG"
     --product 'Red Hat Enterprise Linux Server'
     --basearch='x86_64'
     --releasever='7Server'
     --name 'Red Hat Enterprise Linux 7 Server (RPMs)'
  3. Satellite Tools リポジトリーを有効化します。

    hammer repository-set enable --organization "$ORG"
     --product 'Red Hat Enterprise Linux Server'
     --basearch='x86_64'
     --name 'Red Hat Satellite Tools 6 (for RHEL 7 Server) (RPMs)'

5.2. カスタム製品の作成

カスタムパッケージを含むリポジトリーを有効にすることができますが、最初に手動でリポジトリー用に製品を作成する必要があります。

Web UI を使用したカスタム製品の作成

  1. コンテンツ > 製品 をクリックしてから 新製品 をクリックしてください。
  2. カスタム製品の名前を入力します。
  3. 保存 をクリックします。
  4. 画面が更新されたら リポジトリーの作成 をクリックします。
  5. 名前 フィールドで、Puppet モジュール と入力します。
  6. タイプ フィールドで Puppet と入力し、URL フィールドは空にします。
  7. 保存 をクリックします。

Web UI を使用した Puppet モジュールのリポジトリーへのアップロード

Puppet モジュールを Puppet モジュールリポジトリーにアップロードします。また、Puppet Forge をローカルにミラーリングするには、https://forge.puppetlabs.com をURL として使用することもできます。この設定にすると、Puppet Forge のすべてのコンテンツがご使用の Satellite で利用可能になります。ただし、2700 を超えるモジュールのダウンロードが必要となり、利用可能な帯域幅によってかなりの時間がかかる場合があります。この例では、motd モジュールを使用しています。このモジュールは単純で、他のモジュールとの依存関係がないためです。大容量のファイルを伴うパッケージをアップロードする場合は、Hammer CLI を使用してください。

  1. motd puppet モジュールを https://forge.puppetlabs.com/jeffmccune/motd からダウンロードします。ダウンロードしたファイルには .tar.gz 拡張子が付いています。
  2. コンテンツ > 製品 をクリックしてから 名前 フィールドの カスタム製品 をクリックしてください。
  3. リポジトリー タブで、Puppet Modules をクリックして、Puppet Modules リポジトリーを変更します。
  4. パッケージのアップロード セクションで、ファイルの選択 をクリックし、ダウンロードした motd モジュールに移動します。
  5. アップロード をクリックします。

Hammer CLI を使用したカスタム製品の作成およびリポジトリーの有効化

  1. カスタム製品を作成します。

    $ hammer product create --name "product_name" --organization-label org_label
  2. カスタム製品に新規リポジトリーを作成します。

    $ hammer repository create --name "repo_name" \
      --organization-label org_label --product "product_name" \
      --content-type cont_type --publish-via-http true \
      --url "repo_url"

    コンテンツタイプで yum、Puppet、または Docker の希望のコンテンツを指定します。

  3. カスタムリポジトリーにパッケージをアップロードします。

    $ hammer repository upload-content --product "product_name" \
      --organization-label org_label --id "repo_id" \
      --path path_to_dir

5.3. コンテンツの同期

Red Hat コンテンツ配信ネットワークのリポジトリーを Satellite に同期することができ、リポジトリー URL を含むカスタムリポジトリー (Yum または Puppet など) を同期する場合にも適用されます。

Web UI で Red Hat Enterprise Linux 7 サーバーを使用したコンテンツの同期

  1. Content > Sync Status をクリックして、利用可能な製品一覧を表示します。
  2. Red Hat Enterprise Linux Server > 7Server > x86_64 に移動します。
  3. 以下の製品を選択します。

    • Red Hat Enterprise Linux 7 Server RPMs x86_64 6Server
    • Red Hat Enterprise Linux 7 Server - Satellite Tools RPMs x86_64
  4. Red Hat Enterprise Linux Server > 7.2 > x86_64 に移動して、Red Hat Enterprise Linux 7 Server Kickstart x86_64 6.6 を選択します。
  5. 今すぐ同期 をクリックします。

    利用可能な帯域幅によっては、同期に数時間かかる場合があります。

Hammer CLI を使用したコンテンツの同期

  1. キックスタートリポジトリーを同期します。

    $ hammer repository synchronize --organization "$ORG"
     --product 'Red Hat Enterprise Linux Server'
     --name  'Red Hat Enterprise Linux 7 Server Kickstart x86_64 7.2'
     --async
  2. RPM リポジトリーを同期します。

    hammer repository synchronize --organization "$ORG"
     --product 'Red Hat Enterprise Linux Server'
     --name  'Red Hat Enterprise Linux 7 Server RPMs x86_64 7Server'
     --async
  3. Satellite Tools リポジトリーを同期します。

    hammer repository synchronize --organization "$ORG"
     --product 'Red Hat Enterprise Linux Server'
     --name 'Red Hat Satellite Tools 6 for RHEL 7 Server RPMs x86_64'
     --async