Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

7.3. リソース要件

Red Hat OpenShift Data Foundation サービスは、ベースサービスの初期セットで設定され、追加のデバイスセットで拡張できます。これらすべての Red Hat OpenShift Data Foundation サービス Pod は、リソース要件 に応じて OpenShift Container Platform ノードの kubernetes によってスケジュールされます。クラスターを (障害ドメインごとに 1 ノード) 3 の倍数に拡張する方法は、Pod の配置ルール を簡単に満たす方法です。

重要

これらの要件は、OpenShift Data Foundation サービスのみに関連し、これらのノードで実行している他のサービス、オペレーター、またはワークロードには関連しません。

表7.1 Red Hat OpenShift Data Foundation でのみ利用可能なリソース要件を集約します

デプロイメントモードベースサービス追加のデバイスセット

内部

  • 30 個の CPU (論理)
  • 72 GiB メモリー
  • 3 ストレージデバイス
  • 6 個の CPU (論理)
  • 15 GiB メモリー
  • 3 ストレージデバイス

外部

  • 4 個の CPU (論理)
  • 16 GiB メモリー

該当なし

例: 単一デバイスセットを持つ内部モードデプロイメントの 3 ノードクラスターの場合、最小の 3 x 10 = 30 ユニットの CPU が必要です。

詳細は、6章サブスクリプション および CPU ユニット を参照してください。

Red Hat OpenShift Data Foundation クラスターの設計に関する追加のガイダンスは、ODF Sizing Tool を参照してください。

CPU ユニット

本セクションでは、1 CPU ユニットは Kubernetes コンセプトの 1 CPU ユニットにマップされます。

  • CPU の 1 ユニットは、ハイパースレッディングされていない CPU の 1 コアに相当します。
  • CPU の 2 ユニットは、ハイパースレッディングされている CPU の 1 コアに相当します。
  • Red Hat OpenShift Data Foundation コアベースのサブスクリプションは常にペア (2 コア) で提供されます。

表7.2 IBM Power の最小リソース要件の集約

デプロイメントモードベースサービス

内部

  • 48 CPU (論理)
  • 192 GB メモリー
  • 3 つのストレージデバイス (それぞれに追加の 500GB ディスクが含まれる)

外部

  • 該当なし

例: 内部接続デバイスモードのデプロイメントの 3 ノードクラスターの場合、最小の 3 x 16 = 48 ユニットの CPU、および 3 x 64 = 192 GB が必要です。

7.3.1. IBM Z および LinuxONE インフラストラクチャーのリソース要件

Red Hat OpenShift Data Foundation サービスは、ベースサービスの初期セットで設定され、追加のデバイスセットで拡張できます。

これらすべての Red Hat OpenShift Data Foundation サービス Pod は、リソース要件に応じて OpenShift Container Platform ノードの kubernetes によってスケジュールされます。

クラスターを (障害ドメインごとに 1 ノード) 3 の倍数に拡張する方法は、Pod の配置ルールを簡単に満たす方法です。

表7.3 Red Hat OpenShift Data Foundation でのみ利用可能なリソース要件を集約 (IBM Z および LinuxONE)

デプロイメントモードベースサービス追加のデバイスセットIBM Z および LinuxONE の最小ハードウェア要件

内部

  • 30 個の CPU (論理)

    • それぞれ 10 個の CPU (論理) を備えた 3 つのノード
  • 72 GiB メモリー
  • 3 ストレージデバイス
  • 6 個の CPU (論理)
  • 15 GiB メモリー
  • 3 ストレージデバイス

1 IFL

外部

  • 4 個の CPU (論理)
  • 16 GiB メモリー

該当なし

該当なし

CPU
ハイパーバイザー、IBM z/VM、カーネル仮想マシン (KVM)、またはその両方で定義されている仮想コアの数です。
IFL(Linux 向けの統合機能)
IBM Z および LinuxONE の物理コアです。

最小システム環境

  • 1 つの論理パーティション (LPAR) で最小クラスターを動作させるには、6 つの IFL の上に追加の IFL が必要です。OpenShift Container Platform は、これらの IFL を使用します。