第1章 はじめに

1.1. Red Hat JBoss Enterprise Application Platform 7

Red Hat JBoss Enterprise Application Platform 7 (JBoss EAP) は、オープンな標準に基いて構築され、Java Enterprise Edition 7 の仕様に準拠するミドルウェアプラットフォームです。メッセージング、高可用性クラスタリングなどの技術が WildFly Application Server 10 と統合されます。

JBoss EAP には、必要な場合にだけサービスを有効にできるモジュール構造が含まれ、サービスの起動時間が短縮されます。

管理コンソールと管理コマンドラインインターフェース (CLI) により、XML 設定ファイルの編集が不要になり、タスクをスクリプト化および自動化する機能が追加されました。

JBoss EAP は、JBoss EAP インスタンスに対してスタンドアロンサーバーと管理対象ドメインの 2 つの操作モードを提供します。スタンドアロンサーバー操作モードでは、実行している JBoss EAP を 1 つのサーバーインスタンスとして表します。管理対象ドメイン操作モードでは、1 つの制御ポイントから複数の JBoss EAP インスタンスを管理できます。

また、JBoss EAP には、セキュアでスケーラブルな Java EE アプリケーションの迅速な開発を可能にする API と開発フレームワークが含まれます。

1.2. 移行ガイド

本ガイドの目的は、JBoss Enterprise Application Platform 6 のアプリケーションを JBoss Enterprise Application Platform 7 で正常に実行しデプロイするために必要な変更を説明することです。また、デプロイメントおよび実行時の問題を解決する方法や、アプリケーションの動作が変わらないようにする方法ついて取り上げます。これは新しいプラットフォームへ移行する最初の一歩となります。アプリケーションが正常にデプロイされ実行されたら、JBoss EAP 7 の新機能を使用するために各コンポーネントのアップグレードを計画することができます。

1.3. 移行およびアップグレード

メジャーアップグレード

JBoss EAP 6 から JBoss EAP 7 など、アプリケーションのメジャーリリースごとにメジャーアップグレードまたは移行が必要になります。本ガイドではこのような移行について取り上げます。アプリケーションが Java EE 仕様に準拠し、非推奨の API にアクセスせず、プロプラエタリーコードを含まない場合、アプリケーションコードを変更せずにアプリケーションを JBoss EAP 7 で実行できる可能性があります。しかし、JBoss EAP 7 ではサーバー設定が変更になり、サーバー設定を移行する必要があります。

マイナーアップデート

JBoss EAP では、定期的にポイントリリースが提供されます。これは、バグ修正、セキュリティーの修正、および新機能が含まれるマイナーアップデートです。JBoss EAP の Patching and Upgrading Guide には、ポイントリリース間のアップグレード (JBoss EAP 7.0 から JBoss EAP 7.1 など) 方法が説明されています。

累積パッチ

JBoss EAP では、バグおよびセキュリティーの修正が含まれる累積パッチも定期的に提供されます。累積パッチのリリースごとに、リリース番号の最後の数字が 1 ずつ増えます (例: 7.0.0 から 7.0.1)。パッチインストールの詳細は、JBoss EAP の Patching and Upgrading Guide に記載されています。

1.4. 本書における EAP_HOME の使用

本書では、変数 EAP_HOME を使用して JBoss EAP へのパスを示しています。この変数は JBoss EAP インストールへの実際のパスに置き換えてください。

  • ZIP インストール方法で JBoss EAP をインストールした場合、インストールディレクトリーは、ZIP アーカイブを抽出した jboss-eap-7.0 ディレクトリーとなります。
  • RPM インストール方法で JBoss EAP をインストールした場合、インストールディレクトリーは /opt/rh/eap7/root/usr/share/wildfly/ になります。
  • インストーラーを使用して JBoss EAP をインストールした場合、EAP_HOME のデフォルトのパスは ${user.home}/EAP-7.0.0 になります。

    • Red Hat Enterprise Linux、Solaris、および HP-UX では、/home/USER_NAME/EAP-7.0.0/ になります。
    • Microsoft Windows の場合、C:\Users\USER_NAME\EAP-7.0.0\ になります。
  • JBoss Developer Studio インストーラーを使用して JBoss EAP サーバーをインストールおよび設定した場合、EAP_HOME のデフォルトのパスは ${user.home}/jbdevstudio/runtimes/jboss-eap になります。

    • Red Hat Enterprise Linux の場合、/home/USER_NAME/jbdevstudio/runtimes/jboss-eap/ になります。
    • Microsoft Windows の場合、C:\Users\USER_NAME\jbdevstudio\runtimes\jboss-eap または C:\Documents and Settings\USER_NAME\jbdevstudio\runtimes\jboss-eap\ になります。
注記

EAP_HOME は環境変数ではありません。JBOSS_HOME がスクリプトで使用される環境変数です。


このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。