第3章 移行に役立つツール

3.1. Windup を使用した移行のアプリケーションの分析

Red Hat JBoss Migration Toolkit の一部である Windup は、拡張およびカスタマイズ可能なルールベースのツールで、Java アプリケーションの移行を容易にします。Windup は移行予定のアプリケーションによって使用される API、技術、およびアーキテクチャーを分析し、各アプリケーションの詳細な移行レポートを提供します。レポートには以下の情報が含まれます。

  • 必要な移行変更の詳細
  • 変更が必須または任意であるかどうか
  • 変更が複雑または簡単であるかどうか
  • 移行変更が必要なコードへのリンク
  • 必要な変更を行うためのヒントおよび情報へのリンク
  • 見つかった各移行問題の推定作業量レベルおよびアプリケーションを移行するための推定合計作業量

Windup を使用すると、JBoss EAP 6 アプリケーションを JBoss EAP 7 へ移行する前にこれらのアプリケーションのコードやアークテクチャーを分析できます。JBoss EAP 6 から JBoss EAP 7 への移行に対する Windup のルールセットは XML 記述子についてレポートし、JBoss EAP 7 への移行時に代替の設定に置き換える必要がある特定のアプリケーションコードおよびパラメーターについてもレポートします。

Windup を使用して JBoss EAP 6 アプリケーションを分析する方法の詳細は、Windup User Guide を参照してください。

3.2. JBoss Server Migration Tool を使用したサーバー設定の移行

現在開発中の JBoss Server Migration Tool を使用して、既存の設定を保持しながら JBoss EAP 7 の新機能や新設定が含まれるように設定を更新することが推奨されます。

JBoss Server Migration Tool は既存の JBoss EAP 6 サーバー設定ファイルを読み取り、新しいサブシステムの設定を追加します。さらに、既存のサブシステム設定を新機能で更新し、廃止されたサブシステム設定を削除します。

JBoss Server Migration Tool の最新のプレリリース版バイナリーディストリビューションは、https://github.com/wildfly/wildfly-server-migration/releases からダウンロードできます。このバージョンは、JBoss EAP 6.4 から JBoss EAP 7.0 へのスタンドアロンサーバーの移行をサポートします。このツールの使用方法については、JBoss Server Migration Tool User Guide を参照してください。

注記

JBoss Server Migration Tool のプレリリース版はサポートされません。


このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。