付録A リファレンス資料

A.1. JacORB サブシステム移行操作の警告

migrate 操作はすべてのリソースや属性を処理することはできません。jacorb サブシステムの migrate または describe-migration 操作を実行すると表示される可能性がある警告の一部を以下に示します。

注記

migrate 操作の出力に「Could not migrate」または「Can not migrate」エントリーが記録された場合、サーバー設定の移行は正常に完了したにも関わらず、すべての要素および属性を自動的に移行できなかったことを表します。「migration-warnings」の提案に従ってこれらの設定を変更する必要があります。

警告メッセージメッセージの意味 / 修正方法

The iiop migration can be performed when the server is in admin-only mode (iiop の移行はサーバーが admin-only モードであるときに実行できます)

migrate 操作を実行するには、--admin-only パラメーターをサーバー起動コマンドに追加し、サーバーを admin-only モードで起動する必要があります。

$ EAP_HOME/bin/standalone.sh --admin-only

Properties X cannot be emulated using OpenJDK ORB and are not supported (プロパティー X は OpenJDK ORB を使用してエミュレートできず、サポートされていません)

指定プロパティーの設定はサポートされず、新しい iiop-openjdk サブシステム設定には含まれていません。以前のリリースの JBoss EAP でこのプロパティーによって示された動作は移行されないため、管理者は JBoss EAP 7 の新しい iiop-openjdk サブシステムがこの動作を示さずに正しく操作できることを検証する必要があります。

サポートされないプロパティーには以下が含まれます: cache-poa-namescache-typecodeschunk-custom-rmi-valuetypesclient-timeoutcometindirection-encoding-disableionalax-boolean-encodingmax-managed-buf-sizemax-server-connectionsmax-threadsoutbuf-cache-timeoutoutbuf-sizequeue-maxqueue-minpoa-monitoringprint-versionretriesretry-intervalqueue-waitserver-timeoutstrict-check-on-tc-creationuse-bomuse-imr

The properties X use expressions. Configuration properties that are used to resolve those expressions should be transformed manually to the new iiop-openjdk subsystem format (プロパティー X は式を使用します。これらの式を解決するために使用される設定プロパティーは新しい iiop-openjdk サブシステム形式に手動で変換する必要があります)

式を使用するプロパティーは管理者が手作業で設定する必要があります。

たとえば、JBoss EAP 6 の jacorb サブシステムは giop-minor-version を定義しました。JBoss EAP 7 の iiop-openjdk サブシステムは giop-version プロパティーを定義します。jacorb サブシステムのマイナーバージョン属性が ${iiop-giop-minor-version} に設定され、システムプロパティーが -Diiop-giop-minor-version=1 ととして standalone.conf ファイルに設定されている場合、管理者は migrate 操作の後にシステムプロパティーの値を 1.1 に変更し、新しいサブシステムが適切に設定されるようにする必要があります。

Can not migrate: the new iiop-openjdk subsystem is already defined (移行できません: 新しい iiop-openjdk サブシステムはすでに定義されています)

メッセージには説明が含まれています。

A.2. Messaging サブシステム移行操作の警告

migrate 操作はすべてのリソースや属性を処理することはできません。messaging サブシステムの migrate または describe-migration 操作を実行すると表示される可能性がある警告の一部を以下に示します。

注記

migrate 操作の出力に「Could not migrate」または「Can not migrate」エントリーが記録された場合、サーバー設定の移行は正常に完了したにも関わらず、すべての要素および属性を自動的に移行できなかったことを表します。「migration-warnings」の提案に従ってこれらの設定を変更する必要があります。

警告メッセージメッセージの意味 / 修正方法

The migrate operation can not be performed: the server must be in admin-only mode (migrate 操作は実行できません。サーバーは admin-only モードである必要があります)

migrate 操作を実行するには、--admin-only パラメーターをサーバー起動コマンドに追加し、サーバーを admin-only モードで起動する必要があります。

$ EAP_HOME/bin/standalone.sh --admin-only

Can not migrate attribute local-bind-address from resource X. Use instead the socket-binding attribute to configure this broadcast-group. (リソース X から属性 local-bind-address を移行できません。代わりに socket-binding 属性を使用してこの broadcast-group を設定してください。)

メッセージには説明が含まれています。

Can not migrate attribute local-bind-port from resource X. Use instead the socket-binding attribute to configure this broadcast-group. (リソース X から属性 local-bind-port を移行できません。代わりに socket-binding 属性を使用してこの broadcast-group を設定してください。)

メッセージには説明が含まれています。

Can not migrate attribute group-address from resource X. Use instead the socket-binding attribute to configure this broadcast-group. (リソース X から属性 group-address を移行できません。代わりに socket-binding 属性を使用してこの broadcast-group を設定してください。)

メッセージには説明が含まれています。

Can not migrate attribute group-port from resource X. Use instead the socket-binding attribute to configure this broadcast-group. (リソース X から属性 group-port を移行できません。代わりに socket-binding 属性を使用してこの broadcast-group を設定してください。)

broadcast-group リソースは local-bind-addresslocal-bind-portgroup-address、または group-port 属性を許可しないようになりました。このリソースは socket-binding 属性のみを許可します。この警告は、リソース X にサポートされない属性があることを通知します。 リソースの socket-binding 属性を手作業で設定し、定義された socket-binding リソースに対応するようにする必要があります。

Classes providing the X are discarded during the migration. To use them in the new messaging-activemq subsystem, you will have to extend the Artemis-based Interceptor. (移行中に X を提供するクラスは破棄されます。新しい messaging-activemq サブシステムでこれらを使用するには、Artemis ベースのインターセプターを拡張する必要があります。)

JBoss EAP 7 のメッセージングインターセプターのサポートは大幅に異なります。以前のバージョンのサブシステムに設定されたインターセプターはすべて移行中に破棄されます。詳細は メッセージングインターセプターの移行を参照してください。

Can not migrate the HA configuration of X. Its shared-store and backup attributes holds expressions and it is not possible to determine unambiguously how to create the corresponding ha-policy for the messaging-activemq’s server. (X の HA 設定は移行できません。 この shared-store および backup 属性は式を保持し、messaging-activemq のサーバーの対応する ha-policy を作成する方法を明確に決定することができません。)

これは、hornetq-server Xshared-store または backup 属性に ${xxx} などの式が含まれ、移行操作が具体的な式に解決できなかったことを意味します。値は破棄され、messaging-activemqha-policy を手作業で更新する必要があります。

Can not migrate attribute local-bind-address from resource X. Use instead the socket-binding attribute to configure this discovery-group. (リソース X から属性 local-bind-address を移行できません。代わりに socket-binding 属性を使用してこの discovery-group を設定してください。)

メッセージには説明が含まれています。

Can not migrate attribute local-bind-port from resource X. Use instead the socket-binding attribute to configure this discovery-group. (リソース X から属性 local-bind-port を移行できません。代わりに socket-binding 属性を使用してこのdiscovery-group を設定してください。)

メッセージには説明が含まれています。

Can not migrate attribute group-address from resource X. Use instead the socket-binding attribute to configure this discovery-group. (リソース X から属性 group-address を移行できません。代わりに socket-binding 属性を使用してこの discovery-group を設定してください。)

メッセージには説明が含まれています。

Can not migrate attribute group-port from resource X. Use instead the socket-binding attribute to configure this discovery-group. (リソース X から属性 group-port を移行できません。代わりに socket-binding 属性を使用してこの discovery-group を設定してください。)

discovery-group リソースは local-bind-addresslocal-bind-portgroup-address、または group-port 属性を許可しないようになりました。socket-binding のみを許可します。この警告は、リソース X にサポートされない属性があることを通知します。リソースの socket-binding 属性を手作業で設定し、定義された socket-binding リソースに対応するようにする必要があります。

Can not create a legacy-connection-factory based on connection-factory X. It uses a HornetQ in-vm connector that is not compatible with Artemis in-vm connector (connection-factory X を基にしてlegacy-connection-factory を作成できません。これは Artemis in-vm コネクターと互換性のない HornetQ in-vm コネクターを使用します。)

JBoss EAP 6 クライアントが JBoss EAP 7 に接続できるようにするため、レガシーの HornetQ リモート connection-factory リソースは legacy-connection-factory リソースに移行されました。しかし、legacy-connection-factory リソースは connection-factory がリモートコネクターを使用しているときのみ作成されます。in-vm クライアントは JBoss EAP 6 ではなく JBoss EAP 7 をベースにしているため、in-vm を使用する connection-factory は移行されません。この警告は、in-vm connection-factory が移行されなかったことを通知します。

Can not migrate attribute X from resource Y. The attribute uses an expression that can be resolved differently depending on system properties. After migration, this attribute must be added back with an actual value instead of the expression. (リソース Y から属性 X を移行できません。属性はシステムプロパティーに応じて異なって解決される式を使用します。移行後、式の代わりに実際の値を用いてこの属性を戻す必要があります。)

この警告は、移行処理中に属性 X を具体的な値に解決できないときに表示されます。値は破棄され、属性を手作業で移行する必要があります。これは以下の場合に発生します。

  • cluster-connection forward-when-no-consumers:

    このブール値属性は、列挙で OFFSTRICT、または ON_DEMAND を値として持つ message-load-balancing-type 属性に置き換えられました。

  • broadcast-group および discovery-groupjgroups-stack および jgroups-channel 属性

    これらの属性は他のリソースを参照し、JBoss EAP 7 ではこれらの式が許可されないようになりました。

Can not migrate attribute X from resource Y. This attribute is not supported by the new messaging-activemq subsystem. (リソース Y から属性 X を移行できません。この属性は新しい messaging-activemq サブシステムによってサポートされません。)

一部の属性は新しい messaging-activemq サブシステムではサポート対象外となり、破棄されます。

  • hornetq-serverfailback-delay
  • http-connectoruse-nio 属性
  • http-acceptoruse-nio 属性
  • remote-connectoruse-nio 属性
  • remote-acceptoruse-nio 属性

Can not migrate attribute failback-delay from resource X. Artemis detects failback deterministically and it no longer requires to specify a delay for failback to occur. (リソース X から 属性 failback-delay を移行できません。フェイルバックは Artemis によって確定的に検出され、フェイルバックの遅延を指定する必要がなくなりました。)

メッセージには説明が含まれています。

非推奨の broadcast-group または discovery-group 属性の置き換え

非推奨の broadcast-group または discovery-group 属性を socket-binding 属性に置き換えるよう通知された場合、管理 CLI を使用して socket-binding 属性を追加できます。

以下の例では、messaging サブシステムに以下の discovery-group 設定が含まれるスタンドアロンサーバーを移行することを前提とします。

<discovery-groups>
    <discovery-group name="my-discovery-group">
        <group-address>224.0.1.105</group-address>
        <group-port>56789</group-port>
    </discovery-group>
</discovery-groups>

messaging サブシステムに対して migrate 操作を実行すると、以下の出力および警告が表示されます。

[standalone@localhost:9999 /] /subsystem=messaging:migrate
{
    "outcome" => "success",
    "result" => {"migration-warnings" => [
        "WFLYMSG0084: Can not migrate attribute group-address from resource [
    (\"subsystem\" => \"messaging-activemq\"),
    (\"server\" => \"default\"),
    (\"discovery-group\" => \"my-discovery-group\")
]. Use instead the socket-binding attribute to configure this discovery-group.",
        "WFLYMSG0084: Can not migrate attribute group-port from resource [
    (\"subsystem\" => \"messaging-activemq\"),
    (\"server\" => \"default\"),
    (\"discovery-group\" => \"my-discovery-group\")
]. Use instead the socket-binding attribute to configure this discovery-group."
    ]}
}

migrate 操作によって、"my-discovery-group" という名前の discovery-group が新しい messaging-activemq サブシステムに作成され、以下のように設定されます。

<discovery-group name="my-discovery-group"/>

ここで、以下の管理 CLI コマンドを使用して、"my-discovery-group-socket-binding" という名前のサーバー設定ファイルに socket-binding 要素を作成する必要があります。

/socket-binding-group=standard-sockets/socket-binding=my-discovery-group-socket-binding:add(multicast-address=224.0.1.105, multicast-port=56789)

次に、以下の管理 CLI コマンドを使用して、新たに作成された socket-binding をサーバー設定ファイルにある messaging-activemq サブシステムの "my-discovery-group" という名前の discovery-group に追加します。

/subsystem=messaging-activemq/server=default/discovery-group=my-discovery-group:write-attribute(name=socket-binding,value=my-discovery-group-socket-binding)

これらのコマンドによって、サーバー設定ファイルに以下の XML が作成されます。

<subsystem xmlns="urn:jboss:domain:messaging-activemq:1.0">
    <server name="default">
        ...
        <discovery-group name="my-discovery-group" socket-binding="my-discovery-group-socket-binding"/>
        ...
    </server>
</subsystem>
...
<socket-binding-group name="standard-sockets" default-interface="public" port-offset="${jboss.socket.binding.port-offset:0}">
    ...
    <socket-binding name="my-discovery-group-socket-binding" multicast-address="224.0.1.105" multicast-port="56789"/>
    ...
</socket-binding-group>

A.3. Web サブシステム移行操作の警告

migrate 操作はすべてのリソースや属性を処理することはできません。web サブシステムの migrate または describe-migration 操作を実行すると表示される可能性がある警告の一部を以下に示します。

注記

migrate 操作の出力に「Could not migrate」または「Can not migrate」エントリーが記録された場合、サーバー設定の移行は正常に完了したにも関わらず、すべての要素および属性を自動的に移行できなかったことを表します。「migration-warnings」の提案に従ってこれらの設定を変更する必要があります。

警告メッセージメッセージの意味 / 修正方法

Migrate operation only allowed in admin only mode (移行操作は管理専用モードのみで許可されます)

migrate 操作を実行するには、--admin-only パラメーターをサーバー起動コマンドに追加し、サーバーを admin-only モードで起動する必要があります。

$ EAP_HOME/bin/standalone.sh --admin-only

Could not migrate resource X (リソース X を移行できませんでした)

以前のリリースの JBoss EAP でこのリソースによって示された動作は移行されませんでした。管理者は JBoss EAP 7 の新しい undertow サブシステムがこの動作を示さずに正しく操作できるかどうか、またはこの動作を手作業で移行する必要があるかどうかを検証する必要があります。

Could not migrate attribute X from resource Y. (リソース Y から属性 X を移行できません。)

以前のリリースの JBoss EAP でこのリソース属性によって示された動作は移行されませんでした。管理者は JBoss EAP 7 の新しい undertow サブシステムがこの動作を示さずに正しく操作できるかどうか、またはこの動作を手作業で移行する必要があるかどうかを検証する必要があります。

Could not migrate SSL connector as no SSL config is defined (定義された SSL 設定がないため SSL コネクターを移行できませんでした)

メッセージには説明が含まれています。

Could not migrate verify-client attribute X to the Undertow equivalent (verify-client 属性 X を Undertow の同等の属性に移行できませんでした)

メッセージには説明が含まれています。

Could not migrate verify-client expression X (verify-clientX を移行できませんでした)

メッセージには説明が含まれています。

Could not migrate valve X (バルブ X を移行できませんでした)

以前のリリースの JBoss EAP でこのバルブによって示された動作は移行されませんでした。管理者は JBoss EAP 7 の新しい undertow サブシステムがこの動作を示さずに正しく操作できるかどうか、またはこの動作を手作業で移行する必要があるかどうかを検証する必要があります。

この警告は以下のバルブに対して発生する可能性があります。

  • org.apache.catalina.valves.RemoteAddrValve

    許可または拒否される値が 1 つ以上必要です。

  • org.apache.catalina.valves.RemoteHostValve

    許可または拒否される値が 1 つ以上必要です。

  • org.apache.catalina.authenticator.BasicAuthenticator
  • org.apache.catalina.authenticator.DigestAuthenticator
  • org.apache.catalina.authenticator.FormAuthenticator
  • org.apache.catalina.authenticator.SSLAuthenticator
  • org.apache.catalina.authenticator.SpnegoAuthenticator
  • カスタムバルブ

Could not migrate attribute X from valve Y (バルブ Y から属性 X を移行できませんでした)

以前のリリースの JBoss EAP でこのバルブ属性によって示された動作は移行されませんでした。管理者は JBoss EAP 7 の新しい undertow サブシステムがこの動作を示さずに正しく操作できるかどうか、またはこの動作を手作業で移行する必要があるかどうかを検証する必要があります。この警告は、以下のバルブ属性に対して発生する可能性があります。

  • org.apache.catalina.valves.AccessLogValve

    • resolveHosts
    • fileDateFormat
    • renameOnRotate
    • encoding
    • locale
    • requestAttributesEnabled
    • buffered
  • org.apache.catalina.valves.ExtendedAccessLogValve

    • resolveHosts
    • fileDateFormat
    • renameOnRotate
    • encoding
    • locale
    • requestAttributesEnabled
    • buffered
  • org.apache.catalina.valves.RemoteIpValve

    • httpServerPort
    • httpsServerPort
    • remoteIpHeader

      定義されていても "x-forwarded-for" に設定されていない場合

    • protocolHeader

      定義されていても "x-forwarded-proto" に設定されていない場合

A.4. リリース間の互換性および相互運用性

ここでは、JBoss EAP 5、JBoss EAP 6、および JBoss EAP 7 リリース間での、クライアントおよびサーバー EJB とメッセージングコンポーネントの互換性および相互運用性について説明します。

IIOP 上の EJB リモーティング

以下の設定では問題が発生しません。

  • JBoss EAP 5 クライアントから JBoss EAP 7 サーバーへの接続
  • JBoss EAP 6 クライアントから JBoss EAP 7 サーバーへの接続
  • JBoss EAP 7 クライアントから JBoss EAP 6 サーバーへの接続
  • JBoss EAP 7 クライアントから JBoss EAP 5 サーバーへの接続

JNDI を使用した EJB リモーティング

以下の設定では問題が発生しません。

  • JBoss EAP 6 クライアントから JBoss EAP 7 サーバーへの接続
  • JBoss EAP 7 クライアントから JBoss EAP 6 サーバーへの接続

JBoss EAP 6 では、EJB 3.1 仕様のサポートが提供され、標準化されたグローバル JNDI ネームスペースが導入されました。JBoss EAP 7 でも標準化されたグローバル JNDI ネームスペースは使用されますが、JNDI ネームスペースの名前が変更になったため、以下の設定は互換性がありません。

  • JBoss EAP 5 クライアントから JBoss EAP 7 または JBoss EAP 6 サーバーへの接続
  • JBoss EAP 7 または JBoss EAP 6 クライアントから JBoss EAP 5 サーバーへの接続

標準化された JNDI ネームスペースの変更に関する詳細は、JBoss EAP 6 移行ガイドJNDI の変更を参照してください。

@WebService を使用した EJB リモーティング

以下の設定では問題が発生しません。

  • JBoss EAP 5 クライアントから JBoss EAP 7 サーバーへの接続
  • JBoss EAP 6 クライアントから JBoss EAP 7 サーバーへの接続
  • JBoss EAP 7 クライアントから JBoss EAP 6 サーバーへの接続
  • JBoss EAP 7 クライアントから JBoss EAP 5 サーバーへの接続

メッセージングスタンドアロンクライアント

以下の設定では問題が発生しません。

  • JBoss EAP 6 クライアントから JBoss EAP 7 サーバーへの接続
  • JBoss EAP 7 クライアントから JBoss EAP 6 サーバーへの接続

以下の設定では、クライアントが汎用 JMS API ではなくメッセージングブローカー専用の HornetQ API を使用すれば接続が可能です。しかし、JBoss EAP 7 に同梱される JBoss EAP レガシー JNDI ネーミング拡張を使用して JNDI ルックアップに対応する必要があります。

  • JBoss EAP 5 クライアントから JBoss EAP 7 サーバーへの接続

プロトコル互換性の問題があるため、JBoss EAP 7 のビルトインメッセージングは JBoss EAP 5 に同梱された HornetQ 2.2.x へは接続できません。そのため、以下の設定は互換性がありません。

  • JBoss EAP 7 クライアントから JBoss EAP 5 サーバーへの接続

メッセージング MDB

以下の設定では問題が発生しません。

  • JBoss EAP 6 クライアントから JBoss EAP 7 サーバーへの接続
  • JBoss EAP 7 クライアントから JBoss EAP 6 サーバーへの接続

以下の設定では、クライアントが汎用 JMS API ではなくメッセージングブローカー専用の HornetQ API を使用すれば接続が可能です。しかし、JBoss EAP 7 に同梱される JBoss EAP レガシー JNDI ネーミング拡張を使用して JNDI ルックアップに対応する必要があります。

  • JBoss EAP 5 クライアントから JBoss EAP 7 サーバーへの接続

プロトコル互換性の問題があるため、JBoss EAP 7 のビルトインメッセージングは JBoss EAP 5 に同梱された HornetQ 2.2.x へは接続できません。そのため、以下の設定は互換性がありません。

  • JBoss EAP 7 クライアントから JBoss EAP 5 サーバーへの接続

JMS ブリッジ

以下の設定では問題が発生しません。

  • JBoss EAP 5 クライアントから JBoss EAP 7 サーバーへの接続
  • JBoss EAP 6 クライアントから JBoss EAP 7 サーバーへの接続
  • JBoss EAP 7 クライアントから JBoss EAP 6 サーバーへの接続
  • JBoss EAP 7 クライアントから JBoss EAP 5 サーバーへの接続

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。