第6章 その他の変更

6.1. JBoss EAP ネイティブおよび Apache HTTP Server の提供に関する変更

JBoss EAP 7 ネイティブは、これまでのリリースとは異なる方法で提供されます。一部のネイティブは、多くの Red Hat JBoss ミドルウェア製品に共通する補完ソフトウェアセットである、新規の Red Hat JBoss Core Services 製品に同梱されるようになりました。新製品では更新のより迅速な配布と一貫性のある更新が可能になります。JBoss Core Services 製品は、Red Hat カスタマーポータルの別の場所からダウンロードできます。

  • 以下の表では、リリースごとの提供方法の違いを示しています。

    パッケージJBoss EAP 6JBoss EAP 7

    メッセージング用 AIO ネイティブ

    別個の "ネイティブユーティリティー" ダウンロードで製品とともに提供。

    JBoss EAP ディストリビューションに含まれます。他のダウンロードは必要ありません。

    Apache HTTP Server

    別個の "Apache HTTP Server" ダウンロードで製品とともに提供。

    新しい JBoss Core Services 製品とともに提供されます。

    mod_cluster、mod_jk, isapi、および nsapi コネクター

    別個の "Webserver コネクターネイティブ" ダウンロードで製品とともに提供。

    新しい JBoss Core Services 製品とともに提供されます。

    JSVC

    別個の "ネイティブユーティリティー" ダウンロードで製品とともに提供。

    新しい JBoss Core Services 製品とともに提供されます。

    OpenSSL

    別個の "ネイティブユーティリティー" ダウンロードで製品とともに提供。

    これは JBoss EAP 7 では廃止されました

    tcnatives

    別個の "ネイティブコンポーネント" ダウンロードで製品とともに提供。

    これは JBoss EAP 7 では廃止されました

  • 以下の変更点にも注意してください。

    • Red Hat Enterprise Linux RPM チャンネルからの Apache HTTP Server と使用される mod_cluster および mod_jk コネクターのサポートは廃止されました。Red Hat Enterprise Linux RPM チャネルから Apache HTTP Server を実行し、JBoss EAP 7 サーバーの負荷分散を設定する必要がある場合は、以下の 1 つを行います。

      • JBoss Core Services によって提供される Apache HTTP Server を使用します。
      • フロントエンドロードバランサーとして動作するよう JBoss EAP 7 を設定できます。詳細は JBoss EAP Configuration GuideConfiguring JBoss EAP as a Front-end Load Balancer を参照してください。
      • 認証済みのサポートされるマシンに Apache HTTP Server をデプロイした後、そのマシンでロードバランサーを実行することができます。サポートされる構成の一覧は、JBoss EAP Configuration GuideOverview of HTTP Connectors を参照してください。
    • HP-UX Web Server Suites からの Apache HTTP Server と使用される mod_cluster および mod_jk コネクターのサポートは廃止されました。HP-UX Web Server Suites から Apache HTTP Server を実行し、JBoss EAP 7 サーバーの負荷分散を設定する必要がある場合は、以下の 1 つを行います。

      • フロントエンドロードバランサーとして動作するよう JBoss EAP 7 を設定できます。詳細は JBoss EAP Configuration GuideConfiguring JBoss EAP as a Front-end Load Balancer を参照してください。
      • 認証済みのサポートされるマシンに Apache HTTP Server をデプロイした後、そのマシンでロードバランサーを実行することができます。サポートされる構成の一覧は、JBoss EAP Configuration GuideOverview of HTTP Connectors を参照してください。
  • 詳細は、Apache HTTP Server Installation GuideJBoss Core Services を参照してください。

6.2. Amazon EC2 でのデプロイメントの変更

JBoss EAP 7 では、Amazon Machine Images (AMI) に複数の変更が加えられました。ここでは、これらの変更の一部を簡単に説明します。

  • 非クラスターおよびクラスターの JBoss EAP インスタンスおよびドメインを Amazon EC2 で起動する方法が大幅に変更されました。
  • JBoss EAP 6 では JBoss EAP の設定に User Data: フィールドが使用されました。JBoss EAP 7 では、User Data: フィールドの設定を分析した AMI スクリプトと、インスタンスの起動時に自動的にサーバーを起動した AMI スクリプトが削除されました。
  • JBoss EAP のこれまでのリリースでは、Red Hat JBoss Operations Network エージェントがインストールされましたが、JBoss EAP 7 では個別にインストールする必要があります。

Amazon EC2 での JBoss EAP 7 のデプロイに関する詳細は、Deploying Red Hat JBoss Enterprise Application Platform on Amazon EC2 を参照してください。


このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。