5.6 リリースノート

Red Hat Enterprise Linux 5

新機能と主な更新点

ロゴ

Red Hat Engineering Content Services

概要

Red Hat Enterprise Linux のマイナーリリースは、個々の拡張機能、セキュリティ、及びバグ修正エラータを集約したものです。Red Hat Enterprise Linux 5.6 のリリースノートは、本マイナーリリースで Red Hat Enterprise Linux 5 オペレーティングシステム及び付随するアプリケーションに加えられた主な変更点を文書化しています。

1. インストーラ

Red Hat Enterprise Linux インストーラ(別名: anaconda)は、Red Hat Enterprise Linux 5 のインストールを支援します。
キックスタートのレポジトリダウンロード再試行機能

キックスタートは、Red Hat Enterprise Linux のインストールにシステム管理者が使用する自動インストールの方法です。キックスタートを使用すると、標準的なインストールにおいて通常質問される事項が全て含まれた、1つのファイルが作成されます。

状況によっては、キックスタートインストール中に一時的に利用できない(Red Hat Network Satellite のオーバーロードなどの理由で)レポジトリから、インストーラがパッケージのダウンロードを試みる場合があります。このため、Red Hat Enterprise Linux 5 の以前のリリースでは、ダウンロードを再試行または中止するにあたって、ユーザーのインプットが必要でした。Red Hat Enterprise Linux 5.6 のインストーラは、レポジトリへの接続を更に数回自動的に再試行し、必要なパッケージが利用可能となった時にダウンロードします。
ドライバサポートの強化

Red Hat Enterprise Linux 5.6 では、インストールプロセス中に必要とされるデバイスのドライバサポートが改善されています。本リリースのインストーラには、以下にあげるドライバとデバイスのサポートが追加されています:

  • Brocade 10G PCIe Ethernet Controller 用の Brocade BNA Ethernet Controller ドライバ
  • Chelsio Terminator4 10G Unified Wire Network Controller 用の cxgb4 ドライバ
  • LSI 3ware 97xx SAS/SATA RAID Controller 用の 3w-sas ドライバ
Red Hat Enterprise Linux 5.6 におけるその他のドライバの更新については、 「デバイスドライバ」 で説明しています。

注記

Red Hat Enterprise Linux 5 インストールガイド ではインストーラ及びインストールプロセスについての詳細なドキュメントを提供しています。