Warning message

This translation is outdated. For the most up-to-date information, please refer to the English version.

Highly Available LVM (HA-LVM) 設定とは何ですか? どのように実装しますか?

Solution Verified - Updated -

Issue

  • クラスターサービスまたはリソースを設定して有効化し、共有 LVM ボリュームを監視する方法は?

  • 共有ストレージへの無制御な同時アクセスは、データの破損につながる可能性があります。ストレージへのアクセスは、その他のアクティブ/パッシブサービスと同様に管理されなければいけないため、一度に 1 台のマシンだけがアクティブになるように設定する必要があります。

  • High Availability クラスターで、LVM ボリュームをアクティブ/パッシブで使用できるように設定する方法はありませんか?

Environment

  • 以下のバージョンの Red Hat Enterprise Linux (RHEL)
    • Red Hat Enterprise Linux 4.5 以降
    • Red Hat Enterprise Linux Server 5 および High Availability または Resilient Storage Add Ons
    • Red Hat Enterprise Linux Server 6 および High Availability または Resilient Storage Add Ons
  • 2 つ以上のモードを持つ Red Hat High Availability Cluster
  • rgmanager または Pacemaker クラスターリソースマネジャー
  • アクティブ/パッシブモードで使用する LVM (一度に 1 つのノードだけが特定のボリュームにアクセスする必要があります)

Subscriber exclusive content

A Red Hat subscription provides unlimited access to our knowledgebase of over 48,000 articles and solutions.

Current Customers and Partners

Log in for full access

Log In