Translated message

A translation of this page exists in English.

"bonding: bond0: link status definitely down for interface eth0, disabling it" というメッセージはどういう意味ですか?

Solution Verified - Updated -

Environment

  • Red Hat Enterprise Linux
  • ネットワークリンクのボンディング

Issue

  • /var/log/messages ログでこれらのメッセージが報告されます。どういう意味でしょうか?
bonding: bond0: link status definitely down for interface eth0, disabling it

Resolution

  • このメッセージは、スレーブインターフェイスがダウンしたと、bonding のリンク監視機能が判断したことを意味します。

Root Cause

ボンディングは リンク監視 を使用して、ボンディングのスレーブが稼働中であることを確認します。

リンクがアップしていることを確認するためにデバイスの状態をチェックする MII 監視 があります。この状態は、デバイスの net_device 構造体のスレーブインターフェイスドライバーによって管理され、netif_carrier_ok() を呼び出すことによってチェックされます。MII は Media Independent Interface の略で、MII はリンクが動作しているかどうかを判断するハードウェアの一部です。

同じ IP ブロードキャストドメイン内の外部システムに Gratuitous ARP トラフィックが送信され、応答が関連するインターフェイスに着信していることをボンドがチェックする ARP 監視 があります。この状態は、ボンディングドライバー内のタイマーによってかなりされ、これらのタイマーは、ARP トラフィックを生成および受信するボンディングドライバーによって変更されます。

ボンディングには、スレーブの障害を検出するためのリンク監視モードが必要です。一度にアクティブにできるのは、2 つのリンクモニターのうち 1 つだけです。両方のリンクモニターを一緒に実行することはできません。

Diagnostic Steps

リンク監視モードがあまり頻繁にチェックされていないことを確認してください。miimon100 ミリ秒以上ごとにチェックする必要があります。arp_interval1000 ミリ秒以上ごとにチェックする必要があります。チェックの頻度が高すぎると、リンク障害の誤検知が発生する可能性があります。

イベントに関する他のログを確認します。ほとんどの NIC は、リンクがダウンするとログに記録します。これらのログがボンディングドライバーメッセージの前に表示される場合には、ハードウェアはリンクが実際にダウンし、リンク障害の原因はオペレーティングシステム以外にあるとみなします。さらにトラブルシューティングを行うには、ログを確認して切り替えるか、ケーブルを抜き差し/交換するか、リモート ARP ターゲットが応答していないかどうかを確認します。

リンク監視カーネル機能が実行できなくなったり、システムタイマーが不正確になったりした場合に、システムが過負荷になっていないことを確認します。これには、平均負荷が高く、ほとんどまたはすべての CPU で割り込み不可能なカーネル機能を実行している必要があります。

This solution is part of Red Hat’s fast-track publication program, providing a huge library of solutions that Red Hat engineers have created while supporting our customers. To give you the knowledge you need the instant it becomes available, these articles may be presented in a raw and unedited form.