RHEL 5、6、7、8 の High Availability クラスターで、totem トークンのタイムアウト値を変更する方法

Solution Verified - Updated -

Issue

  • token のデフォルトのタイムアウト値 が 10 秒の Red Hat Enterprise Linux クラスターがあります。この値を長くして、応答しないノード、ネットワークの中断、または同様の遅延に対するクラスターの回復力を高めたいと考えています。
  • クラスターのポーリングレートを変更する必要があります。
  • クラスターハートビートのトークンのタイムアウト値を変更/増加/修正するにはどうすればよいですか?
  • クラスター内の一時的なネットワーク障害による問題を回避するにはどうすればよいですか?
  • 一時的なネットワークの分割によるクラスターのフェンシングを防ぐにはどうすればよいですか?
  • 障害が発生したノードの検出に必要な時間を増やすにはどうすればよいですか?
  • Red Hat クラスターは、応答しないノードをフェンスするまでどれくらい待機しますか?

Environment

  • Red Hat Enterprise Linux 5 (High Availability アドオン使用)
  • Red Hat Enterprise Linux 6 (High Availability アドオン使用)
  • Red Hat Enterprise Linux 7 (High Availability アドオン使用)
  • Red Hat Enterprise Linux 8 (High Availability アドオン使用)

Subscriber exclusive content

A Red Hat subscription provides unlimited access to our knowledgebase of over 48,000 articles and solutions.

Current Customers and Partners

Log in for full access

Log In