Warning message

This translation is outdated. For the most up-to-date information, please refer to the English version.

スタックガードの不具合 (CVE-2017-1000364) を修正するパッチが適用されたカーネルにアップデートすると JVM がクラッシュする

Solution Unverified - Updated -

Issue

  • Tomcat 8 を実行すると、Java 1.8 で jsvc のコアダンプが記録されます。この問題は、カーネルのバージョン 2.6.32-696.3.2 で発生し始めました。 問題が発生していないシステムと、jsvc のコアダンプを記録するシステムでは、カーネルだけが異なります。
  • kernel-3.10.0-514.21.2.el7.x86_64 にアップデートしたら JVM がクラッシュするようになりました。
  • スタックガードの不具合 (CVE-2017-1000364) を修正するエラータカーネルをインストールしたら、JVM がクラッシュするようになりました。
  • kernel-2.6.18-420.el5 をインストールしたら、さまざまな Java アプリケーションがクラッシュし始めました。
  • スタックガードの修正が含まれるカーネルにアップデート後に発生した JVM のレポートは以下のようになります。
# A fatal error has been detected by the Java Runtime Environment:
#
#  SIGBUS (0x7) at pc=0x00007f0d190f6ec3, pid=17221, tid=0x00007f0d2be12740
#
# Problematic frame:
# j  java.lang.Object.<clinit>()V+0

Environment

  • Red Hat Enterprise Linux 5
  • Red Hat Enterprise Linux 6
  • Red Hat Enterprise Linux 7
  • すべての Java バージョン (Oracle、OpenJDK、1.7、1.8 など) に影響するようです。

Subscriber exclusive content

A Red Hat subscription provides unlimited access to our knowledgebase of over 48,000 articles and solutions.

Current Customers and Partners

Log in for full access

Log In