Microsoft Hyper-V 仮想マシンの実行時に Red Hat Enterprise Linux 6 ゲストがクラッシュする

Solution Verified - Updated -

Environment

  • Microsoft Hyper-V 仮想マシン
  • Red Hat Enterprise Linux 6.4
  • Red Hat Enterprise Linux 6.5

Issue

  • 1 つの NUMA ノードに収まらないメモリーまたは CPU でゲストを設定すると、Microsoft Hyper-V 仮想マシンで実行している Red Hat Enterprise Linux 6.4 または 6.5 ゲストがクラッシュする場合があります。

  • ゲストが起動初期段階で停止します。

Probing EDD (edd-off to disable)... ok                          

......

PANIC: early exception 06 rip 10:ffffffff81c4b4ae error 0 cr2 0 

Resolution

  • この問題を回避するには、仮想ゲストの grub.conf ファイルのカーネル行に起動時のパラメーター "numa=off" を追加して、ゲストで NUMA サポートを無効にします。このパラメータは、1 つの NUMA ノードに収まらないゲストのパフォーマンスに影響する可能性があります。

  • この修正は Red Hat Bugzilla bug 979364 (非公開) で対応され、このエラータがリリースされました。

This solution is part of Red Hat’s fast-track publication program, providing a huge library of solutions that Red Hat engineers have created while supporting our customers. To give you the knowledge you need the instant it becomes available, these articles may be presented in a raw and unedited form.