glibc-* アップデートでカスタムロケールを保存する

Solution Unverified - Updated -

Issue

  • glibc-* を更新する時にカスタムロケールを保存するにはどうしたら良いですか?
  • glibc-* を更新すると、カスタマイズしたロケール情報が削除されるのはなぜですか?
  • glibc-common を再インストールした後、カスタムロケールを保存するにはどうしたら良いですか?
  • glibc と依存パッケージをアップデートすると、# locale -a の出力からロケール情報がなくなります。

    # localedef -f WINDOWS-31J -i ja_JP ja_JP.SJIS
    
    # locale -a | grep ja
    ja_JP
    ja_JP.eucjp
    ja_JP.sjis   <===  here it is.
    ja_JP.ujis
    ja_JP.utf8
    japanese
    japanese.euc
    
    # yum update glibc -y
    (..SNIP..)
    
    # locale -a | grep ja
    ja_JP
    ja_JP.eucjp
    ja_JP.ujis
    ja_JP.utf8
    japanese
    japanese.euc
    
     /*  ja_JP.sjis is missing  */
    

    何が起きたのでしょうか?ロケール情報は再定義する必要がありますか?

Environment

  • Red Hat Enterprise Linux
    • 5.x
    • 6.x
    • 7.x
  • glibc
  • glibc-common

Subscriber exclusive content

A Red Hat subscription provides unlimited access to our knowledgebase of over 48,000 articles and solutions.

Current Customers and Partners

Log in for full access

Log In