Warning message

This translation is outdated. For the most up-to-date information, please refer to the English version.

RHEL 6 および RHEL 7 で VGA コンソールのテキスト解像度を 80x25 に設定する方法

Solution Verified - Updated -

Environment

  • Red Hat Enterprise Linux (RHEL) 6, 7

Issue

  • テキストコンソールを、RHEL 6 および RHEL 7 がデフォルトで使用する高い解像度ではなく、80x25 に設定するにはどうすれば良いですか? これは、特定のブレードシャーシで使用されるリモート管理機能で必要になります。
  • append vga=normal を PXE オプションに追加しても解像度は変更しません。

Resolution

この (英語版の) 記事が作成された時点では、VGA コンソールのテキスト解像度を設定するには、以下の 2 つの方法が利用できました。カーネルの起動オプションを変更する方法については、こちらのナレッジベースを参照してください。

  • カーネル行で "video=640x480" パラメーターを使用します。

    または

  • "nomodeset" カーネルパラメーターで起動して、KMS (Kernel Mode Setting) を無効にします。このモードでのコンソールテキストのサイズが正しくない場合は、nomodeset の後ろに vga=normal を追加します。

免責条項: "nomodeset"" カーネルパラメーターで起動すると Kernel Mode Setting が無効になり、ディスプレイが強制的にレガシーモードに戻ります。このオプションを使用すると電源管理が無効になり、一時停止、マルチヘッドサポート、出力ホットプラグ、アクセレーションなどの機能が壊れます。Red Hat エンジニアリングチームは、"video=" オプションを代わりに使用すると推奨しています。

Root Cause

テキストコンソールで高い解像度が確認されるのは、RHEL 6 で導入された Kernel Mode Setting (KMS) が原因です。

カーネルは、ビデオドライバーが有効になるまえの初期段階で、vga= の値でコンソールを起動します。ビデオドライバーが有効になると、別のビデオモードが適用されます。各ビデオドライバーから video= パラメーターが確認される場合があります。これは、指定したモードが、ドライバーが起動したあとに有効であることを示しています。これは、ビデオパラメーターの値を使用している場合に限り、ドライバーによって異なります。

Diagnostic Steps

vga=ask を、vga= パラメーターに利用できる値の一覧に追加します。

This solution is part of Red Hat’s fast-track publication program, providing a huge library of solutions that Red Hat engineers have created while supporting our customers. To give you the knowledge you need the instant it becomes available, these articles may be presented in a raw and unedited form.