Warning message

This translation is outdated. For the most up-to-date information, please refer to the English version.

Red Hat OpenStack Platform および Red Hat Enterprise Virtualization で認定されたゲストオペレーティングシステム

Updated -

以下の表は、以下の製品で使用される Red Hat Enterprise Virtualization Hypervisor が含まれるゲストのオペレーティングシステムとして使用することが認定されサポートされている Red Hat とサードパーティーのオペレーティングシステムを示しています。

 - Red Hat Enterprise Virtualization
 - Red Hat OpenStack Platform
 - Red Hat Cloud Infrastructure

認定ゲストオペレーティングシステム

以下の表は、Red Hat Enterprise Virtualization Hypervisor が含まれるゲストのオペレーティングシステムとして使用することが認定され、サポートされている Red Hat とサードパーティーのオペレーティングシステムを示しています。Red Hat Enterprise Virtualization Hypervisor は以下の製品に統合され、使用されます。

  • Red Hat Enterprise Virtualization
  • Red Hat OpenStack Platform
  • Red Hat Cloud Infrastructure

また、Red Hat は、密度の低い単一マシンの仮想化に使用される KVM が含まれる Red Hat Enterprise Linux を提供します。KVM が含まれる Red Hat Enterprise Linux で使用される認定されたゲストオペレーティングシステムの詳細については、Red Hat Enterprise Linux の KVM で認定されているゲスト OS を参照してください。

オペレーティングシステム
アーキテクチャー
Red Hat Enterprise Virtualization Hypervisor バージョン
SPICE サポート
サポート階層
7
6
5
Red Hat Enterprise Linux 3 32 ビット、64 ビット (x86)
階層 1
Red Hat Enterprise Linux 4 32 ビット、64 ビット (x86)
階層 1
Red Hat Enterprise Linux 5 32 ビット、64 ビット (x86)
階層 1
Red Hat Enterprise Linux 6 32 ビット、64 ビット (x86)
4
階層 1
Red Hat Enterprise Linux 7 64 ビット (x86)
4
階層 1
Microsoft Windows Server 2008 32 ビット、64 ビット (x86)
1
1
1
5
階層 1
Microsoft Windows Server 2008 R2 64 ビット (x86)
1
1
1
5
階層 1
Microsoft Windows Server 2012 64 ビット (x86)
1
1
1
階層 1
Microsoft Windows Server 2012 R2 64 ビット (x86)
1
1
1
階層 1
Microsoft Windows 7 32 ビット、64 ビット (x86)
1
1
1
4
階層 1
Microsoft Windows 8 32 ビット、64 ビット (x86)
1
1
1
階層 1
Microsoft Windows 8.1 32 ビット、64 ビット (x86)
1
1
1
階層 1
Microsoft Windows 10 32 ビット、64 ビット (x86)
1
1
1
階層 1
SUSE Linux Enterprise Server 10 32 ビット、64 ビット (x86)
2
2
2
階層 2
SUSE Linux Enterprise Server 11 32 ビット、64 ビット (x86)
2
2
2
3
階層 2
SUSE Linux Enterprise Server 12 32 ビット、64 ビット (x86)
2
2
2
3
階層 2


  1. ベストパフォーマンスを得るには、準仮想化 I/O ドライバー (virtio-win) を Windows ゲストにインストールする必要があります。ドライバーは、Red Hat Enterprise Linux ホスト OS の Supplementary チャンネルで、イメージとして利用できます。詳細についてはこちらの記事を参照してください。証明書の詳細については Microsoft SVVP site を参照してください。
  2. Red Hat は、ゲストオペレーティングシステムの最新サービスパックをテストし、サポートしています。Red Hat のハイパーバイザーの問題を解決するために、特定バージョンのゲストオペレーティングシステムを提供しているベンダーと連携します。ユーザー、またはベンダーサポートのゲストオペレーティングシステムを提供するパートナーは、そのオペレーティングシステムのベンダーにお問い合わせください。ベンダーが Red Hat の担当者と連携して問題を解決します。
  3. SPICE ドライバー (QXL) は Red Hat からは提供していません。ただし、ディストリビューションのベンダーがディストリビューションの一部として SPICE ドライバーを提供する場合もあります。
  4. SPICE は、Red Hat Enterprise Linux 6.7、Red Hat Enterprise 7.0 以上、および Windows 7 で完全にサポートされています。Red Hat Enterprise Linux 7.0、Red Hat Enterprise Linux 7.1、および Red Hat Enterprise Linux 6.6 には 階層 2 レベルのサポートが適用されます。
  5. SPICE は、これらのゲストオペレーティングシステムでの spice-vdagent の実行時にサポートされますが、テストは行われていません。

IBM Power 用にサポートされているゲストオペレーティングシステム

以下は、rhev-qemu-kvm カーネルモジュールが IBM POWER8 ハードウェアで使用される Red Hat Enterprise Linux ホストを含むゲストオペレーティングシステムとして使用される Red Hat およびサードパーティーのオペレーティングシステムの一覧です。IBM POWER8 ハードウェアの Red Hat Enterprise Linux ホストは以下の製品に統合され、これらの製品内で使用されます。

  • Red Hat Enterprise Virtualization
オペレーティングシステム
仮想マシンアーキテクチャー
ハイパーバイザーアーキテクチャー
Red Hat Enterprise Linux ホストのバージョン
SPICE サポート
サポート階層
7
6
5
Red Hat Enterprise Linux 6.5 PPC64BE PPC64LE
階層 1
Red Hat Enterprise Linux 6.6 PPC64BE PPC64LE
階層 1
Red Hat Enterprise Linux 6.7 PPC64BE PPC64LE
階層 1
Red Hat Enterprise Linux 7.1 PPC64BE PPC64LE
階層 1
Red Hat Enterprise Linux 7.1 PPC64LE PPC64LE
階層 1
Red Hat Enterprise Linux 7.2 PPC64BE PPC64LE
階層 1
Red Hat Enterprise Linux 7.2 PPC64LE PPC64LE
階層 1
SUSE Linux Enterprise Server 11 SP4 PPC64BE PPC64LE
階層 2
SUSE Linux Enterprise Server 12 PPC64LE PPC64LE
階層 2

注意: Red Hat Enterprise Virtualization は IBM POWER8 ハードウェアでの RHEV-H の最小オペレーティングシステムのインストールをサポートしていません。

サポート階層

グローバルサポートサービスは以下の 2 つの層に従って、ゲストのオペレーティングシステムにサポートを提供します。

  • 階層 1: Red Hat は、ハイパーバイザーとゲストオペレーティングシステムの組み合わせをテストし、認証し、その組み合わせをサポートします。Red Hat にサポートについての問い合わせをすることができます。
  • 階層 2: Red Hat は、ハイパーバイザーとゲストオペレーティングシステムの組み合わせを使用するユーザーにハイパーバイザーサポートを提供します。ハイパーバイザーのサポートは Red Hat に、ゲストオペレーティングシステムのサポートはベンダーにご連絡ください。ゲストオペレーティングシステムの問題がハイパーバイザー問題に関連する場合は、問題の解決に向けてベンダーと連携します。
  • 注意: ゲストオペレーティングシステムが一覧に表示されていない場合は、そのゲストオペレーティングシステムのサポートは Red Hat の サードパーティーのソフトウェアサポートポリシー に基づいて提供されます。
    • Red Hat は、サポートされているライフサイクル期間を過ぎたゲストオペレーティングシステムのハイパーバイザーサポートを継続して提供することを選択する場合があります。ただし、お客様にはライフサイクル期間の終了した製品のサポートに関連するゲストオペレーティングシステムのベンダーサポートポリシーを確認することをお勧めします。

製品バージョン

このセクションでは、Red Hat 製品に含まれる Red Hat Enterprise Virtualization Hypervisor のバージョンの概要を示します。適切なバージョンの一覧は、各製品の表を参照してください。

Red Hat OpenStack Platform

以下の表は、Red Hat OpenStack Platform に含まれる Red Hat Enterprise Virtualization Hypervisor モジュールのバージョンの概要になります。

Red Hat OpenStack Platform バージョン Red Hat Enterprise Virtualization Hypervisor バージョン
3.0 6.4 以降
4.0 6.4 以降
5.0 6.4 以上、7.0 以上
6.0 7.2 以上
7.0 7.2 以上
8.0 7.2 以上

Red Hat Enterprise Virtualization

以下の表は、Red Hat Enterprise Virtualization に含まれる Red Hat Enterprise Virtualization Hypervisor モジュールのバージョンの概要になります。

Red Hat Enterprise Virtualization のバージョン Red Hat Enterprise Virtualization Hypervisor バージョン
3.0 6.2 以上
3.2 6.3 以上
3.3 6.4 以降
3.3 6.5 以上
3.4 6.5 以上
3.5 6.6 以上、7.1 以上
3.6 7.2 以上
4.0 7.2 以上

Was this helpful?

We appreciate your feedback. Leave a comment if you would like to provide more detail.
It looks like we have some work to do. Leave a comment to let us know how we could improve.
Close

Welcome! Check out the Getting Started with Red Hat page for quick tours and guides for common tasks.