Translated message

A translation of this page exists in English.

Camel K でサポートされる構成

更新 -

Red Hat は、サポートされる構成とテスト済みの統合に対して、本番稼働サポートと開発サポートの両方をお客様のサブスクリプション契約に従って提供します。[1]

Camel K 1.6 GA

Camel K 1.6 でサポートされるプラットフォーム

Camel K をサポートされる構成で実行するには、OpenShift Container Platform (OCP) と Java のサポート対象の組み合わせで実行する必要があります。この Camel K リリースでは、以下の組み合わせまたは製品がサポートされます。

製品 バージョン
Red Hat OpenShift Container Platform (OCP) 4.6、4.9
Red Hat OpenShift Dedicated (OSD) 4
Java 仮想マシン OpenJDK 11[2]

Camel K 1.6 でテスト済みの構成

JVM モードだけ を使用して、以下のテスト済みの構成でさまざまなプラットフォームテストが実施されています。

プラットフォーム コンテナーイメージ
OCP 4.6、4.9 Red Hat OpenJDK 11[2]

Camel K 1.6 でサポートされるメッセージングプロバイダー

以下のメッセージングプロバイダーが Camel K でテストされています。

ブローカー バージョン
AMQ Broker 7.9
AMQ Streams 1.8.2

Camel K 1.6 でサポートされるデータベースインテグレーション

以下のデータベースが Camel K でテストされています。

データベース バージョン
PostgreSQL 13.2、11.5
MySQL 8.0、5.7
MariaDB 10.3
Microsoft SQLServer Linux 2019 (15.00)、2017 (14.00)
Oracle 18.3
DB2 11.5

Camel K 1.6 Serverless でテスト済みの構成

JVM モードだけ を使用して、以下のテスト済みの構成でさまざまなサーバーレスプラットフォームテストが実施されています (ネイティブモードはまだサポートされません)。

サーバーレスプラットフォーム JVM コンテナーイメージ
OCP 4.9 上の OpenShift Serverless 1.19.0 Red Hat OpenJDK 11
OCP 4.6 上の OpenShift Serverless 1.19.0 Red Hat OpenJDK 11

Camel K 1.4 GA

Camel K 1.4 でサポートされるプラットフォーム

Camel K をサポートされる構成で実行するには、OpenShift Container Platform (OCP) と Java のサポート対象の組み合わせで実行する必要があります。この Camel K リリースでは、以下の組み合わせまたは製品がサポートされます。

製品 バージョン
Red Hat OpenShift Container Platform (OCP) 4.6、4.7、4.8
Red Hat OpenShift Dedicated (OSD) 4
Java 仮想マシン OpenJDK 11[2]

Camel K 1.4 でテスト済みの構成

JVM モードだけ を使用して、以下のテスト済みの構成でさまざまなプラットフォームテストが実施されています。

プラットフォーム コンテナーイメージ
OCP 4.6、4.7 Red Hat OpenJDK 11[2]

Camel K 1.4 でサポートされるメッセージングプロバイダー

以下のメッセージングプロバイダーが Camel K でテストされています。

ブローカー バージョン
AMQ Broker 7.8
AMQ Streams 1.7

Camel K 1.4 でサポートされるデータベースインテグレーション

以下のデータベースが Camel K でテストされています。

データベース バージョン
PostgreSQL 10.1、11.5、11.11、12.5、12.6、13.2
MySQL 5.7、8.0
MariaDB 10.3、10.4、10.5
Microsoft SQLServer Linux 2017-CU22、2019-CU6

Camel K 1.4 Serverless でテスト済みの構成

JVM モードだけ を使用して、以下のテスト済みの構成でさまざまなサーバーレスプラットフォームテストが実施されています (ネイティブモードはまだサポートされません)。

サーバーレスプラットフォーム JVM コンテナーイメージ
OCP 4.7 上の OpenShift Serverless 1.16.0 Red Hat OpenJDK 11
OCP 4.6 上の OpenShift Serverless 1.16.0 Red Hat OpenJDK 11

[1] Red Hat では、サポートされる環境をお客様が引き続き利用されることを前提としています。ベンダーが JVM、オペレーティングシステム、データベースなどのサポートを終了した場合 (特定のバージョンのサポートを含む) は、Red Hat が提供するサポートが限定される可能性があります。サポートを継続するには、サポートされる環境における問題再現をお客様にお願いする場合があります。

[2] Red Hat は、OpenJDK のサポートを Red Hat Enterprise Linux (RHEL) および Windows 向け OpenJDK の Red Hat ビルドに限定しています。