Translated message

A translation of this page exists in English.

Red Hat Data Grid 8 でサポートされる構成

更新 -

Red Hat Data Grid (RHDG) のすべてのリリースは、Red Hat OpenShift および主要なオペレーティングシステム、Java™ 仮想マシン (JVM)、データベースのさまざまな組み合わせについてテストされ、サポートされています。

OpenShift 向け Data Grid Operator

このセクションでは、現在のバージョンの Data Grid Operator のサポート詳細を一覧にして説明します。以前のバージョンの Data Grid for OpenShift イメージは非推奨になりました。

Red Hat では、以下のバージョンの OpenShift Container Platform 上で Data Grid をサポートします。ただし、最新の機能および改善されたセキュリティー機能を利用するには、常に利用可能な最新バージョンの Red Hat OpenShift を使用する必要があります。

Data Grid Operator のバージョン OpenShift Container Platform のバージョン
Data Grid Operator 8.2 4.6、4.7
Data Grid Operator 8.1 4.4、4.5、4.6
Data Grid Operator 8.0 4.2 および 4.3

この アーティクル で、OpenShift 上の Red Hat ミドルウェア製品に対するサポートポリシーの詳細を説明します。

この アーティクル で、コンテナー化されたイメージで Red Hat ミドルウェア製品を実行する際の詳細なサポート情報を説明します。

サポートされる構成

Red Hat は、サポートされる構成に対して、本番稼働サポートと開発サポートの両方をお客様のサブスクリプション契約に従って提供します。サポートは、物理環境と仮想環境の両方で提供されます。サポートされる構成で実行するには、以下の JVM バージョンのいずれか、およびその JVM のサポート対象になっているオペレーティングシステムのいずれかで、JDG を実行する必要があります。プラットフォームの互換性について、Red Hat は基礎となる JVM のテストおよび認定プロセスに依存します。Red Hat による OpenJDK のサポートは、Red Hat Enterprise Linux に限定されます。

テスト済みの構成

テスト済みの構成とは、検証が行われ、推奨されているオペレーティングシステム、チップアーキテクチャー、JVM、およびデータベースの組み合わせの定義済みセットを指します。これらは、JBoss Enterprise Middleware を使用しているお客様が選択される最も一般的な組み合わせです。

以下のテスト済みの構成に対して、Red Hat は幅広いプラットフォームテストを実施しています。

サポートされる構成: Red Hat Data Grid 8.2、8.1、および 8.0

Java 仮想マシン バージョン
OpenJDK 1.8* および 11
Oracle JDK 1.8* および 11
IBM JDK 1.8*
Azul Zing 1.8*
  • Data Grid Server は、Java 11 でサポートされます。
  • Data Grid の組み込みモードは、Java 1.8 および Java 11 でサポートされます。
  • Hot Rod Java クライアントは、Java 1.8 および Java 11 でサポートされます。

テスト済みの構成: Red Hat Data Grid 8.2

オペレーティングシステムおよびチップセットアーキテクチャー Open JDK
Red Hat Enterprise Linux 8.3 x86_64 1.8* および 11
Red Hat Enterprise Linux 7.9 x86_64 1.8* および 11
Windows Server 2019 1.8* および 11
  • Data Grid Server は、Java 11 でのみテストされています。

Red Hat Data Grid 8.2 リリースの一部として、以下のデータベースおよびデータベースドライバーがテストされています。

データベース バージョン (JDBC Driver のバージョン)
MySQL 8.0.12 MySQL Connector/J 8.0.23
MariaDB 10.1.19 MariaDB Connector/J 2.7.2
MariaDB Galera Cluster 10.1.19 MariaDB Connector/J 2.7.2
IBM DB2 Enterprise e11.1 IBM DB2 JDBC Universal Driver Architecture 4.25.1301
Oracle 19c RAC 19.3.0.0.0 Oracle JDBC ドライバー: JDK11 では ojdbc8.jar または ojdbc10.jar バージョン 19.6 が使用されます。JDK8 では ojdbc8.jar バージョン 19.3 が使用されます。
PostgreSQL 11.5 JDBC4 Postgresql Driver、バージョン 42.2.8
Microsoft SQL Server 2017 Microsoft JDBC Drivers 9.2.0 (.jre8.jar)
Enterprise DB Postgres Plus Advanced Server 11.6.13 Postgres Plus Advanced Server Driver (42.2.8.1-1)
Sybase ASE 16.0 (SP02) Sybase JDBC(TM)/16.0 GA (Build 27008)/P/EBF22326

組み込みモードは、以下のコンテナーでテストされています。

RHDG はランタイム用のアプリケーションサーバーを必要としません。また RHDG は、サポート対象の JVM でコンテナーを使用せずにアプリケーションと共にデプロイされた場合にサポートされます。RHDG 8.2

アプリケーションコンテナー バージョン
JBoss Enterprise Application Platform 7 7.3.6
JBoss Web Server (Tomcat 9) 5.4.0

RocksDB をキャッシュストアとして使用し、RHDG 8.2 は以下の項目との組み合わせでテストされています。

オペレーティングシステムおよびチップセットアーキテクチャー Open JDK
Red Hat Enterprise Linux 8.3 x86_64 1.8、11
Windows Server 2019 1.8、11

Apache Camel コンポーネントは、以下の Red Hat Integration 製品でテストされています。

製品 バージョン
JBoss Fuse 7.9

Red Hat Fuse が「Software Downloads」で提供する camel-infinispan コンポーネントをダウンロードして使用する必要があります。

詳細は、ドキュメント『Apache Camel Component Reference』「Infinispan Component」セクションを参照してください。『Apache Camel Component Reference』は、Red Hat Fuse の製品ドキュメント から参照することができます。

以下の製品についても、RHDG 8.2 とのインテグレーションがテストされています。

製品 バージョン
Spring 5
Spring Boot 2.4.3 (Spring 5)
LDAP Red Hat Directory Server 10 (認証用)

Red Hat Data Grid 8.2 の管理コンソールは、以下のブラウザーでテストされています。

ブラウザー プラットフォーム
Mozilla Firefox Linux

テスト済みの構成: Red Hat Data Grid 8.1

オペレーティングシステムおよびチップセットアーキテクチャー Open JDK
Red Hat Enterprise Linux 8 x86_64 1.8* および 11
Red Hat Enterprise Linux 7 x86_64 1.8* および 11
Windows Server 2019 1.8* および 11
  • Data Grid Server は、Java 11 でのみテストされています。

Red Hat Data Grid 8.1 リリースの一部として、以下のデータベースおよびデータベースドライバーがテストされています。

データベース バージョン (JDBC Driver のバージョン)
MySQL 8.0.12 MySQL Connector/J 8.0.18
MariaDB 10.1.19 MariaDB Connector/J 2.4.4
MariaDB Galera Cluster 10.1.19 MariaDB Connector/J 2.4.4
IBM DB2 Enterprise e11.1 IBM DB2 JDBC Universal Driver Architecture 4.25.1301
Oracle 19c RAC 19.3.0.0.0 Oracle JDBC ドライバー: JDK11 では ojdbc8.jar または ojdbc10.jar バージョン 19.6 が使用されます。JDK8 では ojdbc8.jar バージョン 19.3 が使用されます。
PostgreSQL 11.5 JDBC4 Postgresql Driver、バージョン 42.2.8
Microsoft SQL Server 2017 Microsoft JDBC Drivers 7.4.1.0 (.jre8.jar)
Enterprise DB Postgres Plus Advanced Server 11.6 Postgres Plus Advanced Server Driver (42.2.8.1-1)
Sybase ASE 16.0 (SP02) Sybase JDBC driver v16

組み込みモードは、以下のコンテナーでテストされています。

RHDG はランタイム用のアプリケーションサーバーを必要としません。また RHDG は、サポート対象の JVM でコンテナーを使用せずにアプリケーションと共にデプロイされた場合にサポートされます。RHDG 8.1

アプリケーションコンテナー バージョン
JBoss Enterprise Application Platform 7 7.3.0
JBoss Web Server (Tomcat 9) 5.3.0

RocksDB をキャッシュストアとして使用し、RHDG 8.1 は以下の項目との組み合わせでテストされています。

オペレーティングシステムおよびチップセットアーキテクチャー Open JDK
Red Hat Enterprise Linux 8 x86_64 1.8、11
Windows Server 2019 1.8、11

以下の製品についても、RHDG 8.1 とのインテグレーションがテストされています。

製品 バージョン
Spring 5
Spring Boot 2.3.x (Spring 5)
LDAP Red Hat Directory Server 10 (認証用)

Red Hat Data Grid 8.1 の管理コンソールは、以下のブラウザーでテストされています。

ブラウザー バージョン プラットフォーム
Mozilla Firefox 74.0 Linux

テスト済みの構成: Red Hat Data Grid 8.0

オペレーティングシステムおよびチップセットアーキテクチャー Open JDK
Red Hat Enterprise Linux 8 x86_64 1.8* および 11
Red Hat Enterprise Linux 7 x86_64 1.8* および 11
  • Data Grid Server は、Java 11 でのみテストされています。

Red Hat Data Grid 8.0 リリースの一部として、以下のデータベースおよびデータベースドライバーがテストされています。

データベース バージョン (JDBC Driver のバージョン)
MySQL 8.0 MySQL Connector/J 8.0.18
MariaDB 10.1.19 MariaDB Connector/J 2.4.4
MariaDB Galera Cluster 10.1.19 MariaDB Connector/J 2.4.4
IBM DB2 Enterprise e11.1 IBM DB2 JDBC Universal Driver Architecture 4.25.1301
Oracle 19c RAC Oracle JDBC Driver v19.3.0.0 (ojdbc8.jar)
PostgreSQL 11.5 JDBC4 Postgresql Driver、バージョン 42.2.8
Microsoft SQL Server 2017 Microsoft JDBC Drivers 7.4.1.0 (.jre8.jar)
Enterprise DB Postgres Plus Advanced Server 11.6 Postgres Plus Advanced Server Driver (42.2.8.1-1)
Sybase ASE 16.0 (SP02) Sybase JDBC driver v16

組み込みモードは、以下のコンテナーでテストされています。

RHDG はランタイム用のアプリケーションサーバーを必要としません。また RHDG は、サポート対象の JVM でコンテナーを使用せずにアプリケーションと共にデプロイされた場合にサポートされます。RHDG 8.0

アプリケーションコンテナー バージョン
JBoss Enterprise Application Platform 7 7.3.0
JBoss Web Server (Tomcat 9) 5.2.0

RocksDB をキャッシュストアとして使用し、RHDG 8.0 は以下の項目との組み合わせでテストされています。

オペレーティングシステムおよびチップセットアーキテクチャー Open JDK
Red Hat Enterprise Linux 8 x86_64 1.8、11
Red Hat Enterprise Linux 7 x86_64 1.8、11

以下の製品についても、RHDG 8.0 とのインテグレーションがテストされています。

製品 バージョン
Spring 4 および 5
Spring Boot 1.5.x (Spring 4) および 2.1.x (Spring 5)
LDAP Red Hat Directory Server 10 (認証用)

Red Hat Data Grid 8.0 の管理コンソールは、以下のブラウザーでテストされています。

ブラウザー バージョン プラットフォーム
Mozilla Firefox 74.0 Linux