OpenShift Container Platform 3.x のテスト済みインテグレーション

更新 -

テスト済みインテグレーションとは、特定してテストを行った統合技術の規定セットで、OpenShift で使用、推奨される最も一般的な組み合わせに対応しています。これらのインテグレーションには、Red Hat が直接または認定パートナーを通して、製品リリースプロセスの一環として幅広いプラットフォームテストを実施しています。このテストの過程で確認された問題は、OpenShift Container Platform のリリースノートに明記されています。

このテスト済みインテグレーションの一覧は、今後さらに増えていきますが、このページでは、マイナーバージョンが一般提供された時点での OpenShift のサポート対象のみに限定しています。これは、リストに記載されていない他の構成が「テスト済み」、「サポート対象」である可能性があることを意味します。 一般的な例として、RHEL マイナーバージョンの更新に対する OCP のサポートがあります。RHEL と OCP には別々のライフサイクルがあるため、RHEL は更新 (例: 7.Y へ更新) できますが、このページでは、たとえば OCP 3.Y までのみが、7.Y-1 で「テスト/サポート」されます。 RHEL (およびその更新) の場合、これらのタイプの構成は常に「テスト」および「サポート」されますが、一般提供の開始 (GA) 時に OCP がサポートしたものをキャプチャーするため、このドキュメントはこれを反映しない場合があります。

たとえば、以下の表では、7.3、7.4 は OCP 3.6. の時点でのテスト済みバージョンであることがわかります。つまり、これらの組み合わせを
OCP 3.6 の一般提供 (GA) のタイミングでテストしたことになります。Red Hat は、OCP 3.6 と RHEL 7.5 以降のバージョンの組み合わせに対するサポートを提供します。

Red Hat は、お客様のサブスクリプション契約に応じて、テスト済みインテグレーションに対する実稼働サポートおよび開発サポートを提供します。同じメジャーバージョンであればテスト済みのバージョン以降もサポートされます。同じメジャーバージョンとなるテスト済みインテグレーションの以前のバージョンは、商業的に合理的な範囲でサポートされます。

プラットフォームコンポーネント

オペレーティングシステム 3.0 3.1 3.2 3.3 3.4 3.5 3.6 3.7 3.9 3.10 3.11
Red Hat Enterprise Linux (RHEL) 7.1 7.2, 7.1 7.2, 7.1 7.2,7.1 7.2,7.3 7.2,7.3 7.3,7.4 7.3,7.4 7.3,7.4,7.5 7.4,7.5 7.4,7.5
Red Hat Atomic Host 7.21 7.2 7.2 7.2 7.3 7.3 7.3,7.42 7.3,7.43 7.4,7.5 7.5 7.5
インストーラーコンポーネント 3.0 3.1 3.2 3.3 3.4 3.5 3.6 3.7 3.9 3.10 3.11
Ansible 1.9.4* 1.9.4* 2.2.0.0* 2.2.0.0* 2.2.0.0* 2.2.1.0* 2.2.3.0*, 2.3.1.0* 2.3.1.0*, 2.3.2.0*4 2.4.3.0** 2.4.5** 2.6.4**
  • OCP が提供するチャンネルと RHEL-Extras チャンネルの両方またはいずれか一方の OCP で、テスト済みおよびサポート対象である Ansible パッケージは、「**」印がついています。
  • Ansible が提供するチャンネルの OCP でテスト済みおよびサポート対象のパッケージは、「**」印がついています。
  • epel などから提供される Ansible の他のバージョンまたはオファリングは推奨されず、テストもされないため、サポートされません。
コンポーネント 3.0 3.1 3.2 3.3 3.4 3.5 3.6 3.7 3.9 3.10 3.11
コアコンポーネント
docker 1.8.2 1.8.2 1.9.1-x, 1.10.3-x5 1.10.3-x 1.12.3.x 1.12.6.x 1.12.6.x 1.12.6.x 1.13.1-x 1.13.1-x 1.13.1-x
CRI-O - - - - - - - - 1.9.x 1.10.x 1.11.x
Kubernetes 1.1.0 1.1.0 1.2.0 1.3.0 1.4.0 1.5.2 1.6.1 1.7.6 1.9.1 1.10.0 1.11.0
etcd 2.1.1 2.1.1 2.2.5 2.3.7 3.0.x 3.0.x 3.1.x 3.2.x 3.2.x 3.2.x 3.2.2
etcd3 - - - - - 3.1.x 3.1.x 非推奨 (etcd image) - - -
OpenVswitch (rpm) 2.3.2 2.4.0 2.4.0 2.40 2.4.0 2.6.0 2.6.1,2.7.0 2.7.0 2.7.3 2.9.0 2.9.0
アプリケーションルーティング
haproxy (ルーター) 1.5.14 1.5.14 1.5.14 1.5.14 1.5.18 1.5.18 1.5.18 1.5.18 1.8.1 1.8.8 1.8.14
F5 BIG-IP™6 11.6.0 11.6.0 11.6.0 11.6.0 12.1.1 12.1.1 12.1.1 12.1.1 12.1.1 12.1.1 -
keepalived 1.2.13 1.2.13 1.2.13 1.2.13 1.2.13 1.2.13 1.3.5 1.3.5 1.3.5 1.3.5 1.3.5
クラスタリングと高可用性 (HA)
haproxy (ネイティブのロードバランサー) - 1.5.14 1.5.14 1.5.14 1.5.18 1.5.18 1.5.18 1.5.18 1.5.18 1.5.1.8 1.5.18
(非推奨) pacemaker 1.1.12 1.1.13 - - - - - - - - -
イメージコンポーネント
Jenkins - 2.46.3 2.46.3 2.46.3 2.46.3 2.46.3 2.46.3 2.89.2 2.89.4 2.107.3 2.121.3
Elasticsearch - 1.5.2 1.5.2 1.5.2 2.4.1 2.4.4 2.4.4 2.4.4 2.4.4 2.4.4-3 5.6.10
Fluentd - 0.12.16 0.12.20-1 0.12.23 0.12.29 0.12.32 0.12.37 0.12.39 0.12.42 0.12.42-1 0.12.43
Kibana - 4.1.2 4.1.2-2 4.1.11 4.5.4 4.6.4 4.6.4 4.6.4 4.6.4 4.6.4-4 5.6.10
curator - - - - 3.5.1 3.5.1 3.5.0-2 3.5.0-2 3.5.0-2 3.5.0-2 5.2.0
eventrouter - - - - - - - 0.1-1 0.1-2 0.1-2 0.1-2
heapster - 0.18.2 0.18.2-4 1.1.0 1.2.0 1.2.0-2 1.3.0-2 1.3.0-2 1.3.0-3 1.3.0-3 1.3.0-3
hawkular - 0.8.0-FINAL 0.8.0-FINAL 0.18.3-FINAL 0.21.5-FINAL 0.23.6-FINAL 0.27.3-FINAL 0.28.3-FINAL 0.29.0-FINAL 0.29.0-FINAL 0.31.0-FINAL
cassandra - 2.2.1 2.2.1 2.2.7 3.0.9 3.0.9 3.0.14 3.0.14 3.0.15 3.0.15 3.0.15
grafana - - - - - - - - - - 5.2.3
cluster-monitoring-operator - - - - - - - - - - 0.1.1
prometheus-node-exporter - - - - - - - - - - 0.16.0
prometheus-alertmanager - - - - - - - - - - 0.15.2
prometheus - - - - - - - - - - 2.3.2
prometheus-operator - - - - - - - - - - 0.23.1
prometheus-config-reloader - - - - - - - - - - 0.23.1
kube-rbac-proxy - - - - - - - - - - 0.3.1
kube-state-metrics - - - - - - - - - - 1.4.0
oauth-proxy - - - - - - - - - - 2.3.0
ストレージドライバー 3.0 3.1 3.2 3.3 3.4 3.5 3.6 3.7 3.9 3.10 3.11
NFS v3 1.3 1.3 1.3 1.3 1.3 1.3 1.3 1.3 1.3 1.3 1.3
NFS v47 1.3 1.3 1.3 1.3 1.3 1.3 1.3 1.3 1.3 1.3 1.3
Ceph RBD - 0.8 0.8 0.80.7 0.94.5 0.94.5 0.94.5 0.94.5 0.94.5 0.94.5 0.94.5
Red Hat Ceph RBD - 2.4->3.2 2.4->3.2 2.4->3.2 2.4->3.2 2.4->3.2 2.4->3.2 2.4->3.2 2.4->3.2 2.4->3.2 2.4->3.2
GlusterFS8 - 3.7 3.7.1 3.7.1 3.7.9 3.7.9 3.7.9 3.8.4 3.8.4 3.8.4 3.8.4
OpenStack Cinder - 2.0 2.0 2.0 2.0 2.0 2.0 2.0 2.0 2.0 2.0
iSCSI - 6.2 6.2.0.873 6.2.0.873 6.2.0.873 6.2.0.873 6.2.0.873 6.2.0.874 6.2.0.874 6.2.0.874 6.2.0.874
Fibre Channel - サポート対象 サポート対象 サポート対象 サポート対象 サポート対象 サポート対象 サポート対象 サポート対象 サポート対象 サポート対象
GCE ボリューム - サポート対象 サポート対象 サポート対象 サポート対象 サポート対象 サポート対象 サポート対象 サポート対象 サポート対象 サポート対象
AWS EBS ボリューム - サポート対象 サポート対象 サポート対象 サポート対象 サポート対象 サポート対象 サポート対象 サポート対象 サポート対象 サポート対象
AWS EFS ボリューム* - - - - - - サポート対象 サポート対象 サポート対象 サポート対象 サポート対象
Azure Disk ボリューム - - - - サポート対象 サポート対象 サポート対象 サポート対象 サポート対象 サポート対象 サポート対象
vSphere ディスク - - - - - - サポート対象 サポート対象 サポート対象 サポート対象 サポート対象
  • 注記: 「*」印のドライバーは、外部永続ボリュームプロビジョナー として提供されます。
  • 注記: アップストリームの Ceph RDB と Red Hat が提供する Red Hat Ceph RDB との違いは、「->」印で示されています。
    • 「->」印は「最小から最大へ」を意味し、Red Hat が提供するバージョンで「->」印が付いている場合は、すべてこの意味となります。
    • 詳細は、2.x および 3.x の Ceph 互換性ガイドを参照してください。
docker ドライバー 3.0 3.1 3.2 3.3 3.4 3.5 3.6 3.7 3.9 3.10 3.11
ストレージ
DeviceMapper テスト済み テスト済み テスト済み テスト済み テスト済み テスト済み テスト済み テスト済み テスト済み テスト済み テスト済み
オーバーレイ - - - テスト済み テスト済み テスト済み テスト済み テスト済み - - -
Overlay2 テスト済み テスト済み テスト済み テスト済み テスト済み
ロギング
json-file - テスト済み テスト済み テスト済み テスト済み テスト済み テスト済み テスト済み テスト済み テスト済み テスト済み
Journald - - - テスト済み テスト済み テスト済み テスト済み テスト済み テスト済み テスト済み テスト済み

クライアントツール

ブラウザー 3.0 3.1 3.2 3.3 3.4 3.5 3.6 3.7 3.9 3.10 3.11
Firefox 41 42 45 48 50 52 54 57 58 60 61
IE 11 11 11 11 11 11 11 11 11 11 -
edge - - 25 25 25 25 38 40 40 40 40
Chrome 46 46 49 52 55 57 59 62 65 68 68
Safari 8.0 9.0 9.0 9.1 10.0.1 10.0.2 10.1.1 11.0.1 11.0.3 11.0.3 11.0.3
OpenShift クライアントツール 3.0 3.1 3.2 3.3 3.4 3.5 3.6 3.7 3.9 3.10 3.11
Red Hat Enterprise Linux 7.1 3.0.2.0 3.1.1.5 3.2.0.20 3.3.0.32 - - - - - - -
Red Hat Enterprise Linux 7.2 - 3.1.1.5 3.2.0.20 3.3.0.32 3.4.0.39 3.5.5.2 3.6.173 - - - -
Red Hat Enterprise Linux 7.3 - 3.1.1.5 3.2.0.20 3.3.0.32 3.4.0.39 3.5.5.2 3.6.173 3.7.9 3.9.14 - -
Red Hat Enterprise Linux 7.4 - - - - - - 3.6.173 3.7.9 3.9.14 3.10.14 3.11.16
Red Hat Enterprise Linux 7.5 - - - - - - 3.6.173 3.7.9 3.9.14 3.10.14 3.11.16
Fedora 22 3.0.2.0 3.1.1.5 3.2.0.20 3.3.0.32 - - - - - - -
Fedora 23 - - 3.2.0.20 3.3.0.32 3.4.0.39 - - - - - -
Fedora 24 - - - 3.3.0.32 3.4.0.39 3.5.5.2 - - - - -
Fedora 25 - - - - 3.4.0.39 3.5.5.2 3.6.173 3.7.9 - - -
Fedora 26 - - - - - - - 3.7.9 - - -
Fedora 27 - - - - 3.4.1.44 3.5.5.31 3.6.173 3.7.9 3.9.14 3.10.14 -
Fedora 28 - - - - - - - - - 3.10.14 3.11.16
MacOSX 3.0.2.0 3.1.1.5 3.2.0.20 3.3.0.32 3.4.0.39 3.5.5.2 - - - - -
MacOSX Sierra - - - - 3.4.0.39 3.5.5.2 3.6.173 3.7.9 3.9.14 3.10.14 3.11.16
Windows 8 3.0.2.0 3.1.1.5 3.2.0.20 3.3.0.32 3.4.0.39 3.5.5.2 3.6.173 3.7.9 - - -
Windows 10 - - 3.2.0.20 3.3.0.32 3.4.0.39 3.5.5.2 3.6.173 3.7.9 3.9.14 3.10.14 3.11.16

JBoss 開発者ツール

JBoss 開発者ツール は、『Red Hat CodeReadyStudio Supported Configurations and Components』に基づいてテストおよびサポートされています。

イメージ

サポート対象の OpenShift イメージに関しては、Red Hat Container Registryopenshift3 のイメージをご覧ください。 これらのイメージは、OCP プラットフォームの一部として提供され、OCP に機能またはリソースを提供することを目的としています。これらのイメージは、汎用アプリケーションのイメージとしてはサポートされていません。

OCP コンテナーイメージ9 3.0 3.110 3.2 3.3 3.4 3.5 3.6 3.7 3.9 3.10 3.11
ose - 3.1.1.x 3.2.0.x 3.3.0.x 3.4.0.x 3.5.5 3.6.173.0.5 3.7.9 3.9.14 - -
ose-control-plane - - - - - - - - - 3.10.14 3.11.16
node - 3.1.1.x 3.2.0.x 3.3.0.x 3.4.0.x 3.5.5 3.6.173.0.5 3.7.9 3.9.14 - -
ose-node - - - - - - - - - 3.10.14 3.11.16
openvswitch - 3.1.1.x 3.2.0.x 3.3.0.x 3.4.0.x 3.5.5
3.6.173.0.5 3.7.9 3.9.14 - -
etcd - 2.1.1.x 2.2.5-x 2.3.7 3.0.x 3.0.x 3.1.x 3.2.x 3.2.x 3.2.x 3.2.x
etcd3 - - - - - 3.1.x (非推奨) - - - -
CRI-O - - - - - - - 3.7.9 3.9.14 - -
ose-web-console - - - - - - - - 3.9.14 3.10.14 3.11.16
OCP システムコンテナーイメージ 3.0 3.1 3.2 3.3 3.4 3.5 3.6 3.7 3.9 3.10 3.11
etcd - - - - - - 3.1.x 3.2.x 3.2.x - -
container-engine - - - - - - 3.6.173.0.5 3.7 3.9 - -
ansible installer - - - - - - 3.6 3.7 3.9 3.10 3.11
ose-node - - - - - - - - - 3.10 3.11
その他のイメージ 3.0 3.1 3.2 3.3 3.4 3.5 3.6 3.7 3.9 3.10 3.11
(非推奨) Jenkins v1 - 1.625 1.642 1.651.2-22 1.651.2-46 1.651.2-53 1.651.2-66 - - - -
Jenkins v2 - - - - 2.19 2.32-3 2.32-15 3.7 3.9 3.10 3.11
(非推奨) Jenkins Maven Slave - - - 3.3.x 3.3.x 3.3.x 3.3.x 3.7 3.9 3.10 3.11
Jenkins Maven 3.5 Agent - - - - - - - - - 3.10 3.11
(非推奨) Jenkins Nodejs Slave - - - 4.x 4.x 4.x 4.x 3.7 3.9 3.10 3.11
Jenkins Nodejs 8 Agent - - - - - - - - - 3.10 3.11
Image Inspector - 1.0.x 1.0.x 2.0.x 2.1.x 2.1.x 2.1.x 3.7 3.9 3.10 3.11
(非推奨) S2I Builder - 3.1 3.2 3.3 3.4 3.5 3.6 3.7 3.9 - -
Docker Builder - 3.1 3.2 3.3 3.4 3.5 3.6 3.7 3.9 3.10 3.11
Registry Console - - - 3.3 3.4 3.5 3.6 3.7 3.9 3.10 -
Cluster Capacity - - - - - - 3.6 3.7 3.9 3.10 3.11
Docker Registry - 3.1 3.2 3.3 3.4 3.5 3.6 3.7 3.9 3.10 3.11
Descheduler - - - - - - - - - 3.10 3.11
Node Problem Detector - - - - - - - - - 3.10 3.11
Metrics Server - - - - - - - - - - 3.11
Cluster AutoScaler - - - - - - - - - - 3.11
ロギング
Elasticsearch - 3.1.x 3.2.x 3.3.0 3.4.0 3.5.0 3.6.0 3.7 3.9 3.10 3.11
Fluentd - 3.1.x 3.2.x 3.3.0 3.4.0 3.5.0 3.6.0 3.7 3.9 3.10 3.11
Kibana - 3.1.x 3.2.x 3.3.0 3.4.0 3.5.0 3.6.0 3.7 3.9 3.10 3.11
Curator - - 3.2.0 3.3.0 3.4.0 3.5.0 3.6.0 3.7 3.9 3.10 3.11
Eventrouter - - - - - - - 3.7 3.9 3.10 3.11
Authentication Proxy - - 3.2.0 3.3.0 3.4.0 3.5.0 3.6.0 3.7 3.9 3.10 3.11
Metrics
heapster - 3.1.x 3.2.x 3.3.0 3.4.0 3.5.0 3.6.0 3.7 3.9 3.10 3.11
hawkular - 3.1.x 3.2.x 3.3.0 3.4.0 3.5.0 3.6.0 3.7 3.9 3.10 3.11
hawkular agent - - - - - - - 3.7 3.9 3.10 3.11
cassandra - 3.1.x 3.2.x 3.3.0 3.4.0 3.5.0 3.6.0 3.7 3.9 3.10 3.11
metrics schema installer - - - - - - - - - 3.10 3.11
Prometheus
oauth-proxy - - - - - - - 3.7 3.9 3.10 3.11
prometheus - - - - - - - 3.7 3.9 3.10 3.11
prometheus-alert-buffer - - - - - - - 3.7 3.9 3.10 3.11
prometheus-alertmanager - - - - - - - 3.7 3.9 3.10 3.11
prometheus-node-exporter - - - - - - - 3.7 3.9 3.10 3.11
Cluster Monitoring
Configmap Reloader - - - - - - - - - - 3.11
Cluster Monitoring Operator - - - - - - - - - - 3.11
Grafana - - - - - - - - - - 3.11
Kube RBAC Proxy - - - - - - - - - - 3.11
Kube State Metrics - - - - - - - - - - 3.11
Prometheus Config Reloader - - - - - - - - - - 3.11
Prometheus Operator - - - - - - - - - - 3.11
Networking
egress router - 3.1.x 3.2.x 3.3.0 3.4.0 3.5.5 3.6.0 3.7 3.9 3.10 3.11
f5 router - 3.1.x 3.2.x 3.3.0 3.4.0 3.5.5 3.6.0 3.7 3.9 3.10 -
haproxy router - 3.1.x 3.2.x 3.3.0 3.4.0 3.5.5 3.6.0 3.7 3.9 3.10 3.11
keepalived-ipfailover - - 3.2.x 3.3.0 3.4.0 3.5.5 3.6.0 3.7 3.9 3.10 3.11
http-proxy - - - - - - - - 3.9 3.10 3.11
dns-proxy - - - - - - - - - 3.10 3.11
ストレージ
efs-provisioner - - - - - - 3.6 3.7 3.9 3.10 3.11
local-storage-provisioner - - - - - - - 3.7 3.9 3.10 3.11
snapshot-provisioner - - - - - - - 3.7 3.9 3.10 3.11
snapshot-controller - - - - - - - 3.7 3.9 3.10 3.11
manilla-provisoner - - - - - - - - - 3.10 3.11
csi-attacher - - - - - - - - - 3.10 3.11
csi-provisoner - - - - - - - - - 3.10 3.11
csi-driver-registar - - - - - - - - - 3.10 3.11
csi-livenessprobe - - - - - - - - - 3.10 3.11
Ansible Service Broker/Ansible Playbook バンドル
Ansible Service Broker - - - - - - 3.6 3.7 3.9 3.10 3.11
Service Catalog - - - - - - 3.6 3.7 3.9 3.10 3.11
Template Service Broker - - - - - - - - 3.9 3.10 3.11
apb-tools - - - - - - - - - 3.10 3.11
postgresql-apb - - - - - - 3.6 3.7 3.9 3.10 3.11
mediawiki-apb - - - - - - 3.6 3.7 3.9 3.10 3.11
mediawiki-123 - - - - - - 3.6 3.7 3.9 - -
mariadb-apb - - - - - - - 3.7 3.9 3.10 3.11
mysql-apb - - - - - - - 3.7 3.9 3.10 3.11

  • 注記: このセクションに記載されている Prometheus イメージ (他のイメージ) はすべて、バージョン 3.7 および 3.9 のテクノロジープレビュー です。
  • 注記: このセクションのローカルストレージプロビジョナーとスナップショットイメージ (他のイメージ) は、バージョン 3.7 および 3.9 ではテクノロジープレビュー です。
  • 注記: バージョン 3.10 では、S2I Builder の機能は Docker Builder に統合されました。したがって、S2I Builder イメージは非推奨となっています。

以下は、ベースレイヤーイメージとして使用されるサポート対象のイメージの一覧です。ベースレイヤーイメージは、OpenShift プラットフォーム上で作業を行う開発者に機能を提供します。

S2I イメージ11 3.0 3.112 3.2 3.3 3.4 3.5 3.6 3.7 3.9 3.10 3.11
(非推奨) Node.js 0.10 3.0.x 0.10-12 0.10-36 0.10-43 0.10-47 - - - - - -
Nodejs 4.4* - - 4.4-11 4.4-11.5 4-11.12 4-11.14 4-11.20 4-11.25 4-13 4.6.2 -
Nodejs 6* - - - - - - 6-14.5 6-14.11 6-16 6.11.3 6-35
Nodejs 8* - - - - - - - - - - 1-30
(非推奨) Ruby 2.0 3.0.x 2.0-12 2.0-35 2.0-42 2.0-46 - - - - - -
Ruby 2.2* - 2.2-12.2 2.2-12.3 2.2-12.7 2.2-12-11 2.2-12-13 2.2-12-19 2.2-12-25 2.2-14 2.2.9-19 -
Ruby 2.3* - - 2.3-4 2.3-4.5 2.3-6.3 2.3-6.5 2.3-6.11 2.3-6.17 2.3-21 2.3.6-67 2.3-40
Ruby 2.4* - - 2.3-4 2.3-4.5 2.3-6.3 2.3-6.5 2.3-6.11 2.3-6.17 2.3-21 2.3.6-67 2.4-22
Ruby 2.5* - - 2.3-4 2.3-4.5 2.3-6.3 2.3-6.5 2.3-6.11 2.3-6.17 2.3-21 2.3.6-67 2.5-22
(非推奨) Perl 5.16 3.0.x 5.16-13 5.16-38 5.16-45 5.16-49 - - - - - -
Perl 5.20* - 5.20-13.3 5.20-12.4 5.20-12.9 5.20-12.13 5.20-12.15 5.20-12.21 5.20-12.27 5.20-16 5.20.1 -
Perl 5.24* - - - - - 5.24-3.5 5.24-3.11 5.24-3.17 5.24-7 5.24-10 5.24-26
Perl 5.26* - - - - - - - - - - 5.24-22
(非推奨) PHP 5.5 3.0.x 5.5-13 5.5-35 5.5-42 5.5-47 - - - - - -
PHP 5.6* - 5.6-14.2 5.6-14.3 5.6-14.8 5.6-16.3 5.6-16.5 5.6-16.11 5.6-16.17 5.6-18 5.6.2.5 -
PHP 7.0* - - - - - 7.0-5.5 7.0-5.11 7.0-5.17 7.0-7 7.0.27 7.0-26
PHP 7.1* - - - - - - - - - - 7.1-29
Python 2.7* 3.0.x 2.7-11.2 2.7-16 2.7-16.5 2.7-16.9 2.7-16.11 2.7-18.6 2.7-18.12 2.7-22 2.7.13 -
(非推奨)Python 3.3 - 3.3-13 3.3-35 3.3-44 3.3-50 - - - - - -
Python 3.4* - 3.4-13.2 3.4-13.3 3.4-13.8 3.4-13.12 3.4-13.14 3.4-13.20 3.4-13.26 3.4-17 3.4.2 3.4-18
Python 3.5* - - 3.5-16 3.5-16.5 3.5-18.3 3.5-18.5 3.5-18.11 3.5-18.17 3.5-22 3.5.1 3.5-39
Python 3.6* - - - - - - - - - - 3.6-30
.NET Core 1.0* - - - 1.0-10 1.0-12 1.0-14 1.0-17 1.0-25 1.0-29 1.0.12-1 1.0-42
.NET Core 1.1* - - - - - 1.1-5 1.1-8 1.1-16 1.1-20 1.1.9-1 1.1-33
(非推奨).NET Core 2.0 - - - - - - - 2.0-9 2.0-13 - -
.NET Core 2.1* - - - - - - - - - 2.1-2 2.1-10
Httpd 2.4* - - - - - - 2.4-36.7 2.4-43 2.4-48 2.4.27-8 2.4-73
データベースイメージ 3.0 3.113 3.2 3.3 3.4 3.5 3.6 3.7 3.9 3.10 3.11
(非推奨) MySQL 5.5 3.0.x 5.5-8 5.5-26 5.5-30 5.5-35 5.5-35 - - - - -
MySQL 5.6* - 5.6-13.2 5.6-13.3 5.6-13.6 5.6-13.9 5.6-13.11 5.6-13.20 5.6-13.23 5.6-17 5.6.39 -
MySQL 5.7* - - - - - 5.7-3.4 5.7-3.13 5.7-3.16 5.7-6 5.7.21 5.7-24
MariaDB 10.0* - - 10.0-13.3 10.0-13.6 10.0-13.9 10.0-13.11 10.0-13.20 10.0-13.24 10.0-16 10.0.33 -
MariaDB 10.1* - - 10.1-3 10.1-3.3 10.1-13.6 10.1-3.9 10.1-3.18 10.1-3.22 10.1-7 10.1.29 10.1-36
MariaDB 10.2* - - - - - - - - - - 1-30
(非推奨) PostgreSQL 9.2 v3.0.x 9.2-18 9.2-25 9.2-31 9.2-35 - - - - - -
PostgreSQL 9.4* - 9.4-6.2 9.4-6.4 9.4-6.7 9.4-6.10 9.4-6.12 9.4-6.21 9.4-6.24 9.4-10 9.4-14 -
PostgreSQL 9.5* - - 9.5-5 9.5-6.3 9.5-6.6 9.5-6.8 9.5-6.17 9.5-6.20 9.5-10 9.5.9 9.5-29
PostgreSQL 9.6* - - - - - - - - - - 1-27
PostgreSQL 10* - - - - - - - - - - 1-21
(非推奨) MongoDB 2.4 3.0.x 2.4-27 2.4-28 2.4-32 2.4-36 - - - - - -
MongoDB 2.6* - 2.6-8.2 2.6-8.3 2.6-8.6 2.6-8.9 2.6-8.12 2.6-8.23 2.6-8.28 2.6-11 2.6.9 -
MongoDB 3.2* - - 3.2-3.2 3.2-3.5 3.2-5.2 3.2-5.5 3.2-5.15 3.2-5.20 3.2-8 3.2.10 3.2-27
MongoDB 3.4* - - - - - - - - - - 1-30
MongoDB 3.4* - - - - - - - - - - 1-20
Redis 3* - - - 3.2 3.2 3.2 3.2 3.2 3.2 3.2 3.2-24
  • S2I イメージおよびデータベースイメージのセクションで、「*」印のついたイメージは、OpenShift とは別にリリースされたもので、14 OpenShift とは ライフサイクルが異なります
  • 注記: S2I イメージおよび データベースイメージのセクションの openshift3 リポジトリーにあるイメージは、バージョン 3.5 では非推奨となり、SCL リポジトリーの新バージョンのイメージを推奨されるようになっています。
Openshift 向けのミドルウェア15 3.0 3.1 3.2 3.3 3.4 3.5 3.6 3.7 3.9 3.10 3.11
Java S2I for Openshift - - - 1.0.x 1.0.x 1.0.x, 1.1.x 1.1.x 1.2.x 1.3.x 1.4.x 1.5.x
EAP 6.4 1.0.x, 1.1.x16 1.2.x 1.3.x, 1.4.x 1.4.x 1.4.x 1.4.x, 1.5.x 1.5.x 1.6.x, 1.7.x, 1.8.x 1.8.x 1.8.x 1.8.x
EAP 7.0 - 1.3.x 1.3.x, 1.4.x 1.4.x 1.4.x 1.4.x, 1.5.x 1.5.x 1.6.x, 1.7.x - - -
EAP 7.1 - - - - - - 1.1.x, 1.2.x 1.1.x, 1.2.x 1.2.x 1.3.x 1.3.x, 1.4.x
EAP 7.2 (OpenJDK8OpenJDK11) - - - - - - - - - - 1.0.x, 1.1.x
EAP-CD - - - - - - 12 (Tech Preview) 12 (Tech Preview) 12 (Tech Preview) 13 (Tech Preview)
JWS 3.0 (Tomcat 78) 1.0.x, 1.1.x17 1.2.x 1.2.x 1.2.x 1.2.x 1.2.x, 1.3.x 1.3.x - - - -
JWS 3.1 (Tomcat 78) - - - - 1.0.x 1.0.x 1.0.x 1.1.x 1.1.x 1.2.x 1.2.x
AMQ-6.2 1.0.x, 1.1.x18 1.3.x 1.3.x 1.3.x 1.3.x 1.3.x, 1.4.x 1.4.x - - - -
AMQ-6.3 - - - - 1.0.x 1.0.x 1.0.x 1.2.x, 1.3.x 1.3.x 1.4.x 1.4.x
AMQ Broker 7.2 - - - - - - - - - - 1.0.x
AMQ Broker Scaledown Controller 7.2 - - - - - - - - - - 0.x Tech Preview
JDG 6.5 - 1.2.x 1.2.x 1.2.x 1.2.x 1.3.x, 1.4.x 1.4.x 1.5.x, 1.6.x - - -
JDG 7.1 - - - - - - 1.0.x 1.1.x, 1.2.x, 1.3.x 1.3.x - -
JDG 7.2 - - - - - - - - - 1.0.x 1.2.x
Fuse 6.2 (JavaKaraf ベースのコンテナー) - 1.0.x 1.0.x 1.0.x - - - - - - -
Fuse 6.3 (JavaKaraf ベースのコンテナー) - - - - 2.0.x 2.0.x 2.0.x 2.0.x 2.0.x 2.0.x 2.0.x
Fuse 7.0 (JavaKarafEAP ベースの コンテナー) - - - - - - - - 1.0.x - -
Fuse 7.1 (JavaKarafEAP ベースの コンテナー) - - - - - - - - 1.1.x 1.1.x -
Fuse 7.2 (JavaKarafEAP ベースの コンテナー) - - - - - - - - - 1.2.x 1.2.x
Red Hat SSO 7.0 - 1.3.x (Tech Preview) 1.3.x 1.3.x 1.3.x 1.3.x, 1.4.x 1.4.x - - - -
Red Hat SSO 7.1 - - - - 1.0.x 1.0.x, 1.1.x 1.1.x 1.2.x, 1.3.x - - -
Red Hat SSO 7.2 - - - - - - - 1.0.x 1.0.x 1.2.x 1.2.x, 1.3.x, 1.4.x
Red Hat SSO 7.3 - - - - - - - - - 1.0.x 1.0.x
JDV 6.3 (データ仮想化) - - - 1.0.x 1.0.x 1.1.x, 1.2.x 1.2.x 1.3.x - - -
JDV 6.4 (データ仮想化) - - - - - - - - 1.0.x 1.1.x 1.3.x
(非推奨) BRMS 6.2 (Decision Server) - 1.2.x 1.2.x - - - - - - - -
BRMS 6.3 (Decision Server) - - 1.3.x 1.3.x 1.3.x 1.3.x, 1.4.x 1.4.x - - - -
BRMS 6.4 (Decision Server) - - - - 1.0.x 1.0.x 1.0.x 1.1.x, 1.2.x 1.2.x 1.3.x 1.3.x
BPM 6.3 (Intelligent Process Server) - - 1.3.x 1.3.x 1.3.x 1.3.x, 1.4.x 1.4.x - - - -
BPM 6.4 (Intelligent Process Server) - - - - 1.0.x 1.0.x 1.0.x 1.1.x, 1.2.x 1.2.x 1.3.x 1.3.x
Red Hat Decision Manager 7.0 KIE ServerDecision Central - - - - - - - 1.0.x - -
Red Hat Decision Manager 7.1 KIE ServerDecision CentralStandalone Controller - - - - - - - - 1.0.x -
Red Hat Process Automation Manager 7.0 ControllerKIE ServerSmart RouterBusiness CentralBusiness Central Monitoring - - - - - - - 1.0.x - -
Red Hat Process Automation Manager 7.1 ControllerKIE ServerSmart RouterBusiness CentralBusiness Central Monitoring - - - - - - - - 1.0.x -
  • 注記: Openshift 向けのミドルウェアのセクションには、Openshift のリリース時に特定の Openshift バージョンでテストを行った製品イメージストリームのバージョンを記載しています。 Openshift のバージョン全体で、ミドルウェア製品イメージの新しいバージョンが使用されている場合があります。 この表では時折、特定の非互換性が示されている場合があります。

テスト済みインテグレーションのポイント:

認証 3.0 3.1 3.2 3.3 3.4 3.5 3.6 3.7 3.9 3.10 3.11
HTPasswd19 テスト済み/サポート対象 テスト済み/サポート対象 テスト済み/サポート対象 テスト済み/サポート対象 テスト済み/サポート対象 テスト済み/サポート対象 テスト済み/サポート対象 テスト済み/サポート対象 テスト済み/サポート対象 テスト済み/サポート対象 テスト済み/サポート対象
Keystone - Support v3 API 20 Support v3 API 21 Support v3 API 22 Support v3 API 23 Support v3 API 24 Support v3 API 25 Support v3 API 26 Support v3 API 27 Support v3 API 28 Support v3 API 29
LDAP テスト済み/サポート対象 テスト済み/サポート対象 テスト済み/サポート対象 テスト済み/サポート対象 テスト済み/サポート対象 テスト済み/サポート対象 テスト済み/サポート対象 テスト済み/サポート対象 テスト済み/サポート対象 テスト済み/サポート対象 テスト済み/サポート対象
- Active Directory - - 6.0.6001.18000 6.0.6001.1800 6.1.7600.16385 6.1.7600.16385 6.1.7600.16385 6.1.7600.16385 6.1.7600.16385 6.1.7600.16385 6.1.7600.16385
- OpenLDAP - - 2.4.4.1 2.4.4.1 2.4.40 2.4.40 2.4.40 2.4.40 2.4.40 2.4.40 2.4.40
- Red Hat Identity Management (IPA) - - - 4.4.0-12 4.4.0-12 4.4.0-12 4.4.0-12 4.4.0-12 4.4.0-12 4.4.0-12 4.4.0-12
Basic 認証 テスト済み/サポート対象 テスト済み/サポート対象 テスト済み/サポート対象 テスト済み/サポート対象 テスト済み/サポート対象 テスト済み/サポート対象 テスト済み/サポート対象 テスト済み/サポート対象 テスト済み/サポート対象 テスト済み/サポート対象 テスト済み/サポート対象
リクエストヘッダー - テスト済み/サポート対象 テスト済み/サポート対象 テスト済み/サポート対象 テスト済み/サポート対象 テスト済み/サポート対象 テスト済み/サポート対象 テスト済み/サポート対象 テスト済み/サポート対象 テスト済み/サポート対象 テスト済み/サポート対象
GitHub - テスト済み/サポート対象 テスト済み/サポート対象 テスト済み/サポート対象 テスト済み/サポート対象 テスト済み/サポート対象 テスト済み/サポート対象 テスト済み/サポート対象 テスト済み/サポート対象 テスト済み/サポート対象 テスト済み/サポート対象
Google - テスト済み/サポート対象 テスト済み/サポート対象 テスト済み/サポート対象 テスト済み/サポート対象 テスト済み/サポート対象 テスト済み/サポート対象 テスト済み/サポート対象 テスト済み/サポート対象 テスト済み/サポート対象 テスト済み/サポート対象
OpenID Connect - テスト済み/サポート対象 テスト済み/サポート対象 テスト済み/サポート対象 テスト済み/サポート対象 テスト済み/サポート対象 テスト済み/サポート対象 テスト済み/サポート対象 テスト済み/サポート対象 テスト済み/サポート対象 テスト済み/サポート対象
GitLab - - - - - - - テスト済み/サポート対象 テスト済み/サポート対象 テスト済み/サポート対象 テスト済み/サポート対象
GitHubEnterprise - - - - - - - - - - テスト済み/サポート対象

テスト済みのプラットフォーム:

以下のテスト済みの構成では、様々なプラットフォームのテストが実施されました。Red Hat は直接、または認定されたパートナーを通じて、製品リリースプロセスの一環として、様々なプラットフォームテストを実施しました。このテストプロセスで特定された問題は、OpenShift Enterprise のリリースごとに、リリースノートで強調表示しています。テスト済みインテグレーションの一覧は、今後さらに増えていきます。

Red Hat は、お客様のサブスクリプション契約に応じて、テスト済みインテグレーションに対して実稼働サポート30 を提供します。同じメジャーバージョンであればテスト済みのバージョン以降もサポートされます。同じメジャーバージョンとなるテスト済みインテグレーションの以前のバージョンは、商業的に合理的な範囲でサポートされます。

テスト済みの認定された Cloud Providers31 3.0 3.1 3.2 3.3 3.4 3.5 3.6 3.7 3.9 3.10 3.11
Google Compute - テスト済み テスト済み テスト済み テスト済み テスト済み テスト済み テスト済み テスト済み テスト済み テスト済み
Amazon Web Services - テスト済み テスト済み テスト済み テスト済み テスト済み テスト済み テスト済み テスト済み テスト済み テスト済み
Microsoft Azure - - - - テスト済み テスト済み テスト済み テスト済み テスト済み テスト済み テスト済み
テスト済みのインフラストラクチャーレイヤー32 3.0 3.1 3.2 3.3 3.4 3.5 3.6 3.7 3.9 3.10 3.11
Red Hat KVM33 テスト済み テスト済み テスト済み テスト済み テスト済み テスト済み テスト済み テスト済み テスト済み テスト済み テスト済み
Red Hat OpenStack Platform34 テスト済み テスト済み テスト済み テスト済み テスト済み テスト済み テスト済み テスト済み テスト済み テスト済み テスト済み
Red Hat Enterprise Virtualization (RHEV) テスト済み テスト済み テスト済み テスト済み テスト済み テスト済み テスト済み テスト済み テスト済み テスト済み テスト済み
VMware vCenter/vSphere - - - テスト済み テスト済み テスト済み テスト済み テスト済み テスト済み テスト済み テスト済み

  1. テクノロジープレビュー: 一部のオペレーティングシステムは、リリースによっては完全にサポートされていません。また、提供されるサポートは、テクノロジープレビューのみです。詳細は https://access.redhat.com/ja/support/offerings/techpreview を参照してください。 

  2. RHEL Extras および docker パッケージにより、RHEL Atomic Host への変更はサポート対象となる構成の範囲内でなければなりません。詳細は、Locking the version of the docker package on Red Hat Enterprise Linux Atomic Host を参照してください。 

  3. 2 と同じ 

  4. OpenShift 3.7 の一般提供 (GA) では、Ansible 2.4.0* および 2.4.1* が、このバージョンの OCP でサポートされるとドキュメントに誤って記載されています。これらのバージョンはテスト済みですが、新しい Ansible のリリースチャンネルと互換性があることを確認するためにテストされ、製品のインストールおよびアップグレードでの使用を目的としていません。変更の詳細は、 3.7 リリースノート を参照してください。 

  5. OpenShift 3.2.1 では、Docker 1.10 にサポートを追加しました。 

  6. プラグインコンポーネント: 印の付いている製品バージョンは、Red Hat からは出荷および提供されていませんが、OpenShift 製品に同梱のプラグインとして検出され、サードパーティーの製品でテストされています。 

  7. テストを実施した NFS バージョンは、NFSv3 および NFSv4 と同じですが、テストで使用するプロトコルのバージョンは、構成により決まります。 

  8. CNS/OCS に関する GlusterFS の互換性は、Red Hat Gluster Storage Version Compatibility and Support を参照してください。 

  9. Atomic Host 上でのインストール、または docker インストールで使用されるイメージ (イメージ名で表示)。 

  10. これらのイメージへのサポートは、OpenShift Container Platform (OCP) 3.1.1 で開始しました。OCP 3.1 では、これらはテクノロジープレビューのステータスにありました。 

  11. このセクションで印のついたイメージは、レジストリーopenshift3rhscs、および dotnet の名前空間に適用されます。 

  12. 3.2 (s2i と データベース) のイメージでバージョン管理が変更され、OpenShift のリリースとは関連付けられなくなりました。イメージのバージョンは、そのイメージのコンポーネントバージョンをベースにタグ付けされることになりました。 

  13. 8 と同じ 

  14. このセクションで印のついたイメージは、レジストリーrhscl および dotnet の名前空間に適用されます。 

  15. xPaaS イメージのサポート または利用は、OpenShift プラットフォームに限定されています。 

  16. このように指定されたイメージバージョンは、非互換性の問題があるため、OCP マイナーポイントリリース (3.0.2) のみでサポートされます。 

  17. 12 と同じ 

  18. 13 と同じ 

  19. これは、実稼働環境で使用する目的ではなく、POC および開発ユースケース用として提供されます。 

  20. Red Hat OpenStack で使用できる Keystone の v3 API バージョン (3.0.2.902-0) 後にサポートされます。 

  21. 20 と同じ 

  22. 20 と同じ 

  23. 20 と同じ 

  24. 20 と同じ 

  25. 20 と同じ 

  26. 20 と同じ 

  27. 20 と同じ 

  28. 20 と同じ 

  29. 20 と同じ 

  30. 開発サポートは、レイヤー製品エンタイトルメントでも提供しています。 

  31. Red Hat は、多くの認定クラウドプロバイダー (CCP) をサポートします。一覧に記載されているクラウドプロバイダーはいずれも、ベース OS として RHEL をサポートする場合は「サポート対象」としています (バージョンについては上記を参照)。ただし、すべての CCP で OCP を明示的にテストしていないので、サポート範囲は限定される可能性があります。 

  32. Red Hat は、https://access.redhat.com/certified-hypervisors に記載されているハイパーバイザーをベースとする Red Hat Enterprise Linux をサポートしています。そのため、プラットフォームとしての OpenShift は、これらのハイパーバイザー上でサポートされていますが、テスト済みのインフラストラクチャーレイヤーとしては明示的に記載されていない場合があります。 

  33. Red Hat は、KVM のサブスクリプションで実行可能な VM の数に制限を設けています。制限の詳細については、https://access.redhat.com/ja/articles/1520293 を参照してください。 

  34. Red Hat OpenStack は、各種コンポーネントで制限があります。OpenStack 上に OpenShift をデプロイする場合は、https://access.redhat.com/articles/1436373 を参照して、規定の範囲内に収まるようにしてください。