Core Services HTTP Server でサポートされる構成

更新 -

Red Hat JBoss® Core Services Collection Apache HTTP サーバーのすべてのリリースは、主要なオペレーティングシステムおよびハードウェアアーキテクチャーのさまざまな組み合わせに対してテストされ、サポートされています。Red Hat は、サポートされる構成に対して、本番稼働サポートと開発サポートをお客様のサブスクリプション契約に従って提供します。サポートは、物理環境と仮想環境の両方で提供されます。[1]

サポートされる構成

サポートされる構成で実行するには、以下のオペレーティングシステムとアーキテクチャーのいずれかで Core Services Apache HTTP サーバーを実行する必要があります。次の構成については、Red Hat で幅広いプラットフォームテストを実施しています。

オペレーティングシステム チップセットアーキテクチャー
Red Hat Enterprise Linux 7 (最新アップデート) x86_64
Red Hat Enterprise Linux 6 (最新アップデート) x86
x86_64
Microsoft Windows 2012 R2 Server x86_64
Microsoft Windows 2008 R2 Server x86_64
Oracle Solaris 11 x86
x86_64
SPARC64
Oracle Solaris 10 x86
x86_64
SPARC64

[1] Red Hat では、サポートされる環境をお客様が引き続き利用されることを前提としています。ベンダーが JVM、オペレーティングシステム、データベースなどのサポートを終了した場合 (特定のバージョンのサポートを含む) は、Red Hat が提供するサポートが限定される可能性があります。サポートを継続するには、サポートされる環境における問題再現をお客様にお願いする場合があります。