Translated message

A translation of this page exists in English.

JBoss Data Grid 6.0 でサポートされる構成

更新 -

Red Hat JBoss® Data Grid (JDG) のすべてのリリースは、主要なオペレーティングシステム、Java™ 仮想マシン (JVM)、データベースのさまざまな組み合わせについてテストされ、サポートされています。

サポートされる構成

Red Hat は、サポートされる構成に対して、本番稼働サポートと開発サポートをお客様のサブスクリプション契約に従って提供します。サポートは、物理環境と仮想環境の両方で提供されます。サポートされる構成で実行するには、以下の JVM バージョンのいずれか、およびその JVM のサポート対象になっているオペレーティングシステムのいずれかで、JDG を実行する必要があります。プラットフォームの互換性について、Red Hat は基礎となる JVM のテストおよび認定プロセスに依存します。1Red Hat による OpenJDK のサポートは、Red Hat Enterprise Linux に限定されます。

テスト済みの構成

テスト済みの構成とは、検証が行われ、推奨されているオペレーティングシステム、チップアーキテクチャー、JVM、およびデータベースの組み合わせの定義済みセットを指します。これらは、JBoss Enterprise Middleware を使用しているお客様が選択される最も一般的な組み合わせです。

以下のテスト済みの構成に対して、Red Hat は幅広いプラットフォームテストを実施しています。

サポートされる構成: JBoss Data Grid 6.6

(バージョン 6.6.0 時点)

Java 仮想マシン バージョン
OpenJDK 1.6
1.7
1.8
Oracle JDK 1.6
1.7
1.8
IBM JDK 1.6
1.7
1.8
Azul Zing 1.7

テスト済みの構成: JBoss Data Grid 6.6

オペレーティングシステム チップセットアーキテクチャー Java 仮想マシン
Red Hat Enterprise Linux 7 (最新アップデート) x86_64 Oracle JDK 1.7
Oracle JDK 1.8
IBM JDK 1.7
IBM JDK 1.8
OpenJDK 1.7
OpenJDK 1.8
Red Hat Enterprise Linux 6 (最新アップデート) x86_64 Oracle JDK 1.6
Oracle JDK 1.7
Oracle JDK 1.8
IBM JDK 1.6
IBM JDK 1.7
IBM JDK 1.8
OpenJDK 1.6
OpenJDK 1.7
OpenJDK 1.8
Azul Zing 1.7 (build 15.02.1.0)
Red Hat Enterprise Linux 5 (最新アップデート) x86_64 Oracle JDK 1.6
Oracle JDK 1.7
IBM JDK 1.6
IBM JDK 1.7
OpenJDK 1.6
Microsoft Windows 2008 Server R2 x86_64 Oracle JDK 1.7
Oracle JDK 1.8
Microsoft Windows 2012 Server x86_64 Oracle JDK 1.7
Oracle JDK 1.8
Oracle Solaris 10 x86_64
SPARC64
Oracle JDK 1.7
Oracle JDK 1.8
Oracle Solaris 11 x86_64
SPARC64
Oracle JDK 1.7
Oracle JDK 1.8


JBoss Data Grid 6.6 リリースの一部として、以下のデータベースおよびデータベースドライバーがテストされています。

データベース バージョン (JDBC Driver のバージョン)
MySQL 5.5 (IPv4、IPv6) (MySQL Connector/J 5.1.33)
MySQL 5.7 (MySQL Connector/J 5.1.33)
Oracle DB 11g R1 ( Oracle JDBC Driver v12.1.0.2.0)
Oracle DB 11g R1 RAC (Oracle JDBC Driver v12.1.0.2.0)
Oracle DB 11g R2 (Oracle JDBC Driver v12.1.0.2.0)
Oracle DB 11g R2 RAC (Oracle JDBC Driver v12.1.0.2.0)
Oracle DB 12 (Oracle JDBC Driver v12.1.0.2.0)
MS SQL Server 2008 R2 SP2 (Microsoft SQL Server JDBC Driver 4.0.2206.100)
MS SQL Server 2012 (Microsoft SQL Server JDBC Driver 4.0.2206.100)
MS SQL Server 2014 (Microsoft SQL Server JDBC Driver 4.0.2206.100)
PostgresSQL 9.2.9 (JDBC4 Postgresql Driver、バージョン 9.3-1102)
PostgresSQL 9.3.1 (JDBC4 Postgresql Driver、バージョン 9.3-1102)
Enterprise DB Postgres Plus Advanced Server 9.2 (Postgres Plus Advanced Server Driver 9.2.1.3)
Enterprise DB Postgres Plus Advanced Server 9.3 (Postgres Plus Advanced Server Driver 9.3.1.3)
IBM DB2 9.7 (IBM DB2 JDBC Universal Driver Architecture 4.14.137 (FP9))
IBM DB2 10.1 (IBM DB2 JDBC Universal Driver Architecture 4.15.113)
IBM DB2 10.5 (IBM DB2 JDBC Universal Driver Architecture 4.17.29)
Sybase 15.7 (JDBC(TM)/7.07 ESD #5 (Build 26792)/P/EBF20686)


JDG はランタイム用のアプリケーションサーバーを必要としません。また JDG は、サポート対象の JVM でコンテナーを使用せずにアプリケーションと共にデプロイされた場合にサポートされます。 JDG 6.6 のライブラリーモードは、以下のコンテナーでテストされています。

アプリケーションコンテナー バージョン
JBoss EAP 6.4
JBoss EWS (Tomcat) 3.0 (8.0.18、7.0.54)
Apache Karaf 3.0、2.4
Weblogic 12.1.3
コンテナーなし (Java SE) 該当なし


JDG 6.6 の Hot Rod Java クライアントは、以下のコンテナーでテストされています。

アプリケーションコンテナー バージョン
JBoss EAP 6.4、5.2
JBoss EWS (Tomcat) 3.0 (8.0.18、7.0.54)
Apache Karaf 3.0、2.4
Weblogic 12.1.3
コンテナーなし (Java SE) 該当なし


JDG 6.6 の camel-jbossdatagrid コンポーネントは、以下の Red Hat JBoss 統合製品でテストされています。

製品 バージョン
JBoss Fuse (Camel) 6.2 (2.15)

注記: camel-jbossdatagrid コンポーネントは、上記の Camel のエンタープライズバージョン (JBoss EAP 6.4 で実行) でもテストされています。


JDG 6.6 の infinispan-spring モジュールは、Spring Framework の以下のバージョンでテストされています。

Infinispan-spring モジュール Spring Framework のバージョン
infinispan-spring3 3.2.9
infinispan-spring4 4.1.0

サポートされる構成: JBoss Data Grid 6.5

(バージョン 6.5.1 時点)

Java 仮想マシン バージョン
OpenJDK 1.6
1.7
1.8
Oracle JDK 1.6
1.7
1.8
IBM JDK 1.6
1.7
1.8
Azul Zing 1.7

テスト済みの構成: JBoss Data Grid 6.5

オペレーティングシステム チップセットアーキテクチャー Java 仮想マシン
Red Hat Enterprise Linux 7 (最新アップデート) x86_64 Oracle JDK 1.7
Oracle JDK 1.8
IBM JDK 1.7
IBM JDK 1.8
OpenJDK 1.7
OpenJDK 1.8
Red Hat Enterprise Linux 6 (最新アップデート) x86_64 Oracle JDK 1.6
Oracle JDK 1.7
Oracle JDK 1.8
IBM JDK 1.6
IBM JDK 1.7
IBM JDK 1.8
OpenJDK 1.6
OpenJDK 1.7
OpenJDK 1.8
Azul Zing 1.7 (build 15.02.1.0)
Red Hat Enterprise Linux 5 (最新アップデート) x86_64 Oracle JDK 1.6
Oracle JDK 1.7
IBM JDK 1.6
IBM JDK 1.7
OpenJDK 1.6
Microsoft Windows 2008 Server R2 x86_64 Oracle JDK 1.6
Oracle JDK 1.7
Oracle JDK 1.8
Microsoft Windows 2012 Server x86_64 Oracle JDK 1.6
Oracle JDK 1.7
Oracle JDK 1.8
Oracle Solaris 10 x86_64
SPARC64
Oracle JDK 1.6
Oracle JDK 1.7
Oracle Solaris 11 x86_64
SPARC64
Oracle JDK 1.6
Oracle JDK 1.7


JBoss Data Grid 6.5 リリースの一部として、以下のデータベースおよびデータベースドライバーがテストされています。

データベース バージョン (JDBC Driver のバージョン)
MySQL 5.5 (IPv4、IPv6) (MySQL Connector/J 5.1.33)
MySQL 5.7 (MySQL Connector/J 5.1.33)
Oracle DB 11g R1 ( Oracle JDBC Driver v12.1.0.2.0)
Oracle DB 11g R1 RAC (Oracle JDBC Driver v12.1.0.2.0)
Oracle DB 11g R2 (Oracle JDBC Driver v12.1.0.2.0)
Oracle DB 11g R2 RAC (Oracle JDBC Driver v12.1.0.2.0)
Oracle DB 12 (Oracle JDBC Driver v12.1.0.2.0)
MS SQL Server 2008 R2 SP2 (Microsoft SQL Server JDBC Driver 4.0.2206.100)
MS SQL Server 2012 (Microsoft SQL Server JDBC Driver 4.0.2206.100)
MS SQL Server 2014 (Microsoft SQL Server JDBC Driver 4.0.2206.100)
PostgresSQL 9.2 (JDBC4 Postgresql Driver、バージョン 9.3-1102)
PostgresSQL 9.3 (JDBC4 Postgresql Driver、バージョン 9.3-1102)
Enterprise DB Postgres Plus Advanced Server 9.2 (Postgres Plus Advanced Server Driver 9.2)
Enterprise DB Postgres Plus Advanced Server 9.3 (Postgres Plus Advanced Server Driver 9.3)
IBM DB2 9.7 (IBM DB2 JDBC Universal Driver Architecture 4.14.137 (FP9))
IBM DB2 10.1 (IBM DB2 JDBC Universal Driver Architecture 4.15.113)
IBM DB2 10.5 (IBM DB2 JDBC Universal Driver Architecture 4.17.29)
Sybase 15.7 (JDBC(TM)/7.07 ESD #5 (Build 26792)/P/EBF20686)


JDG はランタイム用のアプリケーションサーバーを必要としません。また JDG は、サポート対象の JVM でコンテナーを使用せずにアプリケーションと共にデプロイされた場合にサポートされます。 JDG 6.5 のライブラリーモードは、以下のコンテナーでテストされています。

アプリケーションコンテナー バージョン
JBoss EAP 6.4
JBoss EWS (Tomcat) 3.0 (8.0.18)、2.1 (7.0.54)
Apache Karaf 3.0、2.3、2.4
Weblogic 12.1.3
コンテナーなし (Java SE) 該当なし


JDG 6.5 の Hot Rod Java クライアントは、以下のコンテナーでテストされています。

アプリケーションコンテナー バージョン
JBoss EAP 6.4、5.2
JBoss EWS (Tomcat) 3.0 (8.0.18)、2.1 (7.0.54)
Apache Karaf 3.0、2.3、2.4
Weblogic 12.1.3
コンテナーなし (Java SE) 該当なし


JDG 6.5 の camel-jbossdatagrid コンポーネントは、以下の Red Hat JBoss 統合製品でテストされています。

製品 バージョン
JBoss Fuse (Camel) 6.2 (2.15)、6.1 (2.12)

注記: camel-jbossdatagrid コンポーネントは、上記の Camel のエンタープライズバージョン (JBoss EAP 6.4 で実行) でもテストされています。


JDG 6.5 の infinispan-spring モジュールは、Spring Framework の以下のバージョンでテストされています。

Infinispan-spring モジュール Spring Framework のバージョン
infinispan-spring3 3.2.9
infinispan-spring4 4.1.0

サポートされる構成: JBoss Data Grid 6.4

(バージョン 6.4.1 時点)

Java 仮想マシン バージョン
OpenJDK 1.6
1.7
1.8
Oracle JDK 1.6
1.7
1.8
IBM JDK 1.6
1.7
1.8
Azul Zing 1.7

テスト済みの構成: JBoss Data Grid 6.4

オペレーティングシステム チップセットアーキテクチャー Java 仮想マシン
Red Hat Enterprise Linux 7 (最新アップデート) x86_64 Oracle JDK 1.7
Oracle JDK 1.8
IBM JDK 1.7
IBM JDK 1.8
OpenJDK 1.7
OpenJDK 1.8
Red Hat Enterprise Linux 6 (最新アップデート) x86_64 Oracle JDK 1.6
Oracle JDK 1.7
Oracle JDK 1.8
IBM JDK 1.6
IBM JDK 1.7
IBM JDK 1.8
OpenJDK 1.6
OpenJDK 1.7
OpenJDK 1.8
Azul Zing 1.7 (build 15.02.1.0)
Red Hat Enterprise Linux 5 (最新アップデート) x86_64 Oracle JDK 1.6
Oracle JDK 1.7
IBM JDK 1.6
IBM JDK 1.7
OpenJDK 1.6
Microsoft Windows 2008 Server R2 x86_64 Oracle JDK 1.6
Oracle JDK 1.7
Microsoft Windows 2012 Server x86_64 Oracle JDK 1.6
Oracle JDK 1.7
Oracle Solaris 10 x86_64
SPARC64
Oracle JDK 1.6
Oracle JDK 1.7
Oracle Solaris 11 x86_64
SPARC64
Oracle JDK 1.6
Oracle JDK 1.7


JBoss Data Grid 6.4 リリースの一部として、以下のデータベースおよびデータベースドライバーがテストされています。

データベース バージョン (JDBC Driver のバージョン)
MySQL 5.5 (IPv4、IPv6) (MySQL Connector/J 5.1.28)
Oracle DB 11g R1 ( Oracle JDBC Driver 11.2.0.3.0)
Oracle DB 11g R1 RAC (Oracle JDBC Driver 11.1.0.7.0)
Oracle DB 11g R2 (Oracle JDBC Driver 11.2.0.3.0)
Oracle DB 11g R2 RAC (Oracle JDBC Driver 11.2.0.4.0)
Oracle DB 12 (Oracle JDBC Driver 11.2.0.3.0)
MS SQL Server 2008 R2 SP2 (Microsoft SQL Server JDBC Driver 4.0.2206.100)
MS SQL Server 2012 (Microsoft SQL Server JDBC Driver 4.0.2206.100)
PostgresSQL 9.2 (JDBC4 Postgresql Driver、バージョン 9.3-1100)
Enterprise DB Postgres Plus Advanced Server 9.2 (Postgres Plus Advanced Server Driver 9.2 (9.2.1.3))
IBM DB2 9.7 (IBM DB2 JDBC Universal Driver Architecture 4.14.122 (FP8))
IBM DB2 10.1 (IBM DB2 JDBC Universal Driver Architecture 4.13.127)
Sybase 15.7 (JDBC(TM)/7.07 ESD #5 (Build 26792)/P/EBF20686)


JDG はランタイム用のアプリケーションサーバーを必要としません。また JDG は、サポート対象の JVM でコンテナーを使用せずにアプリケーションと共にデプロイされた場合にサポートされます。 JDG 6.4 のライブラリーモードは、以下のコンテナーでテストされています。

アプリケーションコンテナー バージョン
JBoss EAP 6.4、6.3
JBoss EWS (Tomcat) 3.0 (7.0.59、8.0.18)、2.1 (7.0.54)
Apache Karaf 3.0、2.3
Weblogic 12.1.3
コンテナーなし (Java SE) 該当なし


JDG 6.4 の Hot Rod Java クライアントは、以下のコンテナーでテストされています。

アプリケーションコンテナー バージョン
JBoss EAP 6.4、6.3、5.2
JBoss EWS (Tomcat) 3.0 (7.0.59、8.0.18)、2.1 (7.0.54)
Apache Karaf 3.0、2.3
Weblogic 12.1.3
コンテナーなし (Java SE) 該当なし


camel-jbossdatagrid コンポーネントは、以下の Red Hat JBoss 統合製品でテストされています。

製品 バージョン
JBoss Fuse (Camel) 6.1 (2.12)

注記: camel-jbossdatagrid コンポーネントは、Fuse 6.1 の Camel 2.12 (JBoss EAP 6.4 で実行) でもテストされています。


infinispan-spring モジュールは、Spring Framework の以下のバージョンでテストされています。

Infinispan-spring モジュール Spring Framework のバージョン
infinispan-spring3 3.2.9
infinispan-spring4 4.1.0

サポートされる構成: JBoss Data Grid 6.3

(バージョン 6.3.2 時点)

Java 仮想マシン バージョン
OpenJDK 1.6
1.7
Oracle JDK 1.6
1.7
IBM JDK 1.6
1.7
Azul Zing 1.6

テスト済みの構成: JBoss Data Grid 6.3

オペレーティングシステム チップセットアーキテクチャー Java 仮想マシン
Red Hat Enterprise Linux 7 (最新アップデート) x86_64 Oracle JDK 1.7
IBM JDK 1.7
OpenJDK 1.7
Red Hat Enterprise Linux 6 (最新アップデート) x86_64 Oracle JDK 1.6
Oracle JDK 1.7
IBM JDK 1.6
IBM JDK 1.7
OpenJDK 1.6
OpenJDK 1.7
Azul Zing 1.6 (build 5.6.1)
Red Hat Enterprise Linux 5 (最新アップデート) x86_64 Oracle JDK 1.6
Oracle JDK 1.7
IBM JDK 1.6
IBM JDK 1.7
OpenJDK 1.6
Microsoft Windows 2008 Server R2 x86_64 Oracle JDK 1.6
Oracle JDK 1.7
Microsoft Windows 2012 Server x86_64 Oracle JDK 1.6
Oracle JDK 1.7
Oracle Solaris 10 x86_64
SPARC64
Oracle JDK 1.6
Oracle JDK 1.7
Oracle Solaris 11 x86_64
SPARC64
Oracle JDK 1.6
Oracle JDK 1.7

JBoss Data Grid 6.3 リリースの一部として、以下のデータベースおよびデータベースドライバーがテストされています。

データベース バージョン (JDBC Driver のバージョン)
MySQL 5.5 (IPv4、IPv6) (MySQL Connector/J 5.1.28)
Oracle DB 11g R1 (Oracle JDBC Driver v11.1.0.7)
Oracle DB 11g R1 RAC (Oracle JDBC Driver v11.1.0.7)
Oracle DB 11g R2 (Oracle JDBC Driver v11.2.0.4.0)
Oracle DB 11g R2 RAC (Oracle JDBC Driver v11.2.0.4.0)
MS SQL Server 2008 R2 SP2 (Microsoft SQL Server JDBC Driver 4.0.2206.100)
MS SQL Server 2012 (Microsoft SQL Server JDBC Driver 4.0.2206.100)
PostgresSQL 9.2 (JDBC4 Postgresql Driver、バージョン 9.3-1100)
Enterprise DB Postgres Plus Advanced Server 9.2 (Postgres Plus Advanced Server Driver 9.2 (9.2.1.3))
IBM DB2 9.7 (IBM DB2 JDBC Universal Driver Architecture 4.14.122 (FP8))
IBM DB2 10.1 (IBM DB2 JDBC Universal Driver Architecture 4.13.127)
Sybase 15.7 (JDBC(TM)/7.07 ESD #5 (Build 26792)/P/EBF20686)

JDG はランタイム用のアプリケーションサーバーを必要としません。また JDG は、サポート対象の JVM でコンテナーを使用せずにアプリケーションと共にデプロイされた場合にサポートされます。
JDG 6.3 のライブラリーモードは、以下のコンテナーでテストされています。

アプリケーションコンテナー バージョン
JBoss EAP 6.3、6.2、6.1.1
JBoss EWS (Tomcat) 2.1.0 (7.0.54)、2.0.1 (7.0.40)
Apache Karaf 3.0、2.3
Weblogic 12.1.2
コンテナーなし (Java SE) 該当なし

JDG 6.3 の Hot Rod Java クライアントは、以下のコンテナーでテストされています。

アプリケーションコンテナー バージョン
JBoss EAP 6.3、6.2、6.1.1、5.2
JBoss EWS (Tomcat) 2.1.0 (7.0.54)、2.0.1 (7.0.40)
Apache Karaf 3.0、2.3
Weblogic 12.1.2
コンテナーなし (Java SE) 該当なし

サポートされる構成: JBoss Data Grid 6.2

(バージョン 6.2.1 時点)

Java 仮想マシン バージョン
OpenJDK 1.6
1.7
Oracle JDK 1.6
1.7
IBM JDK 1.6
1.7
Azul Zing 1.6

テスト済みの構成: JBoss Data Grid 6.2

(バージョン 6.2.1 時点)

オペレーティングシステム チップセットアーキテクチャー Java 仮想マシン
Red Hat Enterprise Linux 6 (最新アップデート) x86_64 Oracle JDK 1.6
Oracle JDK 1.7
IBM JDK 1.6
IBM JDK 1.7
OpenJDK 1.6
OpenJDK 1.7
Azul Zing 1.6 (build 5.6.1)
Red Hat Enterprise Linux 6 (最新アップデート) x86 Oracle JDK 1.6
Oracle JDK 1.7
IBM JDK 1.6
IBM JDK 1.7
OpenJDK 1.6
OpenJDK 1.7
Red Hat Enterprise Linux 5 (最新アップデート) x86
x86_64
Oracle JDK 1.6
Oracle JDK 1.7
IBM JDK 1.6
IBM JDK 1.7
OpenJDK 1.6
Microsoft Windows 2008 Server R2 x86_64 Oracle JDK 1.6
Oracle JDK 1.7
Microsoft Windows 2012 Server x86_64 Oracle JDK 1.6
Oracle JDK 1.7
Oracle Solaris 10 x86_64
SPARC64
Oracle JDK 1.6
Oracle JDK 1.7
Oracle Solaris 11 x86_64
SPARC64
Oracle JDK 1.6
Oracle JDK 1.7

JBoss Data Grid 6.2 リリースの一部として、以下のデータベースおよびデータベースドライバーがテストされています。

データベース バージョン (JDBC Driver のバージョン)
MySQL 5.5 (IPv4、IPv6) (MySQL Connector/J 5.1.23)
Oracle DB 11g R1 (Oracle JDBC Driver v11.1.0.7)
Oracle DB 11g R1 RAC (Oracle JDBC Driver v11.1.0.7)
Oracle DB 11g R2 (Oracle JDBC Driver v11.2.0.3.0)
Oracle DB 11g R2 RAC (Oracle JDBC Driver v11.2.0.3.0)
MS SQL Server 2008 R2 SP2 (Microsoft SQL Server JDBC Driver 4.0.2206.100)
MS SQL Server 2012 (Microsoft SQL Server JDBC Driver 4.0.2206.100)
PostgresSQL 8.4 (JDBC4 Postgresql Driver、バージョン 8.4-703)
PostgresSQL 9.2 (JDBC4 Postgresql Driver、バージョン 9.2-1002)
Enterprise DB Postgres Plus Advanced Server 9.2 (Postgres Plus Advanced Server Driver 9.2 (9.2.1.3))
IBM DB2 9.7 (IBM DB2 JDBC Universal Driver Architecture 4.14.122 (FP8))
IBM DB2 10.1 (IBM DB2 JDBC Universal Driver Architecture 4.13.127)
Sybase 15.7 (JDBC(TM)/7.07 ESD #5 (Build 26792)/P/EBF20686)

JDG はランタイム用のアプリケーションサーバーを必要としません。また JDG は、サポート対象の JVM でコンテナーを使用せずにアプリケーションと共にデプロイされた場合にサポートされます。JDG のコンテナー内でのデプロイメントは一般的なユースケースなので、Red Hat が「ライブラリー」デプロイメントの JDG でテストしたランタイムコンテナーが多数あります。 JBoss Data Grid 6.2 リリースの一部として、以下のコンテナーがテストされています。

アプリケーションコンテナー バージョン
JBoss EAP 6.2、6.1.1、6.0.1
JBoss EWS (Tomcat) 2.0.1 (7.0.40)

サポートされる構成: JBoss Data Grid 6.1

Java 仮想マシン バージョン
OpenJDK 1.6
1.7
Oracle JDK 1.6
1.7
IBM JDK 1.6
1.7

テスト済みの構成: JBoss Data Grid 6.1

オペレーティングシステム チップセットアーキテクチャー Java 仮想マシン
Red Hat Enterprise Linux 6 (最新アップデート) x86
x86_64
Oracle JDK 1.6
Oracle JDK 1.7
IBM JDK 1.6
IBM JDK 1.7
OpenJDK 1.6
OpenJDK 1.7
Red Hat Enterprise Linux 5 (最新アップデート) x86
x86_64
Oracle JDK 1.7
IBM JDK 1.7
Microsoft Windows 2008 Server R2 x86_64 Oracle JDK 1.6
Oracle JDK 1.7
Oracle Solaris 10 x86_64
SPARC64
Oracle JDK 1.7
Oracle Solaris 11 x86_64
SPARC64
Oracle JDK 1.7

JBoss Data Grid 6.1 リリースの一部として、以下のデータベースおよびデータベースドライバーがテストされています。

データベース バージョン (JDBC Driver のバージョン)
MySQL 5.5 (MySQL Connector/J 5.1.22)
Oracle DB 11g R2 (Oracle JDBC Driver 11.2.0.3.0)
MS SQL Server 2008 R2 (Microsoft SQL Server JDBC Driver 4.0.2206.100)
PostgresSQL 9.1 (JDBC4 Postgresql Driver 9.1-903)
IBM DB2 9.7 (IBM DB2 JDBC Universal Driver Architecture 4.14.119)
Sybase 15.7 (jConnect (TM) for JDBC(TM) 7.07 GA(Build 26666)/P/EBF19485))

JDG はランタイム用のアプリケーションサーバーを必要としません。また JDG は、サポート対象の JVM でコンテナーを使用せずにアプリケーションと共にデプロイされた場合にサポートされます。JDG のコンテナー内でのデプロイメントは一般的なユースケースなので、Red Hat が「ライブラリー」デプロイメントの JDG でテストしたランタイムコンテナーが多数あります。 JBoss Data Grid 6.1 リリースの一部として、以下のコンテナーがテストされています。

アプリケーションコンテナー バージョン
JBoss EAP 6.0.1
JBoss EWS (Tomcat) 2.0.0 (7.0.30)

サポートされる構成: JBoss Data Grid 6.0

Java 仮想マシン バージョン
OpenJDK 1.6
1.7
Oracle JDK 1.6
1.7
IBM JDK 1.6
1.7

テスト済みの構成: JBoss Data Grid 6.0

オペレーティングシステム チップセットアーキテクチャー Java 仮想マシン
Red Hat Enterprise Linux 6 (最新アップデート) x86
x84_64
Oracle JDK 1.6
Oracle JDK 1.7
IBM JDK 1.6
IBM JDK 1.7
OpenJDK 1.6
OpenJDK 1.7
Red Hat Enterprise Linux 5 (最新アップデート) x86
x84_64
Oracle JDK 1.6
Oracle JDK 1.7
IBM JDK 1.6
IBM JDK 1.7
OpenJDK 1.6
Microsoft Windows 2008 Server R2 x86
x86_64
Oracle JDK 1.6
Oracle JDK 1.7
Oracle Solaris 10 x86_64
x86
SPARC64
Oracle JDK 1.6
Oracle JDK 1.7
Oracle Solaris 11 x86_64
x86
SPARC64
Oracle JDK 1.6
Oracle JDK 1.7

JBoss Data Grid 6.0 リリースの一部として、以下のデータベースおよびデータベースドライバーがテストされています。

データベース バージョン (JDBC Driver のバージョン)
MySQL 5.1 (MYSQL Connector/J 5.1.17)
Oracle DB 11g R2 (Oracle JDBC Driver v11.2.0.2.0)
MS SQL Server 2008、2008 R2 (Microsoft SQL Server JDBC Driver 3.0.1301.101)
PostgresSQL 9.1.0 (JDBC4 Postgresql Driver、バージョン 9.1-901)
IBM DB2 9.7 FP4 (IBM DB2 JDBC Universal Driver Architecture 4.12.55)
Sybase 15.5 (Sybase jConnect JDBC driver v7 (Build 26502/EBF17993)

JDG はランタイム用のアプリケーションサーバーを必要としません。また JDG は、サポート対象の JVM でコンテナーを使用せずにアプリケーションと共にデプロイされた場合にサポートされます。JDG のコンテナー内でのデプロイメントは一般的なユースケースなので、Red Hat が「ライブラリー」デプロイメントの JDG でテストしたランタイムコンテナーが多数あります。 JBoss Data Grid 6.0 リリースの一部として、以下のコンテナーがテストされています。

アプリケーションコンテナー バージョン
JBoss EAP 6.0
JBoss EWS (Tomcat) 2.0 (7.0)

  1. Red Hat では、サポートされる環境をお客様が引き続き利用されることを前提としています。ベンダーが JVM、オペレーティングシステム、データベースなどのサポートを終了した場合 (特定のバージョンのサポートを含む) は、Red Hat が提供するサポートが限定される可能性があります。サポートを継続するには、サポートされる環境における問題再現をお客様にお願いする場合があります。