Warning message

This translation is outdated. For the most up-to-date information, please refer to the English version.

OpenJDK ライフサイクルおよびサポートポリシー

Updated -

このナレッジでは、Red Hat Enterprise Linux (RHEL) に同梱される OpenJDK のライフサイクルとサポートポリシーについて説明します。ここで説明される内容は、Sun、Oracle、または IBM から提供されている Java ランタイムまたは JDK の実装には適用されません。

ここに記載されている内容は変更する可能性があります。

OpenJDK (Open Java Development Kit) は、Java Platform Standard Edition (Java SE) のオープンソース実装にあたり、無料で使用できます。アップストリームのコミュニティプロジェクト OpenJDK は現在 Oracle がスポンサーとして率いており、リンク例外を持つ GNU General Public License (GNU GPL 2 および 2+) でリリースされています。

インデックス

概要
OpenJDK ライフサイクルおよびサポートポリシー
OpenJDK ライフサイクルの日付と RHEL のバージョン
よくある質問および参照情報

ここに記載されている内容は変更する可能性があります。

概要

OpenJDK (Open Java Development Kit) は、Java Platform Standard Edition (Java SE) のオープンソースの実装です。アップストリームのコミュニティプロジェクト OpenJDK は現在 Oracle がスポンサーとして率いており、リンク例外を持つ GNU General Public License (GNU GPL 2 および 2+) でリリースされています。

OpenJDK は、Red Hat Enterprise Linux におけるデフォルトの Java 開発およびランタイムとなります。OpenJDK のパッケージは、他のコンテンツセットと同じように、Red Hat Enterprise Linux で利用できます。

Oracle 社が Java Platform SE の開発を率いており、OpenJDK プロジェクトに大きく貢献しております。詳細は Overview and Development model of Java Platform SE を参照してください。

Red Hat は、IBM や Oracle からサードパーティの JDK を再ディストリビュートしているため、この JDK のサポート状況とライフサイクルの詳細はベンダーに直接お問い合わせください。以下のセクションでは、Red Hat Enterprise Linux (RHEL) における OpenJDK のサポート状況のみを説明します。

OpenJDK ライフサイクルおよびサポートポリシー

OpenJDK は RHEL でディストリビュートされていますが、ライフサイクルは RHEL のものとは異なります。

メジャーバージョンの OpenJDK のサポート終了日は、RHELのいずれかのバージョンで最初に導入されてから 6 年、もしくはベースとなる RHEL プラットフォームのサポートが終了した日のいずれか早い方が採用されます。RHEL で現在利用できるアクティブなメジャーバージョンは 3 つありますが、実際にアップデートとサポートを受け取るにはできるだけ早く最新バージョンの OpenJDK に移行することが推奨されます。

OpenJDK ライフサイクルの日付と RHEL のバージョン

RHEL 5 のサポートが追加されたバージョン RHEL 6 のサポートが追加されたバージョン RHEL 7 のサポートが追加されたバージョン サポート終了日
OpenJDK 6 (1.6) 5.3 6.0 7.0 2016 年 12 月
OpenJDK 7 (1.7) 5.9 6.3 7.0 2018 年 6 月
OpenJDK 8 (1.8) 該当なし 6.6 7.1 2020 年 10 月

よくある質問および参照情報

テクノロジプレビューとは

テクノロジプレビューは、新しい技術をいち早く利用できるように提供されている機能です。テクノロジプレビューのサポート範囲については、Scope of Coverage for Technology Previews を参照してください。

予定日

予定されているリリース、日付、ライフサイクル期間は変更する可能性があります。

Red Hat は、OpenJDK をコード修正できますか?

はい、できます。Red Hat は、このナレッジに記載されているライフサイクルのガイダンスに従って、Red Hat Enterprise Linux に同梱される OpenJDK ソフトウェアにアップデートを提供することができます。

同じサーバーに複数のメジャーリリースをインストールすることはできますか?

はい。メディア (DVD) または RHN チャンネルで利用できる場合に限り、同じ RHEL サーバーに OpenJDK の複数のバージョンをインストールすることができます。このパッケージは別々のパッケージで、バージョン番号が RPM の名前に明記されています。また、サードパーティの Java JDK/JRE を OpenJDK と同時にインストールすることもできます。RHEL は、Supplementary チャンネルで Oracle および IBM からの、サードパーティの Java ディストリビューションを提供しています。これらのディストリビューションは便宜上提供されているため、正確には RHEL プラットフォームの一部ではありません。alternatives ツール [1] を使用して、OpenJDK またはサードパーティ Java を設定することをお勧めします。

同じサーバーに複数のマイナーリリースをインストールする方法は?

RHEL は、(メジャー) リリースのライフに重要なコンポーネントのバイナリ互換性を維持することに実績があります。OpenJDK は、このルールの例外ではありません。特定のリリース ("1.41.1.10.4.el6" など) を引き続き使用することができます。ただし、利用できる最新のリリースにアップデートすることが強く推奨されます。これにより、最新の重要なバグに対する修正と、セキュリティ修正を受け取ることが保証されます。

Red Hat は、以前のリリースに対しては商業的に妥当なサポートしか提供していないため、問題の再現や特定を助けるために、最新のリリースにアップデートすることが必要になる場合があります。Red Hat は、リリース間のバイナリー互換性をバグとして扱い、SLA により修正を提供することを試みます。これに対する例外には、バイナリーの互換性の破損を避ける選択肢がないパッケージのセキュリティ脆弱性にパッチを提供することが含まれますが、制限はされていません。これらのケースは非常にまれで、エラータに明確に文書化されています。

Oracle がソースをリリースしていないバイナリープラグはサポートされますか?

OpenJDK バイナリープラグは提供していません。

Red Hat は、TCK に準拠しているかを判断するテストを実施しますか?

はい。Oracle から提供される TCK テストスイートを実行します。コード変更があるたびに TCK を実行し、OpenJDK が Java 仕様に準拠していることを確認します。

「プロダクションサポートが終了」した後はどのようなサポートが受けられますか?

Red Hat が提供するテクニカルサポートにも制限が課せられます。バグおよびセキュリティ問題の修正や、原因の解析は行われず、サポートは既存のインストールに対してのみ提供されます。これは、 RHEL Extended Life Phase に準拠しています。

[1] alternatives を使用して、異なる JDK を管理する方法については、What is the alternatives system and how do I configure it? を参照してください。

Was this helpful?

We appreciate your feedback. Leave a comment if you would like to provide more detail.
It looks like we have some work to do. Leave a comment to let us know how we could improve.
Close

Welcome! Check out the Getting Started with Red Hat page for quick tours and guides for common tasks.