OpenJDK のライフサイクルおよびサポートポリシー

更新 -

インデックス

概要
OpenJDK のライフサイクルおよびサポートポリシー
OpenJDK の更新リリース日
OpenJDK のライフサイクルの日付と RHEL のバージョン
OpenJDK のライフサイクルの日付と Windows のバージョン
OpenJDK エンタイトルメント
よくある質問 (FAQ) および参照情報

このアーティクルの情報は、随時変更される可能性があります。

概要

OpenJDK (Open Java Development Kit) は、Java Platform Standard Edition (Java SE) のオープンソース実装です。アップストリームコミュニティー プロジェクト OpenJDK は現在、Oracle がスポンサーおよび主導 しており、リンク例外ありの GNU 一般公衆利用許諾書 (GNU GPL 2 および 2+) でリリースされています。

OpenJDK は、Red Hat Enterprise Linux の Java Development Kit (JDK) および Java Runtime Environment (JRE) です。OpenJDK のパッケージは、他のコンテンツセットと同じように、Red Hat Enterprise Linux で利用できます。Microsoft Windows 向けの OpenJDK パッケージは、カスタマーポータルの Software Downloads セクションからも配布しています。また、OpenJDK は、Red Hat Container Catalog の多くのコンテナーでも、JDK および JRE として同梱されています。

Oracle は、Java Platform SE の開発を主導 しており、OpenJDK プロジェクトに大きく貢献しています。Red Hat は、Oracle 以外でこのプロジェクトに大きく貢献する企業の 1 つです。詳細は、Java Platform SE の概要と開発モデル を参照してください。

以下のセクションでは、Red Hat による OpenJDK のサポート範囲を説明します。

OpenJDK のライフサイクルおよびサポートポリシー

OpenJDK のメジャーバージョンは、Red Hat が最初に提供を開始した日から最低 6 年間はサポートされます。基本となる RHEL プラットフォームの終了日が OpenJDK バージョンの終了日に先行する場合は、RHEL のバージョンのサポート終了日が OpenJDK のバージョンのサポート終了日となります。 RHEL で現在利用できるアクティブなメジャーバージョンは 3 つありますが、今後も更新とサポートを受け取るには、できるだけ早く最新バージョンの OpenJDK に移行することを推奨します。

OpenJDK の更新

Red Hat は、OpenJDK 8 および 11 ディストリビューション向けに、約 3 カ月間隔で年間 4 つの更新を提供します。

OpenJDK のライフサイクルの日付と RHEL のバージョン

RHEL 5 のサポートが追加されたバージョン RHEL 6 のサポートが追加されたバージョン RHEL 7 のサポートが追加されたバージョン RHEL 8 のサポートが追加されたバージョン OpenJDK バージョンのサポート終了日
OpenJDK 6 (1.6) 5.3 6.0 7.0 該当なし 2016 年 12 月
OpenJDK 7 (1.7) 5.9 6.3 7.0 該当なし 2020 年 6 月
OpenJDK 8 (1.8) 該当なし 6.6 7.1 8.0 2026 年 5 月*
OpenJDK 11 該当なし 該当なし 7.6 8.0 2024 年 10 月

*「Why is OpenJDK 8 supported for longer than OpenJDK 11?」

OpenJDK のライフサイクルの日付と Windows のバージョン

Windows Server 2012 R2 のサポート追加 Windows Server 2016 のサポート追加 Windows 7、8、10 のサポート追加 Windows Server 2019 のサポート追加 OpenJDK バージョンのサポート終了日
OpenJDK 8 (1.8) 2018 年 8 月 2018 年 8 月 2018 年 12 月 2020 年 2 月 2026 年 5 月
OpenJDK 11 2018 年 10 月 2018 年 10 月 2018 年 12 月 2020 年 2 月 2024 年 10 月

OpenJDK エンタイトルメント

OpenJDK における Java Workload のエンタイトルメントは、Red Hat Enterprise Linux サブスクリプションに同梱されています。Red Hat Middleware サブスクリプションには、Red Hat Middleware で使用できるように、Windows 向け OpenJDK エンタイトルメントが含まれます。Windows (Red Hat Middleware 以外) でのその他の Java Workload に対しては、Windows 上の OpenJDK 用に追加のサブスクリプションが必要です。

OpenJDK のエンタイトルメントは、Red Hat Enterprise Linux サブスクリプションに同梱されています。Windows 向け OpenJDK のエンタイトルメントは、Red Hat Middleware サブスクリプションに同梱されています。Windows でのその他の Java Workload に対しては、OpenJDK 用に追加のサブスクリプションが必要です。"

よくある質問 (FAQ) および参照情報

OpenJDK のサービスレベルアグリーメントおよびサポートの対象範囲について教えてください。

OpenJDK の サービスレベルアグリーメント (SLA) およびサポートの対象範囲 (SoC) は、ユースケースにより定められます。

開発者サポートの SoC は こちら、SLA は こちら で定義されています。

RHEL および Windows での OpenJDK の実稼働デプロイメントの場合、SoC は こちら、SLA は こちら で定義されています。

Red Hat は OpenJDK の修正パッチを提供できますか?

はい、提供できます。Red Hat は、Red Hat Enterprise Linux および Windows ディストリビューションに同梱される OpenJDK ソフトウェアに対して、更新を提供できます。ただし、このアーティクルに記載のライフサイクルガイダンスの内容と、アップストリームディストリビューションでの修正の有無により左右されます。Red Hat は、以前のアップストリームバージョンで修正が提供されない場合には、OpenJDK の新しいバージョンから古いバージョンに修正をバックポートすることも可能です。

Windows のサポートについて教えてください。

こちらのアーティクル を参照してください。

同じ RHEL サーバーに複数バージョンの OpenJDK をインストールすることは可能ですか?

はい、可能です。OpenJDK をメディア (DVD) または Red Hat Network (RHN) チャンネルで入手できる場合に限り、同じ RHEL サーバーに OpenJDK の複数のバージョンをインストールできます。このパッケージは別々のパッケージで、バージョン番号が RPM の名前に明記されています。また、サードパーティーの Java JDK/JRE を OpenJDK と同時にインストールすることもできます。Red Hat は、お客様の利便性を考慮し、Supplementary チャンネル経由でも IBM JDK のバンドルを提供しています。ただし、IBM JDK は RHEL コンテンツセットには組み込まれておらず、更新とライフサイクルは IBM のガイダンスに従う点にご注意ください。OpenJDK またはサードパーティーの Java を設定するには、alternatives ツール[1] を使用することを推奨します。

1 台のサーバーに複数のマイナーリリースをインストールする方法を教えてください。

RHEL は、(メジャー) リリースのライフサイクルで、重要なコンポーネントのバイナリー互換性を維持することに実績があります。OpenJDK もこのルールの例外ではありません。ユーザーは、特定のリリース ("1.41.1.10.4.el6" など) を引き続き使用することができます。ただし、利用できる最新のリリースに更新することが強く推奨されます。これにより、最新の重要なバグに対する修正およびセキュリティー修正を確実に受け取ることができます。

Red Hat は、以前のリリースに対しては商業的に妥当なサポートを行いますが、問題の再現や特定のために、最新のリリースへの更新が必要になる場合があります。Red Hat は、リリース間におけるバイナリーの非互換性をバグとして扱い、SLA に従って修正を提供することを試みます。これに対する例外として、バイナリーの互換性の破損を回避するオプションがなく、パッケージにセキュリティー脆弱性のパッチを提供する必要がある状況が含まれますが、それに限定されません。このようなケースはほとんどなく、エラータに明確に文書化されています。

Red Hat Enterprise Linux システムに OpenJDK のマイナーバージョンを複数インストールする方法を教えてください。

1 台の Windows サーバーに複数バージョンの OpenJDK をインストールすることはできますか?

Red Hat は、Windows サーバーに OpenJDK 8 および OpenJDK 11 ディストリビューションの両方を提供しています。1 台の Windows システムで複数のバージョンを実行することは完全にサポートされています。

Oracle がソースコードをリリースしていないバイナリープラグはサポートされますか?

2010 年の段階で、OpenJDK ではバイナリープラグはいっさい使用されていません。したがって、OpenJDK はバイナリープラグを提供していません。

Red Hat は、TCK コンプライアンステストを実行しますか?

はい、実行します。Oracle から提供される TCK テストスイートを実行します。コードに変更があるたびに TCK を実行し、OpenJDK が Java 仕様に準拠していることを確認します。

Red Hat では OpenJDK 9、10、または 11 をリリースしていますか?

Red Hat では、Long Term Support (LTS: 長期サポート) リリースのサポートを目的としているため、Java SE 9 および 10 は採用しておらず、Java SE 11 に基づいた OpenJDK ディストリビューションを同梱しています。追加情報は、「Red Hat OpenJDK 11 に関するアドバイス」 のアーティクルを参照してください。

Red Hat では 32 ビットディストリビューションを提供していますか?

Red Hat では、Red Hat Enterprise Linux 6 および 7 に対して、32 ビットディストリビューションを提供しています。OpenJDK ディストリビューションでは、32 ビットディストリビューションをサポートする予定はありません。

Red Hat ビルドの RHEL 向け OpenJDK でサポートされているハードウェアアーキテクチャーはどれですか?

以下のアーキテクチャーは OpenJDK 8 と 11 向けにサポートがあり、RPM にパッケージされています。
-x86_64
-PPC64 (RHEL 7 以降)
-PPC64LE (RHEL 7 以降)
-i686
-AARCH64

OpenJDK 11 のライフサイクルは、以前のバージョンと比べて短くなったようですが、なぜですか?

Red Hat では、各 OpenJDK バージョンのサポート期間を当初は 6 年と定めていました。ライフサイクルは定期的に見直され、十分な要望があると判断した場合は、ライフサイクルを延長できます。OpenJDK 8 ライフサイクルはすでに見直されて延長されています。OpenJDK 11 でも、ライフサイクルの期間内で同じような見直しが行われます。

OpenJDK ライフサイクルと、JBoss Middleware 製品のライフサイクルには、どのような関連性がありますか?

OpenJDK 7 および 8 のライフサイクルが、JBoss Middleware ポートフォリオの製品のライフサイクルと連携するように更新されました。一般的に、JBoss 製品は 2 つ以上の JVM バージョンをサポートします。また、JBoss 製品のライフタイム中は、ユーザーに対してスタックが完全にサポートされるようにライフサイクルを定義しています。Java バージョンを、JBoss 製品のライフタイム内で新しいバージョンにアップグレードしないといけない場合があります。JBoss のライフサイクルは、Red Hat JBoss Middleware の製品アップデートとサポートポリシー ページで定義されています。

OpenJDK は、RHEL 6 の延長ライフサイクルサポート (ELS) のアドオンに同梱されていますか?

いいえ、同梱されていません。こちらのアーティクル に同梱されるパッケージリストが記載されていますが、OpenJDK はリストに記載されていません。

OpenShift で利用可能な OpenJDK イメージにライフサイクルの日付は適用されますか?

はい、提供できます。適用されます。Red Hat Container Catalog で利用可能なコンテナーイメージには、OpenJDK 8 のライフサイクルが適用され、OpenJDK 11 ライフサイクルがリリースされると、そちらが適用されます。Red Hat の OpenJDK 7 は、Red Hat Container Catalog では提供されていません。

カスタマーポータルで利用できる Windows 向け OpenJDK は、developers.redhat.com にあるものと同じバイナリーですか?

これらのバイナリーが同じであるという保証はありません。通常、開発者ポータルとカスタマーポータルのバイナリーは同じではありません。実稼働サポートの場合、ユーザーはカスタマーポータルのバイナリーを使用する必要があります。

Red Hat の OpenJDK ディストリビューションに JavaFX を同梱する予定はありますか?

いいえ、ありません。Red Hat のディストリビューションで、JavaFX または OpenJFX プロジェクトを提供する予定はありません。

Red Hat ビルドの OpenJDK に Java Web Start は同梱されていますか?

はい、同梱されています。Red Hat ビルドの RHEL 向けおよび Windows 向けの OpenJDK バージョン 8 には、Java Web Start サポートが同梱されています。

Red Hat はアプレットをサポートしていますか?

いいえ、サポートしていません。Red Hat の OpenJDK ディストリビューションでは、アプレットに対するテストの実行およびサポートの提供はしていません。アプレットはセキュリティーリスクであると判断され、Java 9 で非推奨となり、現在のブラウザーではサポートされていません。

Shenandoah Garbage Collector は、Red Hat ビルドの Windows 向け OpenJDK でサポートされていますか?

はい。Red Hat ビルドの Windows 向け OpenJDK は Shenandoah GC をサポートしています。Shenandoah GC が含まれるバージョンについては、上記のすべての構成の一覧を確認してください。

Red Hat の OpenJDK ディストリビューションと Oracle JVM における違いは何ですか?

既知の違いに関する詳細は、こちらの アーティクル を参照してください。

[1] alternatives を使用してさまざまな JDK を管理する方法は、「What is the alternatives system and how do I configure it?」 を参照してください。

Comments