Translated message

A translation of this page exists in English.

Red Hat Access の Red Hat Support Tool

更新 -

利点

Red Hat グローバルサポートサービスは、Red Hat Enterprise Linux に Red Hat Access を導入しました。Red Hat Support Tool によって提供される Red Hat Access を使用すると、Red Hat のナレッジベース、リソース、および機能を使用して、ヒントや回答を見つけたり、診断サービスを利用したりできます。

サブスクリプションをお持ちの場合は、このツールをインストールすれば Red Hat Enterprise Linux のターミナルから以下の Red Hat Access サービスを利用できます。

  • Red Hat サポートケースの作成、管理、更新、およびケースへのファイルの添付
  • Red Hat 独自のナレッジベースやソリューションへの簡単なアクセス
  • Red Hat カスタマーポータルでのエラーコードやメッセージなどの検索、ならびに関連するナレッジの閲覧
  • 診断サービスを使用したログファイルの分析
  • カーネルのコアファイルからの簡易バックトレースの取得

TOC

インストール

以下のコマンドを実行して、Red Hat Enterprise Linux の Red Hat Support Tool をインストールします。

yum install redhat-support-tool

使用法

Red Hat Support Tool である redhat-support-tool は、シェルプログラムとシングルステップの実行プログラムの形式で提供されています。Red Hat Support Tool はテキストベースのツールであるため、グラフィカルインターフェースは必要ありません。このツールは SSH 上またはターミナルから実行できます。

このプログラムは、デフォルトではコマンド (opencasebtextractsearch など) が呼び出されるシェルモードで起動します。シェルモードで利用可能なすべてのコマンドは、シングルステップの実行モード (例: redhat-support-tool btextract /path/to/vmcore) でも利用できます。

シェルモードには、タブによるコマンドの補完や「!」の使用した親シェルでのプログラムの呼び出しなど、便利な機能がいくつかあります。

シェルモードの Red Hat Support Tool

Red Hat Support Tool の対話モード

非対話モードの Red Hat Support Tool

Red Hat Support Tool の非対話モード

動画

以下の動画では、Red Hat Support Tool の利用方法や機能についてデモを紹介しています。ただし、動画は英語版のみの提供となります。

  • Red Hat Support Tool First Use はじめての利用: インストール、ナレッジベースの検索、記事のナビゲート。

  • Red Hat Support Tool Configuration Options 設定オプション: プロキシーの設定や、対話モードと非対話モードの違いなど。

  • Red Hat Support Tool - Diagnostics Services 診断サービス: diagnose、analyze、btextract などのコマンドを使用した高度な診断サービス。

  • Red Hat Support Tool - Support Engagement サポートの活用: SOS レポートなどのファイルをケースに添付する方法、ケースの作成方法、ケースの状況を確認する方法など、コマンドラインによる Red Hat サポートの活用。

設定

Red Hat Support Tool は、初回起動時に自動設定されます。Red Hat サポートツールには Red Hat ログインが必要です。これにより、(HTTPS を使用して) Red Hat Access サービスを安全に使用できます。ログイン情報を設定ファイル ($HOME/.redhat-support-tool/redhat-support-tool.conf) に保存することも、ツールを起動するたびに入力することもできます。

Red Hat Support Tool のすべての設定オプションは、config --help コマンドを実行すると表示できます。これらの設定オプションは、config <option name> <option value> コマンドを実行して設定します。実行例は、こちらを参照してください。

Red Hat Support Tool は、インターネットにアクセスするプロキシサーバーが必要なサイトに対してプロキシサポートを提供しています。また、必要に応じて、パスワードが求められるプロキシサーバーを使用するようにツールを設定することもできます。

root ユーザーで設定オプションをグローバルに設定して、システムのすべてのユーザーが利用できるようにすることもできます。システム全体の設定が適切である場合の簡単なユースケースはプロキシー情報です。このユースケースでは、root ユーザーが Red Hat Support Tool を起動し、config --global proxy_url http://proxy.example.com を入力します。プロキシー情報は、ツールによって /etc/redhat-support-tool.conf に保存されます。そのシステム上で一般ユーザーが Red Hat Support Tool を使用する場合、通常はこのプロキシー情報が設定に使用されるため、この情報を提供する必要はありません。これについては、こちらを参照してください。

初回起動時の自動設定

初回起動時の自動設定

利用可能なすべての設定オプション

利用可能なすべてのオプションのリスト

例: サイトのプロキシーサーバーをグローバルに設定

例: サイトのプロキシーサーバーをグローバルに設定

ファイアウォールの設定

ファイアウォールの背後である場合は、以下へのアクセスを許可した方がよいことがあります。

HTTP の場合 ホスト: api.access.redhat.com プロトコル: HTTP, HTTPS, ポート: 80, 443 HTTP メソッド: GET, POST, PUT, DELETE

FTP の場合 ホスト: dropbox.redhat.com プロトコル: FTP, SecureFTP (FTP over SSL) ポート 21

ヘルプ

Red Hat Support Tool は、各コマンドのヘルプを提供します。オプションを使わないで help コマンドを実行すると、使用できるすべてのコマンドと、その簡単な説明が表示されます。各コマンドの詳細なヘルプも提供されます。こちらに記載されているように help <command> を入力します。

利用可能なすべてのコマンドのヘルプ

すべてのコマンドのヘルプ

特定のコマンドのヘルプ

特定のコマンドのヘルプ

Red Hat Access: ナレッジ

Red Hat Support Tool を使用すると、man ページを閲覧するように、ターミナルで [Red Hat カスタマーポータルの と同じナレッジコンテンツを検索および表示できます。以下のスクリーンショットは、Red Hat Support Tool で Red Hat カスタマーポータルのナレッジ記事番号「66281」がどのように表示されるかを示しています。

ソリューションの表示

ナレッジの検索

ナレッジベースのキーワード検索は、search コマンドで実行できます。ログファイルのエラーコード、行、または関連するクエリーを生成するための一連のキーワードを入力できます。このツールは Red Hat ナレッジベースを検索し、関連性が最も高いものがリストの上位に表示されます。検索結果が 1 ページで表示できない場合は、以下に示すように複数ページで表示できます。

以下のスクリーンショットはキーワード検索で、ナレッジベースの記事の選択や、特定のセクションやドキュメント全体を表示するためのメニューが示されています。

キーワード検索

ナレッジの表示

Red Hat Support Tool は、ナレッジを表示するメカニズムを多数サポートしています。識別子が kb コマンドで指定されている場合はナレッジに直接アクセスできます。以下の例は、ナレッジを非対話的に表示する方法を示しています。この方法では、高度なユースケースに対して grepmore などのプログラムへの出力結果をパイプできます。

KB コマンド、非対話的

Red Hat Access: サポート

Red Hat Support Tool を使用すると、サポートケースの表示、更新、およびケースへのファイル添付を簡単に行えます。以下のスクリーンショットは、このツールを使用してサポートケースを管理する方法を示しています。

以下のスクリーンショットは、完了 したサポートケースを表示するオプションのフィルターを追加した listcases コマンドを使用する方法を示しています。listcases コマンドのヘルプ (例: listcases--help) を表示すると確認できるその他のフィルターオプション (ケースグループやキーワードによるフィルターなど) があります。

アカウントに関連するすべてのサポートケースを一覧表示

アカウントに関連するすべてのサポートケースを一覧表示

利用可能なサポートケースの一覧から、サポートケースのさまざまな属性を管理または表示するための選択肢があります。以下のスクリーンショットは、サポートケースの状態の更新、ファイルの添付、コメントの追加、ディスカッションの表示などが可能な後続のメニューを示しています。

サポートケースのメニュー操作

サポートケースのメニュー操作

Red Hat Support Tool を使用すると、サポートケースにファイルを簡単に添付できます。ケースメニュー (下記参照) または addattachment コマンドを使用してファイルを添付できます。

サポートケースへのファイルの添付

サポートケースへのファイルの添付

サポートケースの管理には、非対話的なやり方を含むさまざまな方法があります。以下の例は、サポートケースを非対話的に完了する方法を示しています。

サポートケースの完了

サポートケースの完了

サポートケースの作成および SoS レポートの添付

Red Hat Support Tool を使用したサポートケースの作成が、Red Hat サポートサービスの利用で推奨される方法です。ツールを使用してサポートケースを作成すると、ツールは sosreport を取得したり、問題に関連するファイルを添付したりするオプションを提供します。このツールにより、サポートケースに対する sosreport の取得やファイルの添付は自動化されるため、これらのファイルを添付するプロセスが簡単になります。

以下の例は、Red Hat Support Tool を使用してサポートケースを作成し、sosreportを自動的に添付する方法を示しています。以下の例では、製品とバージョンは opencase コマンドに引数として設定されています。これらの引数は簡潔にするために設定されたもので、必須ではありません。これらの引数が指定されていない場合は、製品と関連バージョンのリストが表示されます。

サポートケースの作成および sosreport の添付

以下のスクリーションショットは、Red Hat カスタマーポータルの サポートケースビュー で新たに作成したサポートケースに sosreport が適切に添付されている例を示しています。カスタマーポータルでのファイルの添付

Red Hat Access: 診断

Red Hat サポートツールには、問題の特定に役立つさまざまなコマンドが用意されています。これらのコマンドは btextractdiagnose、および analyze です。

カーネルのコアファイルからの簡易バックトレースの取得

カーネルのバックトレースは、カーネルクラッシュで問題を特定する非常に便利な情報を提供します。システムに、カーネルコアファイルの取得が適切に設定されている場合、Red Hat Support Tool を使用してバックトレースを簡単に取得して、オンサイト診断を実施したり、サポートケースを作成して Red Hat サポートエンジニアに解決を依頼したりできます。コアファイルのサイズは非常に大きくなる場合が多いため、Red Hat サポートへの依頼が必要な場合は、カーネルのコアファイルではなく、実際のバックトレースを添付してサポートケースを作成した方が簡単な場合が多くあります。

カーネルのコアファイルの解析を実行するには、特別なカーネルビルドに関連するデバッグ記号が必要になる場合があります。Red Hat Support Tool を使用すると、提供されたカーネルコアファイルを自動的に検査して、Red Hat カスタマーポータルから適切なデバッグ記号をダウンロードできます。次に、ツールは、一般的な crash コマンドと、カスタムコマンドを提供するオプション、出力結果を診断するオプション、バックトレースを添付したサポートケースを作成するオプションを表示します。以下のスクリーションショットは、カーネルのコアファイルの解析を実行する方法を示しています。

カーネルコアファイルの解析

カーネルのコアファイルのオンサイト解析を実行するには、以下に示されるメニューから Diagnose を選択してください。

バックトレースの診断

カーネルのデバッグ記号は、デフォルトでは /var/lib/redhat-support-tool/debugkernels に展開されます。このツールでは、/var にキャッシュされたデバッグ記号を管理するための 2 つの追加コマンド rmkerneldebug および listkerneldebugs が提供されます。これらのコマンドを以下に示します。

カーネルデバッグ記号の一覧表示および削除

ファイル、エラーコード、または文字列の診断

Red Hat Support Tool を使用すると、標準のキーボードベースの検索 (search コマンドなど) 以外にも Red Hat Access の診断サービスを利用できます。Red Hat Access の診断サービスは、従来のキーボードベースの検索方法よりも優れたサービスで、追加解析を行い、入力された内容と最も関連性の高いナレッジを提供します。

Red Hat Support Tool の diagnose コマンドを実行すると、Red Hat Access の診断サービスを利用できます。ここでは、ファイル入力や、コマンドラインテキストが利用できます。以下は、/var/log/messagesdiagnose コマンドを使用する例を示しています。

VarLogMessages の診断

Tomcat、JBoss、または Python ログファイルの解析

Red Hat Support Tool には、Java および Python プログラムの解析にフィルターを設定するための機能があります。analyze コマンドを実行すると、ログファイルのパスが入力として許可され、ファイルに含まれる問題の状況が検索されます。ツールにこれらの状況が表示されるので、その状況を個別に表示および診断することができます。これにより、ログファイル全体ではなく、Red Hat Access の診断サービスから、最も関連性の高い結果が生成されます。

以下のスクリーンショットは、JBoss サーバーのログファイルを処理する analyze コマンドの例となります。Red Hat Support Tool はログファイルを処理し、確認すべき問題の状況の一覧を表示します。

analyze コマンド