Translated message

A translation of this page exists in English.

クラウドで実行している Red Hat Enterprise Linux に関するエラータのアップデート情報はどこで確認できますか?

更新 -

問題

  • クラウドで実行している Red Hat Enterprise Linux に関するエラータのアップデート情報はどこで確認できますか?

システム構成

  • クラウドで実行している Red Hat Enterprise Linux

解決策

クラウドで実行している Red Hat Enterprise Linux には、yum コマンドを使用した完全なアップデートストリームへのアクセスを持っています。Red Hat Network (RHN) へのアクセスは必要ないため、提供されていません。アップデートが通知されるようにするには、以下のいずれかの方法が利用できます。

  • すべてのアップデートを自動的にダウンロードしてインストールするように yum を有効にする (man yum-updatesd.conf を参照)。yum-updatesd を設定すると、アップデートが適用された時にお客様が選択した方法 (メールなど) で通知されるようにできます。

  • "RHSA announce" mailing list をサブスクライブする。このリストは利用可能なセキュリティアップデートの通知を提供しますが、すべての Red Hat 製品の詳細が含まれます。通知メールは "Red Hat Enterprise Linux (v. 5 server)" でフィルタリングできます。

  • エラータの更新リストを確認する。

  • クラウドプロバイダーによって提供される特定の通知を使用する。

提供された Red Hat Enterprise Linux クラウドイメージは特定のパッケージセットで開始します。これは、インストールできる全体パッケージのサブセットになります。適用するセキュリティエラータは、お客様が作成した設定と変更したパッケージリストによって異なります。このエラータパッケージは、アドバイザリの公開時に指定されたクラウドイメージではすぐに利用できない可能性があります。メーリングリストに送られたアップデートが yum から利用できるようになるまでには数時間かかる場合があります。

特定の CVE セキュリティ問題については、この問題が "Red Hat Enterprise Linux (v. 5 server)" に影響するかどうかを Red Hat vulnerabilities by CVE name ページで確認できます。通知を受けるセキュリティ重要度を限定したい場合は、"enterprise watch list" メーリングリストインターフェイスのフィルターオプションを使用して、通知が必要なセキュリティレベルを選択します。

その時点までの全てのアップデートを含む新しいクラウドイメージが作成される場合もあります。この場合は、クラウドプロバイダーから通知されます。