Red Hat Enterprise Linux 5、6、および 7 で一般的な管理コマンド

更新 -

システムに関する基本的なコマンド

タスク RHEL5 RHEL6 RHEL7
サブスクリプション情報を表示 /etc/sysconfig/rhn/systemid /etc/sysconfig/rhn/systemid
subscription-manager identity
subscription-manager identity
サブスクリプションを設定 rhn_register
subscription-manager 1
rhn_register
rhnreg_ks
subscription-manager
subscription-manager2
rhn_register 3
RHEL バージョン情報を表示 /etc/redhat-release
システムプロファイルを表示 sosreport
dmidecode
hwbrowser
sosreport
dmidecode
lstopo
lscpu

基本設定

タスク RHEL5 RHEL6 RHEL7
グラフィカルな設定ツール system-config-* gnome-control-center
テキストベースの設定ツール system-config-*-tui
プリンターを設定 system-config-printer
ネットワークを設定 system-config-network nmcli
nmtui
nm-connection-editor
システム言語を設定 system-config-language localectl
日時を設定 system-config-date
date
timedatectl
date
日時を同期 ntpdate
/etc/ntp.conf
timedatectl
/etc/chrony.conf
ntpdate
キーボードを設定 system-config-keyboard localectl
SSH を設定 /etc/ssh/ssh_config
/etc/ssh/sshd_config
~/.ssh/config ssh-keygen

ジョブおよびサービス

タスク RHEL5 RHEL6 RHEL7
すべてのサービスを一覧表示 chkconfig --list
ls /etc/init.d/
systemctl -at service
ls /etc/systemd/system/*.service
ls /usr/lib/systemd/system/*.service
実行しているサービスを一覧表示 service --status-all systemctl -t service --state=active
サービスを開始または停止 service name start
service name stop
systemctl start name.service
systemctl stop name.service
サービスを有効化または無効化 chkconfig name on
chkconfig name off
systemctl enable name.service
systemctl disable name.service
サービスのステータスを表示 service name status systemctl status name.service
サービスが有効であることを確認 chkconfig name --list systemctl is-enabled name
サービスファイルを新規作成または設定を変更 chkconfig --add systemctl daemon-reload
/etc/systemd/system/*.service
ランレベルまたはターゲットを表示 runlevel
who -r
systemctl get-default
who -r
ランレベルまたはターゲットを変更 /etc/inittab
init run_level
systemctl isolate name.target
systemctl set-default
ロギングを設定 /etc/syslog.conf /etc/rsyslog.conf /etc/rsyslog.conf
/etc/rsyslog.d/*.conf
/var/log/journal
systemd-journald.service
ログを表示 /var/log /var/log
journalctl
システム監査を設定 カーネルのコマンドラインに audit=1 を追加
auditctl
/etc/audit/auditd.conf
/etc/audit/audit.rules
authconfig
/etc/pam.d/system-auth
pam_tty_audit kernel module
監査結果を表示 aureport /var/log/faillog
タスクをスケジュールまたはバッチ処理 cron
at
batch
ファイルを名前で検索 locate
ファイルを特性で検索 find
アーカイブを作成 tar
cpio
zip

カーネル、ブート、およびハードウェア

タスク RHEL5 RHEL6 RHEL7
シングルユーザーまたはレスキューモード カーネルのコマンドラインに 1s、または init=/bin/bash を追加 カーネルのコマンドラインに rd.break または init=/bin/bash を追加
システムをシャットダウン shutdown
システムを電源オフ poweroff poweroff
systemctl poweroff
システムを停止 halt halt
systemctl halt
システムを再起動 reboot reboot
systemctl reboot
ランレベルまたはターゲットをデフォルト設定 /etc/inittab systemctl set-default
GRUB ブートローダーを設定 /boot/grub/grub.conf /etc/default/grub
grub2-mkconfig
grub-set-default
カーネルモジュールを設定 modprobe
設定したハードウェアを表示 hwbrowser (EPEL で) lshw
ハードウェアデバイスを設定 udev
カーネルパラメーターを表示 sysctl -a
cat /proc/cmdline
カーネルモジュールをロード modprobe
カーネルモジュールを削除 modprobe -r
カーネルバージョンを表示 rpm -q kernel
uname -r

ソフトウェア管理

タスク RHEL5 RHEL6 RHEL7
ソフトウェアをインストール yum install
yum groupinstall
yum install
yum group install
ソフトウェア情報を表示 yum info
yum groupinfo
yum info
yum group info
ソフトウェアをアップデート yum update
ソフトウェアをアップグレード yum upgrade
ソフトウェアリポジトリを設定 subscription-manager repos
/etc/yum.repos.d/*.repo
パッケージが所有するファイルを検索 rpm -qf filename
yum provides filename-glob
ソフトウェアバージョンを表示 rpm -q packagename
インストールしたソフトウェアを表示 rpm -qa
yum list installed

ユーザー管理

タスク RHEL5 RHEL6 RHEL7
グラフィカルなユーザー管理 system-config-users
ユーザーアカウントを作成 useradd
ユーザーアカウントを削除 userdel
ユーザーアカウントの詳細を表示または変更 usermod
/etc/passwd
vipw
id
ユーザーグループを作成 groupadd
ユーザーグループを削除 groupdel
グループの詳細を変更 groupmod
/etc/group
ユーザーのパスワードを変更 passwd
ユーザーのアクセス権を変更 usermod
visudo
グループのアクセス権を変更 groupmod
visudo
パスワードポリシーを変更 chage
ユーザーセッションを表示 w

ファイルシステム、ボリューム、およびディスク

タスク RHEL5 RHEL6 RHEL7
デフォルトのファイルシステム ext3 ext4 xfs
ディスクパーティションを作成または修正 fdisk
parted
fdisk
gdisk
parted
ssm create
ディスクパーティションをフォーマット mkfs.filesystem_type (ext4, xfs)
mkswap
mkfs.filesystem_type (ext4, xfs)
mkswap
ssm create
ディスク領域をデフラグ 新しいファイルシステムにデータをコピー。
fsck (隣接しない inode を検索 )
新しいファイルシステムにデータをコピー。
fsck (隣接しない inode を検索)
xfs_fsr
ストレージをマウント mount
/etc/fstab
mount
/etc/fstab
ssm mount
スワップをマウントおよびアクティベート /etc/fstab
swapon -a
静的マウントを設定 /etc/fstab
空きディスク領域を表示 df
論理ボリューム情報を表示 lvdisplay
lvs
vgdisplay
vgs
pvdisplay
pvs
物理ボリュームを作成 pvcreate pvcreate

ssm create (バックエンドが lvm の場合)
ボリュームグループを作成 vgcreate vgcreate
ssm create (バックエンドが lvm の場合)
論理ボリュームを作成 lvcreate lvcreate
ssm create (バックエンドが lvm の場合)
デフォルトのファイルシステムでフォーマットしたボリュームを拡大 vgextend
lvextend
resize2fs
vgextend
lvextend
xfs_growfs
ssm resize
デフォルトのファイルシステムでフォーマットしたボリュームを縮小 resize2fs
lvreduce
vgreduce
現在 XFS は縮小できないため、より小さいファイルシステムに必要なデータをコピーしてください
ファイルシステムを確認または修正 fsck fsck
ssm check
NFS 共有を表示 showmount -e
mount
NFS 共有を設定 /etc/exports
service nfs reload
/etc/exports
systemctl reload nfs.service
オンデマンドな自動マウントを設定 /etc/auto.master.d/*.autofs
/etc/auto.*
ファイルのアクセス権を変更 chmod
chown
chgrp
umask (将来のファイル作成)
ファイル属性を変更 chattr
アクセス制御リストを変更 setfacl

ネットワーク

タスク RHEL5 RHEL6 RHEL7
名前解決を設定 /etc/hosts
/etc/resolv.conf
/etc/hosts
/etc/resolv.conf
nmcli con mod
ホスト名を設定 /etc/sysconfig/network hostnamectl
/etc/hostname
nmtui
ネットワークインターフェイス情報を表示 ip addr
ifconfig
brctl
ip addr
nmcli dev show
teamdctl
brctl
bridge
ネットワークインターフェイスを設定 /etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-* /etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-*
nmcli con [add|mod|edit]
nmtui
nm-connection-editor
ルートを表示 ip route
ルートを設定 ip route add
system-config-network
/etc/sysconfig/route-iface
ip route add
nmcli
nmtui
nm-connection-editor
/etc/sysconfig/route-iface
ファイアウォールを設定 iptables および ip6tables
/etc/sysconfig/ip*tables
iptables および ip6tables
/etc/sysconfig/ip*tables
system-config-firewall
firewall-cmd
firewall-config
ポートまたはソケットを表示 ss
lsof
netstat
ss
lsof

セキュリティおよび ID

タスク RHEL5 RHEL6 RHEL7
システムセキュリティを設定 /etc/selinux/config
chcon
restorecon
semanage
setsebool
system-config-selinux
システムセキュリティを報告 sealert
LDAP、SSSD、Kerberos authconfig
authconfig-tui
authconfig-gtk
ネットワークユーザー getent

リソース管理

タスク RHEL5 RHEL6 RHEL7
システムコールを追跡 strace
ライブラリコールを追跡 ltrace
プロセスの優先度を変更 nice
renice
プロセスの実行場所を変更 taskset
プロセスを強制終了 kill
pkill
killall
システムの使用量を表示 top
ps
sar
iostat
netstat
vmstat
mpstat
numastat
top
ps
sar
iostat
netstat
ss
vmstat
mpstat
numastat
tuna
top
ps
sar
iostat
ss
vmstat
mpstat
numastat
tuna
ディスク使用量を表示 df df
iostat

  1. Red Hat Enterprise Linux 5 で subscription-manager を使用する場合は、潜在的な問題に注意してください (https://access.redhat.com/solutions/129003)。

  2. subscription-manager は Satellite 6、Satellite 5.6 with SAM 以降、および Red Hat の CDN で使用されます。

  3. RHN ツールは Red Hat Enterprise Linux 7 では廃止になりました。rhn_register は Satellite サーバー 5.6 以降でのみ使用されます。詳細については、What's the difference between management services provided by Red Hat Network (RHN) Classic and Red Hat Customer Portal Subscription Management/RHSM?Transition of Red Hat Network Classic Hosted to Red Hat Subscription Management、および Satellite 5.6 unable to register RHEL 7 client system due to rhn-setup package not included in Minimal installation を参照してください。

Attachments

Table of Contents

No