subscription-manager で一部のコンテンツ (FasTrack など) がダウンロードできないか、too many content sets for certificate エラーが発生する

Solution Verified - Updated -

Environment

  • 以下の Red Hat Enterprise Linux の Red Hat Subscription Manager (RHSM)
    • RHEL 5.7
    • RHEL 5.8
    • RHEL 5.9
    • RHEL 6.1
    • RHEL 6.2
    • RHEL 6.3
    • RHEL 6.4
  • Red Hat Customer Portal / Subscription Asset Management (SAM) Organization、SAM バージョン 1.2 以前

Issue

  • サブスクリプションマネージャーを使用すると、一部のパッケージ (FasTrack など) をダウンロードできません。
  • cert エラー Too many content sets for certificate. A newer client may be available to address this problem. が発生し、登録またはサブスクライブすることができません。
  • 一部のサブスクリプション (Red Hat Enterprise Linux Academic Site Subscription (Server, Desktop, Workstation, POWER) など) を Subscription Asset Management Organization に追加できません。

Resolution

  • 不足している rpm (FasTrack など) を Red Hat Content Delivery Networkから手動でダウンロードします。

  • Red Hat Enterprise Linux 5 または Red Hat Enterprise Linux 6 の最新の subscription-manager パッケージにアップグレードして、証明書を再生成します。依存関係の要件を満たすために、同時に最新の python-rhsm パッケージをインストールする必要があります。

  • SAM 1.2 と以前のバージョン (1.1) は、より大きなコンテンツセットを要求するサブスクリプションをサポートしていません。 新しい証明書フォーマットをサポートする最新のバージョンにアップグレードする方法については、SAM product documentation を参照してください。

  • システムをオフラインで登録する場合は、カスタマーポータルでシステムに対してプロファイルを作成する際に、アップグレードされた RHEL バージョンを RHEL6.4 以降 (RHEL6 オフライン登録の場合) および RHEL5.9 以降 (RHEL5 オフライン登録の場合) と指定すると、より多くのコンテンツセットでサブスクリプションが登録されます。subscription-manager および python-rhsm パッケージの最新版がシステムにインストールされていることを確認してください。

Root Cause

  • 以前のバージョンの Subscription Manager を使用して rpm をダウンロードしている場合は、一部のコンテンツが利用できません。Red Hat Enterprise Linux 5 および Red Hat Enterprise Linux 6 の subscription-manager の最新バージョンでは、大概のコンテンツが利用できます。

  • 完全に切断されている環境でカスタマーポータルにシステムを手動で作成している場合、このメッセージは、サブスクリプションにアクセスするにはクライアントのアップデートが必要であることを示しています。

Diagnostic Steps

  • subscription-manager のアップデート時に以下のような依存関係に関するエラーメッセージが発生した場合は、こちらのページを参照して問題を解決してください。
Error: Package: subscription-manager-gnome-0.99.19.4-1.el6_3.x86_64 (rhel-x86_64-server-6)
           Requires: subscription-manager = 0.99.19.4-1.el6_3

This solution is part of Red Hat’s fast-track publication program, providing a huge library of solutions that Red Hat engineers have created while supporting our customers. To give you the knowledge you need the instant it becomes available, these articles may be presented in a raw and unedited form.