Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

3.4. VMware vSphere での OpenShift Data Foundation クラスターの作成

VMware vSphere は、以下の 3 つのタイプのローカルストレージをサポートします。

  • 仮想マシンディスク(VMDK)
  • raw デバイスマッピング(RDM)
  • VMDirectPath I/O

前提条件

手順

  1. OpenShift Web コンソールで、Operators → Installed Operators をクリックし、インストールされた Operator を表示します。

    選択された Projectopenshift-storage であることを確認します。

  2. OpenShift Data Foundation Operator をクリックした後、Create StorageSystem をクリックします。
  3. Backing storage ページで、以下を実行します。

    1. Create a new StorageClass using the local storage devices オプションを選択します。
    2. Advanced を展開し、Deployment type オプションで Full Deployment を選択します。
    3. 次へをクリックします。

      注記

      インストールされていない場合に、ローカルストレージ Operator をインストールすることを求めるプロンプトが出されます。Install をクリックし、「ローカルストレージ Operator のインストール」で説明されているように手順に従います。

  4. Create local volume set ページで、以下の情報を提供します。

    1. LocalVolumeSet および StorageClass の名前を入力します。

      デフォルトで、ローカルボリュームセット名がストレージクラス名について表示されます。名前を変更できます。

    2. 以下のいずれかを選択します。

      • Disks on all nodes: すべてのノードにある選択したフィルターに一致する利用可能なディスクを使用します。
      • Disks on selected nodes: 選択したノードにある選択したフィルターに一致する利用可能なディスクを使用します。

        重要
        • 柔軟なスケーリング機能は、3 つ以上のノードで作成したストレージクラスターが 3 つ以上のアベイラビリティーゾーンの最低要件未満に分散されている場合にのみ有効になります。

          柔軟なスケーリングについての詳細は、ストレージのスケーリングガイドの Add capacity using YAML セクションを参照してください。

        • 選択したノードが集約された 30 CPU および 72 GiB の RAM の OpenShift Data Foundation クラスターの要件と一致しない場合は、最小クラスターがデプロイされます。

          ノードの最小要件については、『プランニング』ガイドの「リソース要件」セクションを参照してください。

    3. Disk Type の利用可能な一覧から、SSD/NVMe を選択します。
    4. Advanced セクションを拡張し、以下のオプションを設定します。

      ボリュームモード

      デフォルトではブロックが選択されます。

      デバイスタイプ

      ドロップダウンリストから 1 つ以上のデバイスタイプを選択します。

      ディスクサイズ

      デバイスの最小サイズ 100GB と、含める必要のあるデバイスの最大サイズを設定します。

      ディスクの最大数の制限

      これは、ノードで作成できる PV の最大数を示します。このフィールドが空のままの場合、PV は一致するノードで利用可能なすべてのディスクに作成されます。

    5. Next をクリックします。

      LocalVolumeSet の作成を確認するポップアップが表示されます。

    6. Yes をクリックして続行します。
  5. Capacity and nodes ページで、以下を設定します。

    1. Available raw capacity には、ストレージクラスに関連付けられた割り当てられたすべてのディスクに基づいて容量の値が設定されます。これには少し時間がかかります。Selected nodes 一覧には、ストレージクラスに基づくノードが表示されます。
    2. Next をクリックします。
  6. オプション: セキュリティー および ネットワーク ページで、要件に応じて以下を設定します。

    1. 暗号化を有効にするには、Enable data encryption for block and file storage を選択します。
    2. 以下の Encryption level (暗号化レベル)のいずれかを選択します。

      • クラスター全体の暗号化 - クラスター全体(ブロックおよびファイル)を暗号化します。
      • StorageClass encryption: 暗号化対応のストレージクラスを使用して暗号化された永続ボリューム(ブロックのみ)を作成します。
    3. Connect to an external key management service チェックボックスを選択します。これはクラスター全体の暗号化の場合はオプションになります。

      1. Key Management Service Provider はデフォルトで Vault に設定されます。
      2. Vault Service Name、Vault サーバーのホスト Address('https://<hostname or ip>')、Port 番号および Token を入力します。
      3. Advanced Settings を展開して、Vault 設定に基づいて追加の設定および証明書の詳細を入力します。

        1. OpenShift Data Foundation 専用かつ特有のキー値のシークレットパスを Backend Path に入力します。
        2. オプション: TLS Server Name および Vault Enterprise Namespace を入力します。
        3. それぞれの PEM でエンコードされた証明書 ファイルをアップロードして、CA CertificateClient Certificate、および Client Private Key を指定します。
        4. 保存 をクリックします。
    4. 以下のいずれかを選択します。

      • 単一のネットワークを使用している場合は、Default (SDN) を選択します。
      • 複数のネットワークインターフェースを使用している場合は、Custom (Multus) を選択します。

        1. ドロップダウンメニューから Public Network Interface を選択します。
        2. ドロップダウンメニューから Cluster Network Interface を選択します。

          注記

          追加のネットワークインターフェイスを1つだけ使用している場合は、単一のNetworkAttachementDefinition(Public Network Interfaceにはocs-public-cluster)を選択し、Cluster Network Interfaceは空白のままにします。

    5. Next をクリックします。
  7. Review and create ページで、設定の詳細を確認します。

    • 設定を変更するには、Back をクリックして以前の設定ページに戻ります。
  8. Create StorageSystem をクリックします。

検証手順

  • インストールされたストレージクラスターの最終ステータスを確認するには、以下を実行します。

    1. OpenShift Web コンソールで、Installed OperatorsOpenShift Data FoundationStorage Systemocs-storagecluster-storagesystemResources の順に移動します。
    2. StorageClusterStatusReady になっており、それの横に緑色のチェックマークが表示されていることを確認します。
  • 柔軟なスケーリングがストレージクラスターで有効にされているかどうかを確認するには、以下の手順を実行します(arbiter モードの場合、柔軟なスケーリングが無効になります)。

    1. OpenShift Web コンソールで、Installed OperatorsOpenShift Data FoundationStorage Systemocs-storagecluster-storagesystemResources の順に移動します。
    2. YAML タブで、spec セクションのキー flexibleScalingstatus セクションの flexibleScaling を検索します。flexible scaling が true であり、failureDomain が host に設定されている場合、柔軟なスケーリング機能が有効になります。

      spec:
      flexibleScaling: true
      […]
      status:
      failureDomain: host

関連情報

  • 初期クラスターの容量を拡張するには、『Scaling Storage 』ガイドを参照してください。