Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

第3章 ローカルストレージデバイスを使用したデプロイ

ローカルストレージデバイスを使用して OpenShift Data Foundation を OpenShift Container Platform にデプロイすると、内部クラスターリソースを作成するオプションが提供されます。これにより、ベースサービスの内部プロビジョニングが可能になり、追加のストレージクラスをアプリケーションで使用可能にすることができます。

このセクションを使用して、OpenShift Container Platform がすでにインストールされている VMware インフラストラクチャーに OpenShift Data Foundation をインストールします。

また、OpenShift Data Foundation のデプロイの準備についての章にある要件に対応していることを確認してから、以下の手順に進んでください。

3.1. ローカルストレージ Operator のインストール

ローカルストレージデバイスに Red Hat OpenShift Data Foundation クラスターを作成する前に、Operator Hub からローカルストレージ Operator をインストールします。

手順

  1. OpenShift Web コンソールにログインします。
  2. Operators → OperatorHub をクリックします。
  3. Filter by keyword ボックスに local storage を入力し、Operator の一覧から Local Storage Operator を見つけ、これをクリックします。
  4. Install Operator ページで、以下のオプションを設定します。

    1. channel を ana または stable として更新します。
    2. インストールモードに A specific namespace on the cluster を選択します。
    3. Installed Namespace に Operator recommended namespace openshift-local-storage を選択します
    4. 承認を Automatic として更新します。
  5. Install をクリックします。

検証手順

  • Local Storage Operator に、インストールが正常に実行されたことを示す緑色のチェックマークが表示されていることを確認します。